アムステルダム Amsterdam 01


(第123回)アムステルダム中央駅、聖ニコラス聖堂、ダム広場、アムステルダム王宮、新教会、マダム・タッソー・アムステルダム、ムント塔、花市場、シンゲル運河、グラクテンゴルデル、アムステルダム市立劇場(アムステルダム、オランダ)
Amsterdam Centraal station, the Basilica of St. Nicholas, Dam Square, Koninklijk Paleis Amsterdam, the Nieuwe Kerk, Madame Tussauds Amsterdam, the Munttoren, the Bloemenmarkt, the Singel canal, the Grachtengordel and the Stadsschouwburg (Amsterdam, the Netherlands)

  1. Amsterdam Centraal station
  2. The Basilica of St. Nicholas
  3. Dam Square
  4. Koninklijk Paleis Amsterdam
  5. The Nieuwe Kerk
  6. Madame Tussauds Amsterdam
  7. The Munttoren
  8. The Bloemenmarkt
  9. The Singel canal
  10. The Grachtengordel
  11. The Stadsschouwburg

アムステルダムは、オランダの首都であり最大の都市です。アムステルダムは、人口85万人ぐらい、その都市圏の人口約240万人です。アムステルダムは、オランダ西部の北ホラント州に位置しています(北ホラント州の州都はアムステルダムではなくハールレム)。アムステルダムは、ヨーロッパの主要な金融センターの一つです。アムステルダム証券取引所は、世界最古の証券取引所です。
Amsterdam is the capital and largest city of the Netherlands. The city has a population of about 0.85 million and a metropolitan population of around 2.4 million. The city is located in the province of North Holland in the west of the country (and yet its capital is not the city but is Haarlem). The city is one of the top financial centres in Europe. The Amsterdam Stock Exchange is the oldest stock exchange in the world.

アムステルダムの名前は、アムステル川のダム(堤防)に由来しています。1170年と1173年の洪水の後、アムステル川の岸に沿って住んでいた漁師達が、アムステル川に橋を架け堤防を建てました。アムステルダムは、1300年または1306年に都市の認可を与えられました。アムステルダムは、14世紀以降、主にハンザ同盟との交易から繁栄しました。
The name of Amsterdam derives from a dam across the River Amstel. Fishermen living along the banks of the river built a bridge and a dam across the river after the floods of 1170 and 1173. Amsterdam was granted city rights in either 1300 or 1306. The city flourished largely from trade with the Hanseatic League since the 14th century.

ネーデルラントは、高い税金とプロテスタントの迫害のため、1568年にオラニエ公ウィレム1世の指揮の下でスペイン王フェリペ2世に対して反乱を起こしました。反乱は、八十年戦争の始まりであり、1581年のネーデルラント連邦共和国の独立の宣言につながりました。ネーデルラント連邦共和国は、信仰について比較的寛容であることで知られるようになりました。多くの人々が、ネーデルラント連邦共和国とアムステルダムに逃れて来ました。
The Netherlands revolted against Philip II of Spain under the leadership of William I (Prince of Orange) in 1568 because of high taxes, persecution of Protestants. The rebellion was the start of the Eighty Years’ War and led to the declaration of independence of the Republic of the Seven United Netherlands in 1581. The republic became known for its relative religious tolerance. Many people fled to the republic and Amsterdam.

アムステルダムは、17世紀に西洋世界で最も裕福な都市になりました。アムステルダムは、オランダ黄金時代の中心でした。アムステルダムは、世界の海運においてヨーロッパで最も重要な地点でした。アムステルダムの商人たちは、オランダ東インド会社とオランダ西インド会社の両社の最も多くの株式を持ちました。アムステルダムは、西洋世界の金融の中心でした。オランダ東インド会社のアムステルダムの事務所は、1602年に世界で最初の証券取引所になりました。アムステルダム銀行は、1609年に取引を開始しました。
Amsterdam became the wealthiest city in the western world in the 17th century. The city was the centre of the Dutch Golden Age. The city was the most important point in Europe for the world maritime transport. Merchants of the city had the largest share in both the Dutch East India Company and the Dutch West India Company. These companies acquired overseas possessions that later became Dutch colonies. The city was the financial centre of the western world. The office of the Dutch East India Company in the city became the first stock exchange in the world in 1602. The Bank of Amsterdam started operations in 1609.

アムステルダムは、18世紀から19世紀はじめの間に衰退しました。アムステルダムの重要性は、ナポレオン戦争の最中に最低になりました。しかし、1815年のネーデルラント連合王国の設立が、転換点になりました。
Amsterdam declined during the 18th and early 19th centuries. The significance of the city reached its lowest point during the Napoleonic Wars. However, the establishment of the United Kingdom of the Netherlands in 1815 marked a turning point.

産業革命が、19世紀の終わりにアムステルダムに来ました。アムステルダム・ライン運河がアムステルダムとライン川を直接結び、北海運河が港と北海を結びました。両プロジェクトは、ヨーロッパの内陸と世界のつながりを劇的に改善し、経済的な大きな押上げとなりました。
The Industrial Revolution reached Amsterdam at the end of the 19th century. The Amsterdam-Rijn kanaal (the Amsterdam-Rhine Canal) was dug to give the city a direct connection to the Rhine and the Noordzee kanaal (the North Sea Canal) to give the port a connection with the North Sea. Both projects improved communication with the rest of Europe and the world dramatically. They gave the economy a big boost.

ナチス・ドイツが、1940年にオランダに侵攻し、オランダを支配下に収めました。アムステルダム市民の中には、自分と家族を投獄あるいは強制収容所送りとなる高いリスクにさらすにもかかわらず、ユダヤ人を匿う者もいました。およそ60万人のアムステルダムに住むユダヤ人(オランダで10万人以上)が、強制収容所へ送られました。おそらく最も有名な移送された人物として、ユダヤ人少女アンネ・フランクがいます。
Nazi Germany invaded the Netherlands in 1940 and took control of the country. Some Amsterdam citizens sheltered Jews notwithstanding exposing themselves and their families to a high risk of being imprisoned or sent to concentration camps. Around 60,000 Jews lived in the city were deported to concentration camps (more than 100,000 in the country). Perhaps the most famous deportee was the young Jewish girl Anne Frank.

Amsterdam Centraal stationアムステルダム中央駅は、アムステルダム最大の鉄道駅です。アムステルダム中央駅の建物は、ゴシック・リヴァイヴァル様式とルネサンス・リヴァイヴァル様式で建てられています。アムステルダム中央駅は、1889年に開業しました。
Amsterdam Centraal station is the largest railway station of Amsterdam. The building is built in the Gothic Revival style and the Renaissance Revival style. The station opened in 1889.

Amsterdamアムステルダムは、「北のヴェネツィア」と呼ばれています。アムステルダムには、100キロメートル以上の運河と約90の島々、そして1500の橋があります。
Amsterdam is called the Venice of the North. The city has more than 100 kilometres of grachten (canals), about 90 islands and 1,500 bridges.

The Basilica of St. Nicholas聖ニコラス聖堂は、アムステルダム中央駅の近くにあるカトリックの聖堂です。聖ニコラス聖堂は、1884~1887年にルネサンス・リヴァイヴァル様式とバロック・リヴァイヴァル様式で建てられました。
The Basilica of St. Nicholas is a Catholic basilica located near Amsterdam Centraal station. The basilica was built in the Renaissance Revival style and the Baroque Revival style from 1884 to 1887.

Dam Squareダム広場は、アムステルダムの歴史的な広場です。ダム広場の名前は、アムステル川のダム(堤防)に由来しています。ダムは、1270年頃に建てられました。ダムは、町の広場に十分な広さになっていきました。ダム広場は、アムステル川のかつての河口が19世紀に部分的に埋め立てられて以来、周囲全て陸地に囲まれています。ダム広場は、アムステルダム中央駅からムント広場とムント塔までアムステル川の元々の流れに沿って走る通りにつながっています。ダム広場は、おおよそ、西から東に200メートル、北から南に100メートルの長方形をしています。国家記念碑が、ダム広場の東部に立っています。この白い石碑は、第2次世界大戦の戦没者のために1956年に建てられました。
Dam Square is a historical square in Amsterdam. The name of the square derived from a dam on the Amstel River. The dam was built in approximately 1270. The dam gradually became wide enough for a town square. The square has been surrounded by land on all sides since the former mouth of the river was partially filled in the 19th century. The square links the streets which run along the original course of the river from Amsterdam Centraal station to Muntplein (Mint Square) and the Munttoren (Mint Tower). The square is roughly rectangular in shape (stretching about 200 metres from west to east and about 100 metres from north to south). The National Monument stands in the eastern part of the square. This white stone pillar was built in 1956 to memorialise the victims of World War II.

