バルセロナ Barcelona 01


(第146回)サグラダ・ファミリア、モヌメンタル闘牛場、バルセロナ凱旋門(バルセロナ、スペイン)
The Basílica i Temple Expiatori de la Sagrada Família, the Plaza Monumental de Barcelona and the Arc de Triomf (Barcelona, Spain)

  1. The Basílica i Temple Expiatori de la Sagrada Família
  2. The Plaza Monumental de Barcelona
  3. The Arc de Triomf

バルセロナは、スペインで2番目に人口が多い都市(人口160万人ぐらい)で、カタルーニャ州の州都です。バルセロナの都市圏は、欧州連合加盟国の中で6番目に人口が多いです(人口480万人くらい)。バルセロナは、地中海に面する都市で最も大きな都市です。
Barcelona is the 2nd most populous city (around 1.6 million people) in Spain and is the capital city of Catalonia. The metropolitan area is the 6th most populous in the European Union (about 4.8 million people). The city is the largest on the Mediterranean Sea.

バルセロナの地の最初の居住の起源は不明ですが、遺跡は紀元前5000年以上前にさかのぼります。バルセロナの創設は、2つの伝説によります。一つめの伝説は、バルセロナの創設を神話のヘーラクレースに帰するもの。二つめの伝説は、ハンニバルの父である歴史上のカルタゴの将軍ハミルカル・バルカに帰するもの。都市は紀元前3世紀に彼の家族の名前をとってバルチーノと名付けられたと言われています。その後、ローマ人が、紀元前15年頃に丘を中心とするカストルム(ローマ軍の宿営地)に都市を作り替えました。都市は、素晴らしい港のおかげで富み、帝国の重荷を受けることなく栄えました。
The origin of the earliest settlement at the site of Barcelona is unclear but the ruins date to earlier than 5000 BC. The founding of the city is the subject of 2 different legends. The first legend attributes the founding of the city to the mythological Hercules. The second legend attributes the foundation of the city directly to the historical Carthaginian general, Hamilcar Barca, father of Hannibal. It is said the city was named Barcino after his family in the 3rd century BC. Afterwards the Romans redrew the city as a castrum (Roman military camp) centred on a hill in about 15 BC. The city grew in wealth thanks to an excellent harbour and enjoyed immunity from imperial burdens.

バルセロナは、415年に西ゴート族に征服され、6世紀の一時期は西ゴート王国の首都でした。711年に、ウマイヤ朝がイベリア半島に到来しました。その後、バルセロナは、アル・アンダルスと呼ばれる中世のイスラム教徒の領土と文化的領域に組み込まれました。
Barcelona was conquered by the Visigoths in 415 and then was the capital of the Visigothic Kingdom for a period during the 6th century. In 711 the Umayyad Caliphate arrived in the Iberian Peninsula. Subsequently the city was incorporated into the medieval Muslim territory and cultural domain called al-Andalus.

バルセロナは、801年にシャルルマーニュの息子で後のフランク王国およびカロリング帝国ルートヴィヒ1世によって征服され、スペイン辺境領に組み込まれました。バルセロナ伯が、このカロリング帝国とアル・アンダルスの緩衝地帯を統治しました。バルセロナ伯は、985年には後ウマイヤ朝によって略奪されましたが、徐々に独立性を高め、全カタルーニャを含むまで支配地を広げました。バルセロナ伯とアラゴン王国は、ラモン・バランゲー4世とペトロニラ女王の婚姻により1137年に王朝連合しました。彼らの息子アルフォンソ2世は、1162年に即位し、その支配地は後にアラゴン連合王国として知られています。アラゴン連合王国は、多くの海外領土を征服し、遠くシチリア、ナポリ、さらにアテネまで、地中海を支配しました。
Barcelona was conquered in 801 by the son of Charlemagne, Louis (later Louis I of the Franks and the Carolingian Empire) and was incorporated into the Marca Hispanica. The Count of Barcelona ruled this buffer zone between the Carolingian Empire and al-Andalus. The counts became increasingly independent and expanded their territory to include all of Catalonia though was sacked by the Umayyad Caliphate of Cordova in 985. The county and the Kingdom of Aragon merged in dynastic union in 1137 by the marriage of Ramon Berenguer IV and Petronilla of Aragon. Their son Alfonso II of Aragon ascended to the throne in 1162 and his territories were later to be known as the Crown of Aragon. The dynastic union conquered many overseas possessions and ruled the Mediterranean Sea with outlying territories in Naples and Sicily and as far as Athens.

