カンタベリー Canterbury 03


(第13回)カンタベリー・テイルズ、カンタベリー・ヘリテージ博物館、聖アウグスティヌス修道院跡、都市城壁(カンタベリー、イングランド、イギリス)
The Canterbury Tales, the Canterbury Heritage Museum, St. Augustine’s Abbey and city walls (Canterbury, England, the United Kingdom)

  1. The Canterbury Tales
  2. The Canterbury Heritage Museum
  3. St. Augustine’s Abbey
  4. City Walls

The Canterbury Talesカンタベリー・テイルズは、ハイストリートに交差するセント・マーガレット・ストリートにあるアトラクションです。オーディオガイド(日本語を含む6ヶ国語)に従い、精巧な蝋人形、情景セット、光、音および匂いでシーンを再現した部屋を進んでいきながら、ジェフリー・チョーサーが14世紀に著した「カンタベリー物語」の世界を体験することができます。
The Canterbury Tales is an attraction on St. Margaret’s Street crossing High Street. You can experience the story of The Canterbury Tales wrote by Geoffrey Chaucer in the 14th century by going through a lot of rooms representing the scenes (made of elaborate wax models, sets, sights, sounds and smells) in accordance with instructions of audio guides (they have 6 languages including Japanese).

The Canterbury Talesカンタベリー物語は、1170年のトーマス・ベケットの殉教の後にメジャーになったカンタベリー大聖堂への巡礼をフレームワークとし、ロンドンからカンタベリー大聖堂へ向かう様々な身分や職業の巡礼者達の一団が、道中で物語を語っていくというものです。カンタベリーそのものは直接関係ありません。
The Canterbury Tales (by Chaucer) has a framework of a journey of pilgrims to Canterbury Cathedral which became major following the 1170 martyrdom of Thomas Becket. The story describes that a party of pilgrims of various social positions and jobs walked together from London to the cathedral and the pilgrims talked interesting tales respectively on their way. Actually the story has little connection with Canterbury itself.

The Canterbury Heritage MuseumThe Canterbury Heritage Museumカンタベリー・ヘリテージ博物館は、ハイストリートに交差するスタウア・ストリートにあります。建物は、中世の貧しい僧侶のホスピタルでした(年老いた貧しい僧侶のための聖マリアの名に元にある救貧院であり、後に学校や救貧院や病院として使われた)。カンタベリー・ヘリテージ博物館は、数百万年前から現在までの街の歴史を伝えています。
The Canterbury Heritage Museum is located on Stour Street crossing High Street. The building was the medieval Poor Priests Hospital (which was an almshouse in the name of the Virgin Mary for old and poor priests and then became a school, poorhouse, workhouse and clinic). The museum tells the story of the city from millions of years ago to the present.

Canterburyハイストリートの延長を南東に歩いています。建物の隙間にカンタベリー大聖堂が見えます。
You are walking towards the southeast along an extension street of High Street. You have glanced at Canterbury Cathedral through small space among buildings.

The Tower of St. Georgeさらにハイストリートの延長を南東に歩くと、聖ジョージ(聖ゲオルギオス)殉教者教会の遺物である聖ジョージ(聖ゲオルギオス)の塔が立っています。
You are keeping on walking towards the southeast along the extension street of High Street. The Tower of St. George (a surviving part of the remains of the medieval church of St. George the Martyr) stands on the street.

この後、都市の城壁の外側にある聖アウグスティヌス修道院跡に向かいます。城壁の様子は後ほどご紹介します。
You are going to go out of the city walls and to get to St. Augustine’s Abbey ruins. I would like to show you the city walls later.

St. Augustine's Abbey聖アウグスティヌス修道院は、聖アウグスティヌスによって598年に創設されたベネディクト修道院で、1538年にイギリス宗教改革によって解散しました。1844年までに廃墟になっていましたが、修道院の遺跡は歴史的価値のため現在まで保存されています。イングランドにおけるキリスト教の起源は、聖アウグスティヌスによる異教徒のケント王国への伝道にさかのぼります。
St. Augustine’s Abbey was a Benedictine monastery founded in 598 by St. Augustine and was dissolved in 1538 during the English Reformation. The abbey underwent dismantlement until 1848 and then the ruins have been preserved for their historical value. Christianity in England originated from preaching to the pagan Kingdom of Kent by him.

St. Augustine's AbbeySt. Augustine's AbbeySt. Augustine's AbbeySt. Augustine's AbbeySt. Augustine's AbbeySt. Augustine's Abbey聖アウグスティヌス修道院跡には、たくさんの興味深い遺構が残されています。
There are a lot of interesting remains in St. Augustine’s Abbey ruins.

St. Augustine's Abbey聖アウグスティヌス修道院跡の隣には、キングズ・スクールの寄宿舎があります(ここは私有地です)。<br/ > I found Boarding Houses of the King’s School (private land) next to St. Augustine’s Abbey ruins in the site. The abbey apparently has not died completely.

St. Augustine's AbbeySt. Augustine's Abbey遠くにカンタベリー大聖堂が見えます。
You can see Canterbury Cathedral far away.

St. Augustine's Abbey聖アウグスティヌス修道院跡を出て、修道院跡およびキングズ・スクールの寄宿舎の外周を歩いています。
You got out of St. Augustine’s Abbey ruins and you are walking round the periphery of the ruins and the boarding houses of the King’s School.

Abbot Fyndon's Great Gateフィンドン大修道院長の大門に近づいていきます。フィンドン大修道院長の大門は、現在はキングズ・スクール(私有地)の入口です。
You are approaching to Abbot Fyndon’s Great Gate. The gate is a private entrance into the King’s School.

Abbot Fyndon's Great GateAbbot Fyndon's Great Gate小さな広場の前にある大門は、1301~1309年にフィンドン大修道院長によって再建されました。広場は、17世紀よりレディー・ウートン緑地として知られており、ケント王国の王と王妃の彫像が立っています。
The Great Gate on a small square was rebuilt from 1301 to 1309 by Abbot Fyndon. The square has been known as Lady Wootton’s Green since the 17th century and has statues of a king and a queen of Kingdom of Kent.

Canterburyレディー・ウートン緑地からカンタベリーの街を振り返ると、中世の城壁とカンタベリー大聖堂のベル・ハリー・タワーが見えます。
You have looked back the city of Canterbury on Lady Wootton’s Green. You can see the city walls in the medieval period and the Bell Harry Tower of Canterbury Cathedral.

The city walls in CanterburyThe city walls in CanterburyThe city walls in Canterburyカンタベリーの街には、おもに南側に中世の城壁が残っています。アロータワーが、所々に立っています。
Some southern parts of the city walls in the medieval period in Canterbury remain. Arrow towers stand in places.

The city walls in CanterburyThe city walls in CanterburyCanterbury丘があったので登りました。アロータワーも見下ろせます。また、街の中心部の方面にはカンタベリー大聖堂が見えます。
You have got on a hill and you can look down an arrow tower. And also you can see Canterbury Cathedral around the centre of the city.

カンタベリーは今回で終了です。次回は引き続き、近郊のチラム村に行きます。カンタベリーのバスターミナル(街の南東部、城壁のすぐ内側)からバスに乗ります(鉄道でも行けます)。それではまた!
I would like to conclude our tour in Canterbury now. You are going to go to Chilham village near here next time. You are going to get on a bus at a bus terminal in the south eastern part of the city just inside of the city walls. And yet you can also get to Chilham by train. See you later.