くまとおさかな、生命を考える Kuma and a fish think of life


Thinking of Lifeくまは数日前にお魚を買ったのですが、冷蔵庫に入れたまま長い間放置してしまい、お魚は傷んでしまった。
I got a fish a few days ago. And yet I left it in the fridge. And then it spoiled.

その結果、くま家のキッチンはお魚の匂いに包まれてしまった。こんなに匂いがとれないのかという残念な気持ちと、生命ってすごいなぁと思った。海のお魚が全部死んじゃったら、地球まるごと大変なことになる。
Consequently the kitchen of my house got full of a fish smell. I regretted that the smell remained for a while and I found lives are wonderful. The whole earth would be serious if all fish in the sea died.

生きているって、血が滞りなく流れて、悪いものは外に出ていく。それを緑が取り込んで、また循環していくんだ。くまが一人じゃ生きられないのと同様に、みんな誰かに支えられていくことを実感した。自分は一人だと、孤独だと感じたら、またお魚を腐らせてみようと思う。
It is essential for life that blood circulates without hitch and wastes go away. Green plants take wastes in. Everything circulates. I have realised that everyone is supported by someone as I really cannot live by myself. I will let a fish get rotten again when I feel I am alone or I feel lonely.


Tagged on: