くま、熱海で金色夜叉を見る Kuma sees The Golden Demon in Atami


Atamiゴールデンウィークに、熱海に行き、お宮の松を見ました。お宮の松は、1897年の尾崎紅葉の小説「金色夜叉」の中で、間寛一とお宮の別れの場面の舞台として有名です。
I visited Atami and saw the Pine Tree of Omiya during Golden Week. The pine tree is famous for the setting for the scene of the separation of Kanichi and Omiya in the 1897 novel by Koyo Ozaki The Golden Demon (Konjiki Yaksha).

The Pine Tree of OmiyaThe Statue of Kanichi and Omiyaお宮の松の隣には、1986年に建てられた貫一お宮之像が立っています。お宮さんは、婚約者である貫一がいながら、大きなダイアモンドの指輪をもって求婚してきた銀行家の息子に嫁いでしまった。まー、しょーがないよね。ところで、この少女を足蹴にする男の像について論争があるらしい。この像は女性にとって侮辱的と考える人もいる。でも、この像は、間違いなく明治時代の傑作の一つである文学作品の物語を表しているだけです。貫一も、お宮も、ともに悲しいのです。
The Statue of Kanichi and Omiya (built in 1986) stands next to the Pine Tree of Omiya. Omiya has got married to a banker’s son who wooed her with a big diamond ring even though she had a fiance, Kanichi. It can’t be helped. Incidentally I have heard there is a controversy about this statue of a man kicking a girl. Some people think the statue is offensive to women. However the statue just represents the story of the literary work which is definitely one of masterpieces in the Meiji Era. Both Kanichi and Omiya are sorrowful.

(Amazon.co.jpアソシエイト)
金色夜叉