Koninklijk Paleis AmsterdamKoninklijk Paleis Amsterdamアムステルダム王宮が、ダム広場の西面に立っています。アムステルダム王宮は、オランダ黄金時代の最中、1648~1665年に古典主義様式で市庁舎として建てられました。市庁舎は、1655年に開館しました。その後、建物は、王宮になりました。
Koninklijk Paleis Amsterdam (the Royal Palace in Amsterdam) or Paleis op de Dam stands on the west side of Dam Square. The palace was built in the Classicism style as a city hall from 1648 to 1665 during the Dutch Golden Age. The town hall was opened in 1655. Afterwards the building became the royal palace.

Koninklijk Paleis AmsterdamKoninklijk Paleis Amsterdamアムステルダム王宮の中に入りました。アムステルダム王宮の地上階は、法廷でした。この建物が市庁舎だった時、死刑がここで宣告されました。これは非常に重要な儀式であったので、法廷は大理石の作品で精巧に装飾されました。
You have got into Koninklijk Paleis Amsterdam (the Royal Palace in Amsterdam). The ground floor of the palace was a tribunal space. The death sentence was pronounced here when the building was still a town hall. The tribunal was decorated elaborately with the marble works because this was a very important ceremony.

Koninklijk Paleis Amsterdam市民の間は、長さ34メートル、高さ25メートルです。アムステルダムの乙女が、入口の上に表されています。アムステルダムの乙女は、足下の世界を見下ろしています。アムステルダムの乙女は、左に獅子の皮をまとった「力」と右にミネルウァの兜を着けた「知恵」を伴っています。
The Citizens’ Hall is 34 metres long and 25 metres high. The Amsterdam Maiden is depicted above the entrance. She looks down on the world at her feet. She is accompanied by the Power (the woman on her left with skin of a lion) and the Wisdom (the woman on her right with the helmet of Minerva).

Koninklijk Paleis Amsterdam「正義」が、市民の間の反対側に表されています。「正義」は、ロバの耳のミダース王によって表された「貪欲」とヘビのメドゥーサによって表された「嫉妬」を踏みつけています。さらに、アトラースが、それらの彫刻の上に立っています。アトラースは、両肩に天空をかついでいます。
The Justice is depicted on the opposite side of the Citizens’ Hall. He tramples the Greed (represented by King Midas with donkey ears) and the Envy (represented as Medusa with snakes). Furthermore, Atlas also stands above these sculptures. He holds up the sky on his shoulders.

Koninklijk Paleis Amsterdam市民の間の大理石の床には、西半球と東半球の地図があります。これらの地図は、18世紀にそれまであったペアを置き換え、アムステルダムの植民地の勢力を詳しく表しています。元の地図は、17世紀前半のオランダ東インド会社の船によって探検された領域を示していました。
There are maps of the western and eastern hemispheres on the marble floor in the Citizens’ Hall. The maps replaced an early pair in the middle of the 18th century and detail the area of the colonial influence of Amsterdam. The originals showed the regions explored by the ships of the Dutch East India Company in the first half of the 17th century.

Koninklijk Paleis AmsterdamKoninklijk Paleis AmsterdamKoninklijk Paleis AmsterdamKoninklijk Paleis AmsterdamKoninklijk Paleis AmsterdamKoninklijk Paleis AmsterdamKoninklijk Paleis Amsterdamきらびやかなシャンデリア、彫刻、絵画に飾られた部屋や広間を、歩きました。
You have walked through rooms and halls decorated with gorgeous chandeliers, sculptures and paintings.

The Nieuwe Kerk新教会が、王宮の隣およびダム広場の北西の角に立っています。新教会は、1380~1408年に建てられ、旧教会に置き換わりました。新教会は、1409年に聖母マリアとスウェーデンの聖カタリナに献堂されました。新教会は、1645年にほぼ焼失しました。新教会は、1892~1914年に多くのゴシック・リヴァイヴァル様式の細部が加えられる大がかりな改築が行われ、1959~1980年に再び改築されました。
The Nieuwe Kerk (New Church) stands next to the Royal Palace and at the northwest corner of the Dam Square. The church was built from 1380 to 1408 and replaced the Oude Kerk (Old Church). The church was consecrated to St. Mary and St. Catharine of Sweden in 1409. The church was and burnt down almost entirely in 1645. The church underwent major renovation from 1892 to 1914 which added many Gothic Revival details and was again renovated from 1959 to 1980.

