バルセロナ Barcelona 04


(第149回)カタルーニャ広場、ランブラス通り、サン・ジュセップ市場(ラ・ボケリーア)、サンタ・マリア・ダル・ピ聖堂、コロンブス記念碑、バル(バルセロナ、スペイン)
Plaça de Catalunya, La Rambla, the Mercat de Sant Josep de la Boqueria, Santa Maria del Pi, the Columbus Monument and a Spanish bar (Barcelona, Spain)

  1. Plaça de Catalunya
  2. La Rambla
  3. The Mercat de Sant Josep de la Boqueria
  4. Santa Maria del Pi
  5. The Columbus Monument

Plaça de CatalunyaPlaça de CatalunyaPlaça de CatalunyaPlaça de Catalunyaカタルーニャ広場は、バルセロナの中心にある大きな広場です。カタルーニャ広場は、旧市街と19世紀に建設されたアシャンプラと呼ばれる新市街が合流する場所と、一般的に考えられています。カタルーニャ広場が現在占めている場所は、中世には、正門の丁度前に位置する旧市街の外の遊歩道でした。周辺の町へ向かって道路が続くこの場所は、屋外市場の理想的な場所で、街の生活の重要点でした。1858年に、中世の市壁は撤去され、街の都市化が始まりました。その後、カタルーニャ広場は、1927年に落成しました。
Plaça de Catalunya (Catalonia Square) is a large square in the centre of Barcelona. It is generally considered that the square is located at the place where the old city and the new city called the Eixample built in the 19th century meet. The place currently occupied by the square was an esplanade on the outskirts of the old city located just in front of the main gate in the medieval times. The place from which roads led towards the surrounding towns was the ideal location for outdoor markets and an important point in the life of the city. In 1858 the medieval city walls were demolished and the urbanisation of the city started. Subsequently the square was inaugurated in 1927.

La Ramblaランブラス通りは、バルセロナの中心にある並木の歩道です。ランブラス通りは、1.2キロメートルの長さで、市の中心部のカタルーニャ広場と臨海地区のコロンブス記念碑を結んでいます。ランブラス通りに沿って、新聞と土産物を売るキオスク、花を売るキオスク、露天商、大道芸人、オープンカフェとバーがたくさんあります。
La Rambla is a pedestrian street lined with trees in the centre of Barcelona. The street stretches for 1.2 kilometres connecting Plaça de Catalunya in the centre of the city with the Columbus Monument on a waterfront. There are many kiosks selling newspapers and souvenirs, other kiosks selling flowers, street traders, performers and pavement cafes and bars along the street.

2017年8月17日、テロリスト行為によって、ランブラス通りの人々にトラックが突っ込みました。15名の死者、130人を超える負傷者が出ました。
On 17 August 2017 a truck was deliberately driven into a crowd of people on La Rambla by an act of terrorism. 15 people were killed and over 130 wounded.

The Mercat de Sant Josep de la Boqueriaサン・ジュセップ市場(ラ・ボケリーア)は、ランブラス通りから入口があり、バルセロナの冠たる観光ランドマークの一つです。
The Mercat de Sant Josep de la Boqueria (often simply referred to as La Boqueria) is one of the foremost tourist landmarks in Barcelona with an entrance from La Rambla.

The Mercat de Sant Josep de la BoqueriaThe Mercat de Sant Josep de la Boqueriaバルセロナのボケリーアの市場についての最初の記述は、1217年にさかのぼります。1470年以降、豚市場がこの場所で開かれ、1794年まで、メルカット・ダ・ラ・パリャとして知られました。市場は、周囲を囲われず、公的な地位もなく、単にプラサ・ノバ市場の延長と見なされていました。ランブラス通りの独立した市場の建設が、1835年に決定されました。市場は、1840年に建設されオープンしました。建物の計画は何度も変更され、最終的な落成は1853年に行われました。現在も存在する金属製の屋根は、1914年に建設されました。
The first mention of the Boqueria market in Barcelona dates from 1217. A pig market was held at this site from 1470 onwards and was known as Mercat de la Palla until 1794. The market was not enclosed and had no official status in the beginning. The market was regarded simply as an extension of the Plaza Nueva market. The construction of a separate market on La Rambla was decided in 1835. The market was built and opened in 1840. The plans for the building were modified many times and the inauguration of the structure finally took place in 1853. The metal roof that still exists today was constructed in 1914.

