エディンバラ Edinburgh 02


(第22回)エディンバラ城の内城(聖マーガレット礼拝堂、モンス・メグ、ハーフムーン砲台、王宮、クラウンスクエア、大広間)、ロイヤルマイルを含む旧市街(エディンバラ、スコットランド、イギリス)
The upper ward (citadel) of Edinburgh Castle (St. Margaret’s Chapel, Mons Meg, the Half Moon Battery, the Royal Palace, Crown Square and the Great Hall) and the Old Town including the Royal Mile (Edinburgh, Scotland, the United Kingdom)

  1. St. Margaret’s Chapel
  2. Mons Meg
  3. The Half Moon Battery
  4. The Royal Palace
  5. Crown Square
  6. The Great Hall
  7. The Old Town

The Foog's Gate17世紀に建てられたフーグ門をくぐって、キャッスルロックの最も高い場所にあるエディンバラ城の上階層(内城)に入ります。
You are going to make an entry into the upper ward (citadel) of Edinburgh Castle on the highest part of the Castle Rock through a gate called the Foog’s Gate and built in the 17th century.

The Scottish National War MemorialThe Scottish National War Memorialエディンバラ城の内城に入りました。国立戦争記念館が目の前に立っていますが、建物の正面はクラウンスクエアに面しています(後ほど行きます)。
You have got into the citadel of Edinburgh Castle. The Scottish National War Memorial stands in front of you but the front of the building faces Crown Square (You are going to visit there later).

St. Margaret's ChapelSt. Margaret's Chapel聖マーガレット礼拝堂は、エディンバラ城内だけではなくエディンバラで最も古い建物です。聖マーガレット礼拝堂は、デイヴィッド1世によって12世紀に建てられました。聖マーガレット礼拝堂は、1093年にエディンバラ城で亡くなったデイヴィッド1世の母であるマーガレット・オブ・スコットランドに献堂された王室の私用の礼拝堂でした。聖マーガレット礼拝堂は、現在でも結婚式などの宗教行事に使用されています。
St. Margaret’s Chapel is the oldest building not only in Edinburgh Castle but also in the castle and in Edinburgh. The chapel was built by King David I in the 12th century. The chapel was a private chapel for the royal family dedicated to St. Margaret of Scotland (the mother of King David I and died in the castle in 1093). The chapel is still used for religious ceremonies such as weddings.

Mons Megモンス・メグが、聖マーガレット礼拝堂の前のテラスに展示されています。モンス・メグは、1449年に造られた重さ5.9トンの巨大な包囲戦の大砲です。約50キログラムの重さの巨大なメグの砲弾も、側に展示されています。メグは、1558年7月3日にスコットランド女王メアリー1世(メアリー・ステュアート)とフランス王太子フランソワ(フランソワ2世)との結婚を祝い礼砲を撃ちました。残念なことに、1681年10月30日にオルバニー公(後のジェームズ2世(スコットランド王ジェームズ7世))のエディンバラ到着のための礼砲を撃った際に砲身内で暴発して以来、機能を失ったままとなっています。
Mons Meg is displayed on a terrace in front of St. Margaret’s Chapel. She is a big siege gun weighing 5.9 tons made in 1449. Some of her large gun stones weighing about 150kg each are displayed alongside her. She was fired in salute to celebrate the marriage of Mary I of Scotland (Queen of Scots also known as Mary Stuart) to the French dauphin (François II) on 3 July 1558. Unfortunately she has been defunct since her barrel burst while firing a salute to greet the Duke of Albany (the future James II (James VII of Scotland)) on his arrival in Edinburgh on 30 October 1681.

The Argyle BatteryThe Mills Mount Batteryアーガイル砲台などのエディンバラ城の下階層やエディンバラの新市街を見渡すことができます。これから、ロイヤルスクエアへ向かって歩きます。途中、ラング階段を通り過ぎ、フォアウォール砲台およびハーフムーン砲台を通ります。ラング階段は、下層のアーガイル砲台に続き、また、アーガイル・タワーの上階層にもつながっています。
You can overlook the lower ward of Edinburgh Castle (such as the Argyle Battery) and the New Town of Edinburgh. And then you are going to walk towards Crown Square. You are going to pass by the Lang Stair on your way and to go through the Forewall Battery and Half Moon Battery. The stair leads down to the Argyle Battery and also gives access to the upper storey of the Argyle Tower.

The Forewall Batteryフォアウォール砲台は、1689~1695年に建てられました。一方、ハーフムーン砲台は、エディンバラ城の東側に張り出した特徴的な砲台で、デイヴィッズ・タワーの跡に1573~1588年に建てられました。
The Forewall Battery was built from 1689 to 1695. Meanwhile the Half Moon Battery remains a prominent feature on the east side of Edinburgh Castle and was built around and over the ruins of David’s Tower from 1573 to 1588.

