ブライトン Brighton 01


(第92回)五十年祝典時計塔、ブライトン・ドーム、ロイヤル・パビリオン、オールド・ステイン公園、ブライトン桟橋、セブンシスターズ(ブライトン、イングランド、イギリス)
The Jubilee Clock Tower, the Brighton Dome, the Royal Pavilion, the Old Steine Gardens, Brighton Pier and the Seven Sisters (Brighton, England, the United Kingdom)

  1. The Jubilee Clock Tower
  2. The Brighton Dome
  3. The Royal Pavilion
  4. The Old Steine Gardens
  5. Brighton Pier
  6. The Seven Sisters

ブライトンは、イングランド南海岸にある海浜リゾートの街(人口29万人ぐらい)です。ブライトンは、イギリスにおける外国人観光客にとって最も人気のある海岸です。また、ブライトンは、イギリスで最も幸せな住む場所と呼ばれています。
Brighton is a seaside resort city on the south coast of England (around 0.29 million people). The city is the most popular seaside destination in the United Kingdom for overseas tourists. Moreover the city has been called the happiest place to live in the United Kingdom.

ブライトン周辺における人の居住の形跡は、青銅器時代にさかのぼります。ブライトンは、中世に大きくなりましたが、近世には1703年の大嵐や外国の攻撃などの苦難のため衰退しました。その後、ブライトンは、ロンドンへの道路交通が改善されフランスへの船の乗船場所になると、多くの人を呼ぶようになり始めました。ブライトンは、また、病の治癒と称する海水浴の健康リゾートとして人気になりました。ブライトンは、ジョージアン時代に流行の海浜リゾートとして発展しました。ジョージ4世(1811年までプリンス・オブ・ウェールズ(王太子)、1820年まで摂取王太子)は、1783年の初訪問に続いて、ブライトンの発展を促進しました。ジョージ4世は、ブライトンで余暇の時間の多くを過ごし、摂政時代の初めの間にロイヤル・パビリオンを建設しました。ブライトンは、1841年の鉄道の敷設続いて、観光の主要な中心として成長し続けました。
Archaeological evidence of settlement around Brighton dates back to the Bronze Age. The city grew in the medieval times but languished in the early modern period because of sufferings such as the Great Storm of 1703 and foreign attacks. And then the city began to attract more visitors following improved road transport to London and becoming a boarding point for boats travelling to France. The city also developed in popularity as a health resort for sea bathing as a purported cure for illnesses. The city developed as a fashionable seaside resort in the Georgian era. George IV (Prince of Wales until 1811 and Prince Regent until 1820) encouraged the development following his first visit in 1783. He spent much of his leisure time in the city and constructed the Royal Pavilion during the early part of his Regency. The city continued to grow as a major centre of tourism following the arrival of the railways in 1841.

ロンドンからブライトンまで、鉄道(ヴィクトリア駅またはロンドン橋駅~ブライトン鉄道駅)で約1時間ほどです。
It takes around 1 hour by rail from London to Brighton (from Victoria station or London Bridge station to Brighton railway station).

Brighton五十年祝典時計塔は、ヴィクトリア女王の50年祝典を記念して1888年に建てられました。多くの人でにぎわうストリートは、海に続いています。
The Jubilee Clock Tower was built in 1888 in commemoration of the Golden Jubilee of Queen Victoria. The bustling street from is leading to the sea.

The Brighton DomeThe Brighton Domeブライトン・ドームは、コンサートホール、穀物取引所、スタジオシアターから構成されています。3つの全ては、地下トンネルによってロイヤル・パビリオンにつながっています。この建物は、1803~1808年に後のジョージ4世であるプリンス・オブ・ウェールズのために建てられました。この建物は、ジョージ4世の厩舎と乗馬学校でした。中央のクーポラ(直径約24メートル、高さ約20メートル)は、後に建物の名前「ドーム」の由来になりました。この建物は、一度ムーア様式に改装されましたが、1934年にアールデコ様式に再び改装されました。
The Brighton Dome contains the Concert Hall, the Corn Exchange and the Studio Theatre. All 3 venues are linked to the rest of the Royal Pavilion by an underground tunnel. This building was built for the Prince of Wales (who later became George IV) from 1803 to 1808. The building was his stables and riding school. The central cupola (around 24 meters in diameter and around 20 meters in height) gave the building later its name The Dome. The building was refurbished in the Moorish style once and was refurbished yet again to the Art Deco style in 1934.

The Royal Pavilionロイヤル・パビリオンは、かつての王室の住まいです。ロイヤル・パビリオンは、1787年に後のジョージ4世であるプリンス・オブ・ウェールズのために建設されました。
The Royal Pavilion is a former royal residence. The pavilion was constructed in 1787 for the Prince of Wales (who later became George IV).

The Royal PavilionThe Royal PavilionThe Royal Pavilionロイヤル・パビリオンは、1815~1823年に増築され、19世紀にインドで流行したインド・イスラム様式に改装されました。また、内装は、中国風とインド風(ムガルとイスラム建築の要素)の影響を受けました。ロイヤル・パビリオンは、摂政王太子の頃のより古典主義の様式を主流とする趣の代わりである異国風の第一の実例です。
The Royal Pavilion was enlarged from 1815 to 1823 and was refurbished in the Indo-Saracenic style prevalent in India in the 19th century. Furthermore the interior design was heavily influenced by both Chinese and Indian fashion (with Mughal and Islamic architectural elements). The pavilion is a prime example of the exoticism that was an alternative to more classicising mainstream taste in the Regency style.

