くま、デカフェに出会う Kuma meets decaf


Decaffeinated coffeeここ1年くらい、カフェインをなるべくやめている。
I have taken caffeine as less as possible for around a year.

カフェインは、体を冷やすとも、そうではないとも言われている。実際にはよく分からないけど、くまはシロクマなのに冷え性だから、とくにカフェイン量の多いコーヒーを積極的に飲むことはやめている。そのかわりに、デカフェコーヒーを飲んでいるんだ。
Some people say caffeine may cool the body temperature and others do not say so. Actually I never know the truth. And yet I have not positively taken coffee which especially contains much caffeine because I have oversensitiveness to cold even though I am a white bear. I take decaffeinated coffee instead.

イギリスに住んでいたとき、デカフェコーヒーがすごく身近なものであることを知ったのである。日本でも、イギリスに行く前から、デカフェコーヒーも、他のコーヒー、たんぽぽコーヒーのことも知っていたけど、高いし味も少し違うから、遠慮していたのだった。ヨーロッパでは、デカフェコーヒーが普通のコーヒーと同じくらいの値段でスーパーに売られているよ。味もおいしい。
When I lived in the United Kingdom, I found decaffeinated coffee is really familiar. I actually knew about decaffeinated coffee and other coffee such as dandelion coffee before I moved to the United Kingdom. And yet I did not take such a kind of coffee because it is expensive and tastes a little different from ordinary coffee in Japan. Meanwhile in Europe decaffeinated coffee is sold at the similar price to ordinary coffee in grocery stores and tastes good.

日本に帰ってきてからは、麦コーヒーというものも試してみたけど、いやいや、これ麦茶だよね。1000歩譲るとすれば、コーヒーと言えるかもしれない。
After I came back to Japan, I tried something called barley coffee. No, no, no, no, no. This is almost barely tea. This could be coffee even if I gave 1,000 feet.

Decaffeinated coffee結局、今は、普通のデカフェコーヒーを飲んでいる。これは、エマ・ブリッジウォーターのコーヒージャー、イングランドのストーク・オン・トレントでたくさん買った陶器達の一つ。ストーク・オン・トレントは、イングランドの陶器産業の里で、ポッタリーズ(窯元)という通称がある。ストーク・オン・トレントの記事も、いつか書くよ。
After all, I take ordinary decaffeinated coffee now. This is a coffee storage jar from Emma Bridgewater and is one of many pieces of pottery I got in Stoke-on-Trent in England. Stoke-on-Trent is the home of the pottery industry in England and is commonly known as the Potteries. I will deliver a post about Stoke-on-Trent someday.