The Royal PalaceThe Royal Palaceハーフムーン砲台に続いて、王宮に入ります。王宮の正面はクラウンスクエアに面していますが、順路に従って王宮の建物に入り、クラウンルームを見学します。クラウンルームには、スコットランドの王位の象徴であるオナーズ・オブ・スコットランド(宝冠、御剣「ソード・オブ・ステイト」、御笏)と伝統的にスコットランド君主がこの上で戴冠したスクーンの石(宿命の石)が、展示されています(これらの複製のみ写真撮影可)。クラウンルームは、1615年に建てられました。
You are going to get into the Royal Palace following the Half Moon Battery. You must get into the building of the palace in accordance with a suggested route to tour the Crown Room though the front of the palace actually faces Crown Square. The Honours of Scotland (the Scottish regalia, namely, the Crown, the Sword of State and the Sceptre) and the Stone of Scone (the stone which the monarchs of Scotland were traditionally crowned upon and which is also known as the Stone of Destiny) are displayed in the room (Visitors are allowed to take photographs of these replicas only). The room was built in 1615.

The Stone of Sconeスコットランド君主は、伝統的にスクーンの石の上で戴冠しました。しかし、イングランド王エドワード1世は、1296年に戦利品としてスクーンの石をウェストミンスター寺院に持ち去ってしまいました。その後、石は木製の椅子に設置され、続くほとんどのイングランドの君主が、エドワード王の椅子として知られるその椅子の上に座って戴冠してきました。エドワード1世は、スコットランドの最高権力者としての地位を求めたのでした。その後、スクーンの石は、1996年についにスコットランドに返還されました(ただしウェストミンスター寺院で戴冠式が行われる際には再びスコットランドを離れます)。
The monarchs of Scotland were traditionally crowned upon the Stone of Scone. However Edward I of England took the stone to Westminster Abbey as one of spoils of war in 1296. And then the stone was fitted into a wooden chair known as King Edward’s Chair. Most subsequent English sovereigns have been crowned on the chair. Edward I sought to claim his status as the Lord Paramount of Scotland. Afterwards the stone was finally returned to Scotland in 1996 (And yet the stone will leave Scotland again when a coronation takes place in Westminster Abbey).

The Honours of Scotland1306年のロバート・ブルース(ロバート1世)の戴冠が、再現されています。
The coronation of Robert the Bruce (Robert I) in 1306 is recreated.

The Honours of Scotlandスコットランドの王位の象徴であるオナーズ・オブ・スコットランド(宝冠、御剣「ソード・オブ・ステイト」、御笏)です。
You can see the Honours of Scotland (the Scottish regalia, namely, the Crown, the Sword of State and the Sceptre).

The Royal Palace王宮からクラウンスクエアに出ました。クラウンスクエアは、15世紀のジェームズ3世の治世に設計されました。スクエアの東側は王宮(写真)、南側は大広間、西側はクイーン・アン棟、北側は国立戦争記念館です。
You have got out of the Royal Palace and come to Crown Square. The square was laid out in the 15th century during the reign of James III. The square is formed by the Royal Palace (the above photograph) to the east, the Great Hall to the south, the Queen Anne Building to the west, and the National War Memorial to the north.

The Great HallThe Great Hall大広間は、1511年にジェームズ4世によって建てられ、エディンバラ城の中枢に立っています。証拠はないもののスコットランド議会の会場として使われていたそうです。大広間は、現在も時折儀礼的行事に用いられています(イギリス放送協会のスコットランドの大晦日の生放送の会場としても使用されている)。
The Great Hall was completed in 1511 by James IV and stands at the heart of Edinburgh Castle. The hall was reportedly the chief place of state assembly in the castle even though there is no evidence that the Parliament of Scotland ever met here. The hall is still occasionally used for ceremonial occasions (and has been also used as a venue on Hogmanay for BBC Scotland’s Hogmanay Live programme).

The Scottish National War MemorialThe Scottish National War Memorial国立戦争記念館は、1927年に開館しました。外観は、ガーゴイルや彫刻によって装飾されています。一方、内部は個々の連隊の記念碑が収められています。国立戦争記念館は、2つの世界大戦や以降の紛争で亡くなった約20万人のスコットランド兵士やスコットランドの連隊に仕えた人々を称えています。
The Scottish National War Memorial was opened in 1927. The exterior is decorated with gargoyles and sculptures. Meanwhile the interior contains monuments to individual regiments. The memorial commemorates approximately 200 thousand Scottish soldiers and those serving with Scottish regiments who died in the two world wars and in more recent conflicts.

エディンバラ城の攻略が完了したので、城の外に出ます。ラング階段を降りて、アーガイル・タワーの中を見学して、ギフトショップにも寄りましょう。
You have completed conquering Edinburgh Castle so you are going to get out of the castle. You are going to go down the Lang Stair and see the interior of the Argyle Tower. And then you must drop in a gift shop.

The Royal Mileエディンバラ城を後にして、ロイヤルマイルを歩きます。ロイヤルマイルは、エディンバラ旧市街の一連のストリートの名前で、それらのストリートは、西から東に、キャッスルヒル、ローンマーケット、ハイストリート、キャノンゲート、アビーストランドです。
You are going to stroll along the Royal Mile following Edinburgh Castle. The Royal Mile is the name given to a succession of streets forming the main thoroughfare of the Old Town of Edinburgh. The streets are Castlehill, Lawnmarket, High Street, Canongate and Abbey Strand (from west to east).