The Mercat de Sant Josep de la Boqueriaサン・ジュセップ市場(ラ・ボケリーア)は、カタルーニャで最も大きな市場です。サン・ジュセップ市場は、2583平方メートルの広さで300以上の露店があります。サン・ジュセップ市場には、全ての種類の生鮮食品があります。
The Mercat de Sant Josep de la Boqueria is the largest market in Catalonia. The market has an area of 2,583 square metres with more than 300 stalls. The market has all kinds of fresh products.

La RamblaLa Ramblaランブラス通りを歩いていきます。
You are walking along La Rambla.

Santa Maria del Piサンタ・マリア・ダル・ピ聖堂は、カトリック教会の聖堂です。サンタ・マリア・ダル・ピ聖堂は、カタルーニャのゴシック様式で1319年から建てられ、1453年に落成しました。主ファサードの大きなバラ窓は、1936年の火事によって破壊されましたが、1939~1943年に再建されました。
Santa Maria del Pi (St. Mary of the Pine) is a basilica of the Catholic Church. The basilica was built from 1319 in the Catalan Gothic style and was inaugurated in 1453. The large rose window on the main facade was destroyed in the fire of 1936 and rebuilt from 1939 to and 1943.

Santa Maria del PiSanta Maria del Piサンタ・マリア・ダル・ピ聖堂の見取図は、小礼拝堂に囲まれた一つの身廊で構成されています。
The floor plan of Santa Maria del Pi comprises a single nave surrounded by side chapels.

Santa Maria del PiSanta Maria del Pi現在の主祭壇は、石膏で作られており、1967年に設置されました。
The present high altar is made of alabaster and was installed in 1967.

Santa Maria del PiSanta Maria del PiSanta Maria del Piたくさんの素晴らしい小礼拝堂があります。
There are many fine side chapels.

The Columbus MonumentBarcelonaコロンブス記念碑は、ランブラス通りの下端、臨海地区に位置しています。コロンブス記念碑は、クリストファー・コロンブスのアメリカへの最初の航海を記念し1888年バルセロナ万国博覧会のために建てられました。コロンブス記念碑は、コロンブスが新世界への最初の航海の後にバルセロナでアラゴン王フェルナンド2世とカスティーリャ女王イサベル1世へ報告を行ったことを思い出させます。コロンブス記念碑は、60メートルの高さがあります。
The Columbus Monument is located at the lower end of La Rambla and on a waterfront. The monument was constructed for the 1888 Barcelona Universal Exposition in honour of the first voyage of Christopher Columbus to the Americas. The monument serves as a reminder that Columbus reported to Ferdinand II of Aragon and Isabella I of Castile in Barcelona after his first trip to the New World. The monument is 60 metres tall.

TapasPaellaスペインに来たからには、タパスとパエリアを楽しみましょう。タパスは、スペイン料理の様々なアペタイザーです。パエリアは、野菜と肉または貝類とともにフライパンの上で米に炊き込む香味のあるバレンシア地方の料理です。イベリコ豚のハム、イカ、その他魚介類などの美味しいタパスをいただきました。
You must enjoy tapas and paella when you come to Spain. Tapas are a wide variety of appetisers or snacks in Spanish cuisine. Paella is a savoury Valencian dish made of rice cooked on a frying pan with vegetables and meat or shellfish. I had delicious tapas such as slices of black Iberian pig ham, calamaris and other seafood.

さて、以上でバルセロナのツアーは終了です。それではまた!
Now I would like to conclude our tour in Barcelona. See you later.