1469年のアラゴン王フェルナンド2世とカスティーリャ女王イザベル1世の婚姻は、2つの王統を統一しました。その後、マドリードが政治権力の中心となり、バルセロナはカタルーニャ分離主義の中心となりました。カタルーニャ反乱が、1640~1652年にフェリペ4世に対して起こりました。カタルーニャの貴族は、1701~1714年のスペイン継承戦争の間、スペイン・ブルボン朝のフェリペ5世に対してハプスブルク家の側につきました。スペイン継承戦争の結果は、カタルーニャの自治は廃止、バルセロナの政治的な影響力の減損につながりました。
The marriage of Ferdinand II of Aragon and Isabella I of Castile in 1469 united the 2 royal lines. Subsequently Madrid became the centre of political power and Barcelona became a centre of Catalan separatism. The Catalan Revolt occurred against Philip IV of Spain from 1640 to 1652. The Catalan nobility sided with the Habsburgs against the Bourbon Philip V of Spain during the War of the Spanish Succession from 1701 to 1714. The result of the war led to the abolition of Catalan autonomy and to the diminution of the political influence of the city.

産業化が19世紀に始まり、バルセロナは発展しました。都市計画家イルデフォンソ・セルダは、19世紀半ばに広大なアシャンプラ地区を設計しました。
The industrialisation started in the 19th century and Barcelona developed. Urban planner Ildefons Cerdà designed the large Eixample district in the middle of the 19th century.

バルセロナとカタルーニャは、1936~1939年のスペイン内戦の間、断固として共和国政府側にありました。多くの企業や公共サービスが、社会主義化されました。1939年のバルセロナの陥落は、フランス国境へ逃れる市民の集団出国を引き起こしました。フランシスコ・フランコに対するバルセロナの抵抗運動は、共和国政府の敗北後も長く続きました。カタルーニャの自治機関は廃止され、公共の生活におけるカタルーニャ語の使用も抑圧されました。1975年のフランコの死去は、スペイン中に民主化の時代をもたらしました。バルセロナの通りに100万人以上を集めた1977年の大規模なデモの後、カタルーニャの自治権の回復が認められました。
Barcelona and Catalonia were resolutely Republican during the Spanish Civil War from 1936 to 1939. Many enterprises and public services were collectivised. The fall of the city in 1939 caused a mass exodus of civilians who fled to the French border. The resistance of the city to Francisco Franco was to have lasting effects after the defeat of the Republican government. The autonomous institutions of Catalonia were abolished and the use of the Catalan language in public life was suppressed. The death of Franco in 1975 brought on a period of democratisation throughout Spain. The restoration of Catalan autonomy was granted following the massive demonstrations in 1977 assembled over a million people in the streets of the city.

バルセロナは、1992年に夏のオリンピックを開催しました。オリンピックは、バルセロナの発展を後押ししました。
Barcelona hosted the Summer Olympic Games in 1992. The games prompted the development of the city.

Sagrada Famíliaサグラダ・ファミリア(聖家族贖罪聖堂)は、カタルーニャの建築家アントニ・ガウディに設計された大きな未完成のカトリック教会の聖堂です。サグラダ・ファミリアは、2010年に聖別されました。
The Basílica i Temple Expiatori de la Sagrada Família (the Basilica and Expiatory Church of the Holy Family) is the large unfinished Roman Catholic church designed by Catalan architect Antoni Gaudí. The basilica was consecrated in 2010.

Sagrada Famíliaサグラダ・ファミリアの建設は、1882年に始まりました。アントニ・ガウディが、1883年に建築家長になり、ゴシックと曲線によって特徴付けられるアール・ヌーヴォーの形を組み合わせた彼の建築および工学の様式でプロジェクトを変形させました。ガウディが1926年に73歳で亡くなるまで、プロジェクトの4分の1以下が完成したのみでした。サグラダ・ファミリアの建設はスペイン内戦によって中断し、未完成のサグラダ・ファミリアの一部は内戦によって破壊されました。ガウディの模型や設計図は内戦中に失われ、現在の設計は炎に燃えた設計図の再建や現代の解釈に基づいています。サグラダ・ファミリアの建設は、スペイン内戦の後に再開され、計算機支援設計や計算機数値制御などの先端技術によってより速く進捗しました。建設は、2010年に中間点を過ぎ、ガウディの没後100周年となる2026年までに完成するとされています。
The construction of Sagrada Família started in 1882. Gaudí became a chief architect in 1883 and transformed the project with his architectural and engineering style combining Gothic and curvilinear Art Nouveau forms. Only less than a quarter of the project was complete at the time of his death at age 73 in 1926. The construction was interrupted by the Spanish Civil War and parts of the unfinished basilica were destroyed by the war. The models and plans of Gaudí were lost during the war and therefore the present design is based on reconstructed versions of the plans burnt in a fire as well as on modern adaptations. The construction resumed after the Spanish Civil War and progressed faster by advanced technologies such as computer aided design and computerised numerical control. The construction passed the midpoint in 2010 and is anticipated to be completed by 2026 when the centenary of the death of Gaudí.