The Scotch Whisky Experienceスコッチウィスキー・エクスペリエンスで、スコッチウィスキーの世界を体験しよう。
You must join tours in the Scotch Whisky Experience.

Edinburgh通りには、バグパイプを演奏する大道音楽師(ストリートミュージシャン)たちがいます。
You can see street musicians playing the bagpipes on the streets.

The Royal Mileキャッスルヒルはここまでで、この先のストリートはローンマーケットです。
You have finished Castlehill and are walking along Lawnmarket.

EdinburghEdinburghローンマーケットが、東はハイストリート、南は銀行通り、北はジョージ4世橋通りにつながる交差点に来ました。銀行通りのかつてのスコットランド銀行本店には、丘の上博物館があります。丘の上博物館は、通貨や経済の博物館です。
You got to a crossroads where Lawnmarket connects High Street to the east, Bank Street to the south and George IV Bridge to the south. The former Bank of Scotland headquarters on Bank Street houses the Museum on the Mound. The museum tells of money, coinage and economics.

Edinburgh一方、ジョージ4世橋通りには、左手にオーガスティン合同改革教会の尖塔や、奥にネオゴシックの教会の建物の大喧騒劇場があります。
Meanwhile you can see a spire of Augustine United Church on the left side and a former Neogothic church housing Bedlam Theatre at the end of George IV Bridge.

The Tron KirkThe Tron Kirk and a golden post box ロイヤルマイルを歩き続け、エディンバラ高教会(聖ジャイルズ大聖堂)を今回は通り過ぎ(次回行きます)、トロン教会に来ました。トロン教会は、ロイヤルマイルのよく知られた目印です。トロン教会は、17世紀に建てられ、教会としては1952年に閉鎖されました。トロン教会は、50年以上空き家でしたが、現在は小さな市場となっています。
You have kept walking along the Royal Mile. I would like to skip the High Kirk of Edinburgh (also known as St. Giles’ Cathedral) this time (I would like to take you the high church next time). Consequently you have got to the Tron Kirk. This former church is a well-known landmark on the street. The former church was built in the 17th century and closed as a church in 1952. The former church was empty for over 50 years and is now a small marketplace.

The golden post box in Hunter Squareトロン教会の裏には、金色の郵便ポストがあります。この金色ポストは、ロイヤルメール(イギリス郵便局)が、2012年のロンドンオリンピックおよびパラリンピックの金メダルを記念するために金色に塗った郵便ポストの一つで、クリス・ホイ選手を記念したものです。ロイヤルメールは誇らしげに「イギリスはオリンピックおよびパラリンピックの金メダルを祝うために郵便ポストを金色に塗った最初の国である。ロイヤルメールが郵便ポストの色を変えるのは現代で初めてのことである」と発表しました。1874年以来、わずかな例外を除いて、赤色が、イギリスの郵便ポストの標準的な色です。
You can find a golden post box at the back of the Tron Kirk. This golden post box is one of the post boxes which Royal Mail painted gold to celebrate gold medals at the London 2012 Olympic and Paralympic Games and was painted to celebrate Sir Chris Hoy. Royal Mail proudly announced that the United Kingdom was the first country to paint post boxes gold to celebrate Olympic and Paralympic gold medal wins and that was the first occasion in modern times when Royal Mail had changed the colour of its post boxes. Red has been the standard colour for post boxes in the United Kingdom from 1874 with few exceptions.

Edinburgh旧市街を散歩しています。ジョージ4世橋通りの端に来ました。右手にオーガスティン合同改革教会の尖塔、銀行通りの奥にある丘の上博物館が見えます。
You are strolling around the Old Town. You have got to the end of George IV Bridge. You can see the spire of Augustine United Church on the right side and the Museum on the Mound at the end of Bank Street.

Edinburghグラスマーケットに続くヴィクトリア・ストリートを歩いています。
You are walking Victoria Street to the Grassmarket.

The St Giles' Cathedralローンマーケットとハイストリートの交差点に戻ってきました。聖ジャイルズ大聖堂が見えます。
You have got back to the crossroads connecting Lawnmarket and High Street. You can see the St Giles’ Cathedral.

Haggisスコットランドに来たからには、有名な(悪名高き)スコットランドの伝統料理であるハギスを食べましょう。ごめんなさい。カジュアルなハギスしか食べませんでした。ハギスは、羊の内臓(心臓、肝臓、肺)のミンチ、たまねぎ、オート麦、香辛料や塩を、煮汁に混ぜ、伝統的には羊の胃袋(近年ではしばしば代わりの人工的な入れ物)に入れたプディング(詰め物料理)です。
You must try haggis which is famous (notorious) traditional Scottish cuisine when you visit Scotland. I am very sorry I had only casual haggis. Haggis is a savoury pudding containing pluck of sheep (heart, liver and lungs) minced with onion, oatmeal, spices and salt mixed with stock, traditionally encased in stomach of sheep (though now often in an artificial casing instead).

次回も続いて、エディンバラを歩きます。それではまた!
You are going to walk around Edinburgh continuously next time. See you later.