BrightonBrightonオールド・ステイン公園は、1846年にヴィクトリア女王の噴水が設置されたことに続いて、形作られました。
The Old Steine Gardens was formed following the installation of the Victoria Fountain in 1846.

Brighton海へ歩いていきます。
You are walking to the sea.

The Brighton Marine Palace and Pierブライトン海上宮殿桟橋(通称ブライトン桟橋またはパレス・ピア)は、ブライトンに建設された第3の桟橋で、現在も運営されている唯一の桟橋です。ブライトン桟橋は、1899年にオープンしました。ブライトン桟橋は、あっという間に人気になり、1911年までに劇場と娯楽の場所になりました。劇場は、1973年に嵐により損傷し、遊園地の乗り物の一式に置き換えられました。ブライトン桟橋は、アミューズメントパークになりました。ブライトン桟橋は、今も人々に大人気です(2016年のビジターは400万人以上)。
The Brighton Marine Palace and Pier (commonly known as Brighton Pier or the Palace Pier) was the third pier constructed in Brighton and is the only pier still operating in the city. The pier opened in 1899. The pier quickly became popular and had become a theatre and entertainment venue by 1911. The theatre was damaged by a storm in 1973 and was replaced with a series of fairground rides. The pier became an amusement park. The pier remains so popular with the public (with over 4 million visitors in 2016).

The Brighton Marine Palace and Pierブライトン桟橋を海の方の端へ歩いていきます。
You are walking toward the seaward end of Brighton Pier.

The Brighton Marine Palace and PierThe Brighton Marine Palace and PierThe Brighton Marine Palace and PierThe Brighton Marine Palace and PierThe Brighton Marine Palace and PierThe Brighton Marine Palace and Pier海岸は、長い小石(玉砂利)の浜で、約10キロメートルに渡っています。ブライトン桟橋の区域は、ブルーフラッグビーチの認証を得ています。ブライトン観覧車は、可搬式のもので、2011年10月~2016年5月まで営業しました(市は住民の反対を考慮して一時的な許可を出した)。ブライトン観覧車は、直径45メートル、海抜50メートルの高さでした。
The beach is a shingle beach and extends about 10 kilometres. Furthermore The Brighton Pier section of the beach has been awarded blue flag status. The Brighton Wheel was a transportable big wheel installation and was operated from October 2011 until May 2016 (The city council granted temporary permission by taking into account objections from residents).The wheel was 45 metres in diameter and had a maximum height of 50 metres above sea level.

The Brighton Marine Palace and Pierブライトン桟橋を後にし、近くのバス停からセブンシスターズへ向かうバスに乗ります。
You are leaving Brighton Pier and you are going to get on a bus to the Seven Sisters at a nearby bus stop.

The Seven Sisters Country Park Visitor CentreThe Seven Sisters Country Park Visitor Centreセブンシスターズ・カントリーパーク・ビジターセンターに着きました。セブン・シスターズは、一連の白亜系チョークからなる海食崖です。セブン・シスターズは、サウス・ダウンズ国立公園の一部です。
You have got to the Seven Sisters Country Park Visitor Centre. The Seven Sisters is a series of chalk cliffs eroded by the sea. The series of cliffs is part of the South Downs National Park.

The Seven Sisters Country Parkセブンシスターズ・カントリーパークを歩いて、海に向かいます。
You are walking around the Seven Sisters Country Park towards the sea.

The Seven SistersThe Seven Sisters30分ほど歩いて、海に出ました。
You have come to the sea following a 30 minute walk.

The Seven SistersThe Seven SistersThe Seven Sistersセブンシスターズは、数百年前に海の底で形成した白亜系チョークでできています。純白の顔が、とても美しいです。ちなみに、大ブリテン島の最も古く知られている名前は、「アルビオン」と言い、おそらくインド・ヨーロッパ祖語の「白」に由来しています。セブンシスターズに似たドーバーの白い崖が、この名前を与えたと言われています。
The Seven Sisters is made from chalk that formed underneath the sea millions of years ago. The pure white faces look so beautiful. Incidentally the oldest known name of the island of Great Britain is Albion and is probably derived from a Proto-Indo-European root meaning White. It is said that the similar white cliffs in Dover (the White Cliffs of Dover) may have given rise to the name.

The Seven Sisters崖の上に登っていきます。
You are climbing up the cliff.

The Seven SistersThe Seven Sisters息をのむような雄大なセブンシスターズと海の眺めを一望することができます。
You can overlook the breathtaking grand view of the Seven Sisters and the ocean.

The Seven Sisters Country ParkThe Seven Sisters Country ParkThe Seven Sisters Country ParkThe Seven Sisters Country Parkセブンシスターズ・カントリーパークを歩いて、ビジターセンターに戻ります。羊達が草を食んでいます。
You are walking around the Seven Sisters Country Park back towards the visitor centre. Sheep are grazing.

さて、以上でブライトンのツアは終了です。それではまた!
Now I would like to conclude our tour in Brighton. See you later.