Sagrada FamíliaSagrada FamíliaSagrada Famíliaサグラダ・ファミリアは、3つの堂々たるファサード、すなわち、東に生誕のファサード、西に受難のファサード、南に栄光のファサードを持つことになっています。生誕のファサードは、1894~1930年に建てられ、ガウディの影響を最も直接的に背負っています。受難のファサードは、ガウディが1917年に作った設計に従い、1954~1976年に建てられました。栄光のファサードは、2002年に建設が始まり、まだ完成していません。栄光のファサードは、最も大きく最も偉大なものになる予定です。
Sagrada Família will have 3 grand facades, namely, the Nativity Facade to the East, the Passion Facade to the West and the Glory Facade to the South. The Nativity Facade was built from 1894 to 1930 and bears the most direct Gaudí influence. The Passion Facade was built from 1954 to 1976 according to the design that Gaudi had created in 1917. The Glory Facade began in 2002 and has not been completed yet. The facade will be the largest and most monumental of the 3.

Sagrada FamíliaSagrada Famíliaガウディの元々の設計は、(高さの上がっていく順に)十二使徒、聖母マリア、四福音記者、イエス・キリストを表す合計18の尖塔を必要としています。18本のうち8本の尖塔が、2010年時点で建てられています。4使徒の4尖塔が生誕のファサードに立ち、4使徒の4尖塔が受難のファサードに立っています。
The original design of Gaudí calls for a total of 18 spires representing (in ascending order of height) the Twelve Apostles, the Virgin Mary, the Four Evangelists and Jesus Christ. The 8 out of 18 spires have been built as of 2010. 4 for 4 apostles stand at the Nativity Facade and 4 apostles at the Passion Facade.

Sagrada Família生誕のファサードは、最初に完成したファサードです。生誕のファサードは、北東に旭日に面しており、イエス・キリストの誕生に献堂されています。生誕のファサードは、ガウディの自然主義的な様式で装飾されています。彫刻は、華麗に配置され、自然からの情景や象徴で装飾されています。
The Nativity Facade was the first facade to be completed. The facade faces the rising sun to the northeast and is dedicated to the birth of Jesus Christ. The facade is decorated in the naturalistic style of Gaudí. The sculptures are ornately arranged and are decorated with scenes and images from nature.

Sagrada Família生命の樹が、生誕のファサードの中央上にそびえ立っています。生誕のファサードの4つの尖塔は、それぞれ、使徒マティア、聖バルナバ、タダイと呼ばれるユダ、熱心党のシモンに奉献されています。
The Tree of Life rises above the centre of the Nativity Facade. The 4 spires at the facade are respectively dedicated to Matthias the Apostle, St. Barnabas, Jude the Apostle and Simon the Zealot.

Sagrada Famíliaガウディは、教会全体の構造と装飾を具体的に表現するために生誕のファサードを選びました。彼は、教会を完成させられないこと、後に続く人々のために芸術的および建築的な例を残す必要があることを、よく知っていました。彼はまた、生誕のファサードが最も人を引き付け理解されやすいと信じていました。
Gaudí chose the Nativity Facade to embody the structure and decoration of the whole church. He was well aware that he would not finish the church and that he would need to set an artistic and architectural example for others to follow. He also believed that the facade would be the most attractive and accessible to the public.

Sagrada FamíliaSagrada Famíliaガウディは、元々、生誕のファサードは多色彩とすることを意図していました。彼は、各々の飾り迫縁は多数の色で塗装され、全ての像は塗装されることを望んでいました。この場合、人間の像は、植物や動物の像と同じく生き生きとした姿を見せるはずでした。像のいくつかは、スペイン内戦の最中、1936年に破壊され、その後、日本人彫刻家の外尾悦郎によって再建されました。
Gaudí originally intended for the Nativity Facade to be polychromed. He wanted each archivolt to be painted with a wide array of colours and every figure to be painted. In this way the figures of humans would appear as much alive as the figures of plants and animals. Some of the figures were destroyed in 1936 during the Spanish Civil War and subsequently were reconstructed by the Japanese artist Etsuro Sotoo.

Sagrada Família生誕のファサードは、それぞれ神学上の徳(希望、信仰、愛)を表す3つの柱廊式玄関に分割されています。「愛」の柱廊式玄関(中央)を通って、サグラダ・ファミリアに入ります。
The Nativity Facade is divided into the 3 porticos each of which represents a theological virtue (Hope, Faith and Charity). You are now getting into Sagrada Família through the portico of Charity (the central portico).