Madame Tussauds Amsterdamマダム・タッソー・アムステルダムが、ダム広場の南面に立っています。このろう人形博物館が入っている建物は、1914~1917年に建てられました。マダム・タッソー・アムステルダムは、1970年に創設され、最初のイギリスの外の支店です。マダム・タッソー・アムステルダムは、1971年に開館しました。
Madame Tussauds Amsterdam stands on the south side of the Dam Square. The building that houses this wax museum was built from 1914 to 1917. The museum was founded in 1970 and is the first foreign branch of the British institution. The museum opened in 1971.

Amsterdamムント広場とムント塔へ運河沿いを歩いていきます。
You are walking along along a canal to Muntplein (Mint Square) and the Munttoren (Mint Tower).

The Munttorenムント塔が、ムント広場に立っています。ムント塔およびムント広場は、アムステル川とシンゲル運河の合流点に位置しています。ムント塔は、元々はアムステルダムの中世の市壁の市門の一部でした。1480年頃に建てられた市門は、2つの塔と衛兵詰所で構成されていました。1618年の火事の後、衛兵詰所と西側の塔の一部だけが残りました。塔は、1620年に再建されました。ムント塔の名前は、衛兵詰所が17世紀に貨幣鋳造のために使用されたことに由来しています。現在の建物は、1885~1887年にルネサンス・リヴァイヴァル様式で建てられました。
The Munttoren (Mint Tower) stands on Muntplein (Mint Square). The tower and the square are located where the Amstel River and the Singel canal meet. The tower was originally part of the city gate forming the medieval city walls of Amsterdam. The gate built in around 1480 consisted of 2 towers and a guard house. Only the guard house and part of the western tower remained after the fire of 1618. The tower was rebuilt in 1620. The name of the tower derives from the fact that the guard house was used to mint coins in the 17th century. The present building was built in the Renaissance Revival style from 1885 to 1887.

The Bloemenmarkt on the Singel canal花市場が、シンゲル運河に浮かんでいます。シンゲル運河は、1428年頃に掘削され、中世のアムステルダムの街の周りの濠となっていました。アムステルダムは、オランダ黄金時代の間の1585~1665年にシンゲル運河を越えて広がっていきました。グラクテンゴルデル(運河のガードル)としても知られているアムステルダムの3つの主要な運河(ヘーレン運河、プリンセン運河、ケイザー運河)は、1813年から掘削されました。これらの運河は、同心円状の帯を形成しています。
The Bloemenmarkt floats on the Singel canal. The canal was dug around 1428 and served as a moat around the medieval city of Amsterdam. The city expanded beyond the canal from 1585 to 1665 during the Dutch Golden Age. The 3 main canals (Herengracht, Prinsengracht and Keizersgracht) of the city which are also known as the Grachtengordel were dug from 1813. These canals form concentric belts.

The BloemenmarktThe BloemenmarktThe BloemenmarktAmsterdamAmsterdam花市場は、1862年に創設されました。花市場には、15の花屋と園芸店、土産物屋もあります。花市場は、アムステルダム中心部への花の主要な供給者の一つです。
The Bloemenmarkt was founded in 1862. The market includes 15 florists and garden shops as well as souvenir shops. The market is one of the main suppliers of flowers to central Amsterdam.

Amsterdamシンゲル運河を越えてグラクテンゴルデルの通りを歩いていきます。アムステルダム市立劇場が、遠くに立っています。市立劇場は、ルネサンス・リヴァイヴァル様式で1892~1894年に建てられました。
You are walking streets on the Grachtengordel beyond the Singel canal. The Stadsschouwburg (Municipal Theatre) of Amsterdam stands in the distance. The theatre was built in the Renaissance Revival style from 1892 to 1894.

以上でアムステルダムは終了です。次回は、アムステルダム・スキポール空港からバスに乗ってキューケンホフ公園に行きます。アムステルダム中央駅からスキポール空港まで鉄道で約15分、スキポール空港からキューケンホフ公園までバスで約30分かかります。それではまた!
I would like to conclude our tour in Amsterdam. You are going to get on a train to Amsterdam Airport Schiphol and to get on a bus to Keukenhof garden next time. It takes about 15 minutes from Amsterdam Centraal station to the airport by train and it takes about 30 minutes from the airport to the garden. See you later.