コルドバ Cordova 02


(第71回)ローマ橋、キリスト教徒の王たちのアルカサル、ユダヤ人街、ローマ城壁、灯火のキリスト(コルドバ、スペイン)
The Roman Bridge, the Alcázar de los Reyes Cristianos, the Jewish quarter, the Roman Walls and the Christ of the Lanterns (Cordova, Spain)

  1. The Roman Bridge
  2. The Alcázar de los Reyes Cristianos
  3. The Jewish quarter
  4. The Roman Walls
  5. The Christ of the Lanterns

The Triumph of St. Raphaelメスキータとグアダルキビール川の間にある広場を通り過ぎます。広場には、18世紀に建てられた聖ラファエルの勝利に捧げられた記念碑があります。聖ラファエルは、大天使であり、コルドバの街を守護してきました。
You are passing by a square between the Mezquita and the Guadalquivir River. The square has a monument dedicated to the Triumph of St. Raphael built in the 18th century. St. Raphael is an archangel and has protected Cordova.

The Roman BridgeThe Roman BridgeThe Roman Bridgeグアダルキビール川に出ました。グアダルキビール川にかかるローマ橋は、紀元前1世紀に建てられ、何度か再建設されました。現在の構造物のほとんどは、8世紀のムーア人の再建設にさかのぼります。中世に、カラオーラの塔とローマ橋の門は、それぞれ南と北の端に建てられました。
You have come to the Guadalquivir River. The Roman Bridge across the river was built in the 1st century BC and was reconstructed at various times. Most of the present structure dates from the Moorish reconstruction in the 8th century. The Calahorra Tower and the Puerta del Puente (the Gate of the Bridge) were built respectively at the southern and northern ends in the medieval times.

The Puerta del PuenteThe Puerta del PuenteThe Puerta del Puenteローマ橋の門は、1572年頃に、ルネサンス様式で再建されましたが、実際には未完成でした。1928年に、記念門として再建されました。
The Puerta del Puente (the Gate of the Bridge) was reconstructed about 1572 in the Renaissance style and actually was unfinished. The gate was rebuilt in 1928 as a memorial gate.

The Alcázar de los Reyes CristianosThe Alcázar de los Reyes Cristianosグアダルキビール川沿いに西に歩いて、キリスト教徒の王たちのアルカサルに出ました。この場所は、元々、中世のはじめには、西ゴート族の要塞がありました。その後、ウマイヤ朝は、要塞を彼らの宮殿に再建しました。コルドバは、重要な政治および文化の中心として栄え、アルカサルは浴場、庭園、大きな図書館が併設され拡張されました。
You have walked along the Guadalquivir River towards the west and you have come to the Alcázar de los Reyes Cristianos (the Castle of the Christian Monarchs). The site was occupied by a Visigoth fortress in early medieval times. Subsequently the Umayyad rebuilt the structure as their palace. Cordova flourished as an important political and cultural centre and the palace was expanded to a very large compound with baths, gardens and a large library.

The Alcázar de los Reyes CristianosThe Alcázar de los Reyes Cristianosコルドバは、レコンキスタの間、1236年にカスティーリャ王フェルナンド3世によって陥落しました。カスティーリャ王アルフォンソ11世は、1386年に古い要塞の一部の上に今日に残る構造の建設を開始しました。他の部分は、戦利品として、司教、貴族、カラトラーバ騎士団に与えられました。カスティーリャ女王イザベル1世とアラゴン王フェルナンド2世は、スペインでの異端審問の場、またグラナダのナスル朝に対する拠点(ナスル朝への攻撃は1492年に完結しました)として、アルカサルを用いました。
Cordova was captured by Ferdinand III of Castile in 1236 during the Reconquista. Alfonso XI of Castile began building the present day structure on part of the site for the old fortress in 1328. Other parts had been given as spoils to the bishop, nobles and the Order of Calatrava. Isabella I of Castile and Ferdinand II of Aragon used the Alcázar for a tribunal of the Spanish Inquisition and also as a base for their campaign against the Nasrid dynasty in Granada (the campaign against the dynasty succeeded in 1492).

The Jewish quarterユダヤ人街を歩いていきます。
You are walking around the Jewish quarter.

A statue of Rabbi Moses ben Maimonユダヤ人街の狭い曲がりくねった路地の先、小さな広場に出ました。この小さな広場には、ラビ・モーシェ・ベン・マイモーンの像があります。彼は、1135年スペイン生まれの中世のユダヤ人の哲学者です。彼は、ユダヤとイスラムの両方の世界において、著名な哲学者であり博学者でした。
You have come to a small square following narrow winding alleys in the Jewish quarter. The small square has a statue of Rabbi Moses ben Maimon. He was a medieval Jewish philosopher who was born in Spain in 1135. He was a prominent philosopher and polymath in both the Jewish and Islamic worlds.

A map of the medieval Cordovaこれは、ユダヤ人街の路地の壁に貼られていた中世コルドバの地図です。
This is a map of the medieval Cordova put on a wall of an alley in the Jewish quarter.

The Roman WallsThe Almodovar Gateローマ城壁は、ローマ人がコルドバを征服した紀元前206年以降に建てられ、かつて街を囲んでいました。アルモドバル門は、コルドバで3つのみ生き残っている中世の門の一つで、アラブ起源の門です。
The Roman Walls were built after the Romans captured Cordova in 206 BC and once surrounded the city. The Almodovar Gate is one of the only 3 survived medieval gates in the city and is a gate of Arabic origin.

The the Christ of the LanternsThe the Christ of the Lanternsこれまで歩いてきた場所から少し遠いのですが、キリストの贖罪と慈悲(通称「灯火のキリスト」)がある広場に来ました。灯火のキリストは、いくつかのランタン付きの彫像で、1794年にカプチン会の依頼により作成されました。
You have got to a square which has the Christ of Atonement and Mercy (popularly known as the Christ of the Lanterns) though a little far from the area you walked around earlier. The crucifix is a sculpture with some lanterns created in 1794 under a commission by the Capuchin.

今回でコルドバは終了です。次回は同じくアンダルシア地方のセビリアに行きます。コルドバからセビリアまで鉄道で45分ほどかかります。それではまた!
I would like to conclude our tour in Cordova. You are going to go to Seville (also located in Andalusia) next time. It takes about 45 minutes by train. See you later.