Sagrada FamíliaSagrada FamíliaSagrada FamíliaSagrada Famíliaサグラダ・ファミリアに入りました。内装の表面には、根本的に平面がありません。修飾は、総合的かつ豊かです。内装の柱は、独特なガウディ設計です。千変万化の表面は、様々な幾何形状の交差の結果です。
You have got into Sagrada Família. None of the interior surfaces are essentially flat. The ornamentation is comprehensive and rich. The columns are a unique Gaudí design. Their ever-changing surfaces are the result of the intersection of various geometric forms.

Sagrada Família栄光のファサードは、まだ完成していませんが、中央身廊に通じる第一のファサードとなります。栄光のファサードは、キリストの昇天を表します。秘跡と主の祈りに奉献された青銅の扉が、2008~2012年に設置されました。
The Glory Facade has not been completed yet but will be the principal facade leading to the central nave. The facade will represent the Ascension to God. The bronze doors dedicated to sacraments and the Lord’s Prayer were installed from 2008 to 2012.

Sagrada Famíliaサグラダ・ファミリアの平面図は、ラテン十字型です。
The plan of Sagrada Família is that of a Latin cross.

Sagrada Família中央の身廊のアーチ天井は45メートルに達します(横の身廊のアーチ天井は30メートル)。
The central nave vaults reach 45 metres (while the side nave vaults reach 30 metres).

Sagrada Família中央のアーチ天井は60メートルに達します。
The central vault reaches 60 metres.

Sagrada FamíliaSagrada Família後陣の上は、75メートルに達する双曲面のアーチ天井です。
The apse is capped by a hyperboloid vault reaching 75 metres.

Sagrada Família中央の祭壇には、キリスト磔刑像と大きな天蓋があります。
The central altar has a large baldachin with the figure of the crucifixion of Jesus.

Sagrada Família受難のファサードは、豊かに装飾された生誕のファサードと比べて簡素です。受難のファサードは、南西に日没に面しており、イエス・キリストの受難に献堂されています。受難のファサードは、骸骨の骨を模した荒い直線で彫られています。受難のファサードには、また、生誕のファサードと同じように、神学上の徳を表す3つの柱廊式玄関があります。受難のファサードの建設は1954年に始まり、尖塔は1976年に完成しました。その後、彫刻家たちが、1987年に様々な情景や細部の仕事を始めました。
The Passion Facade is austere in contrast to the richly decorated Nativity Facade. The facade faces the setting sun to the southwest and is dedicated to the Passion of Christ. The facade is carved with harsh straight lines to resemble the bones of a skeleton. The facade has also 3 porticos representing the theological virtues like the Nativity Facade. The construction of the facade began in 1954 and the spires were completed in 1976. Subsequently sculptors began work sculpting the various scenes and details in 1987.

Sagrada FamíliaSagrada Família受難のファサードの4つの尖塔は、それぞれ、聖ヤコブ(ゼベダイの子のヤコブ)、使徒トマス、使徒フィリポ、使徒バルトロマイに奉献されています。
The 4 spires at the Passion Facade are respectively dedicated to St. James the Greater, Thomas the Apostle, Philip the Apostle and Bartholomew the Apostle.

The Plaza Monumental de Barcelonaモヌメンタル闘牛場は、カタルーニャ自治州議会による闘牛を禁止する法が2012年に強制化されたため、闘牛が行われたカタルーニャにおける最後の場所です。モヌメンタル闘牛場は、1914年に落成し、19582人を収容しました。
The Plaza Monumental de Barcelona was the last place in Catalonia where bullfighting events were held as the law banning bullfighting events by the Parliament of Catalonia came into force in 2012. The arena was inaugurated in 1914 and had a capacity of 19,582.

The Arc de Triomfバルセロナ凱旋門は、1888年のバルセロナ万国博覧会の主たる門でした。バルセロナ凱旋門は、1888年に新ムデハル様式で紅い煉瓦造りで建てられました。バルセロナ凱旋門は、シウタデリャ公園が現在占有する万国博覧会跡地に続く遊歩道の北の端に立っています。
The Arc de Triomf was the main access gate for the 1888 Barcelona Universal Exposition. The triumphal arch was built in reddish brickwork in the Neo-Mudéjar style in 1888. The triumphal arch stands at the northern end of the promenade leading to the site of the exposition which the Ciutadella Park now occupies.

The monument to the former mayor of Barcelona who was the main promoter of the 1888 Barcelona Universal Exposition1888年のバルセロナ万国博覧会の主たる支持者であったバルセロナ市長の記念碑が、万国博覧会跡地の正面でありシウタデリャ公園に続く遊歩道の南の端に立っています。記念碑は、1901年に落成しました。
The monument to the former mayor of Barcelona who was the main promoter of the 1888 Barcelona Universal Exposition stands at the place in front of the site of the exposition and the southern end of the promenade leading to the Ciutadella Park. The monument was inaugurated in 1901.

次回も続いて、バルセロナを歩きます。それではまた!
You are going to walk around Barcelona continuously next time. See you later.