フィレンツェ Florence 04


(第62回)サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂、サンタ・マリア・デル・カルミネ教会、サント・スピリト聖堂、ピッティ宮殿(フィレンツェ、イタリア)
The Basilica of Santa Maria Novella, the Church of Santa Maria del Carmine, the Basilica di Santo Spirito and the Palazzo Pitti (Florence, Italy)

  1. The Basilica of Santa Maria Novella
  2. The Church of Santa Maria del Carmine
  3. The Basilica di Santo Spirito
  4. The Palazzo Pitti

The Basilica of Santa Maria Novellaサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂はフィレンツェの主鉄道駅(名前を同じサンタ・マリア・ノヴェッラ駅)の近くにあり、ファサードはサンタ・マリア・ノヴェッラ広場に面しています。サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂は、年代順には、フィレンツェの最初の大きな聖堂で、フィレンツェの第一のドミニコ会の教会です。サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂は、9世紀に建てられたサンタ・マリア・ヴィーニェ礼拝室があった場所に建てられたので、ノヴェッラ(新しい)と呼ばれました。ドミニコ会は、1246年頃に新しい教会(および隣接する回廊)の建設を始めました。教会の建設は、1360年頃にロマネスク・ゴシック様式の鐘楼と聖具室の完成をもって完了しました。サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂は、1420年に聖別されました。
The Basilica of Santa Maria Novella is located near the main railway station of Florence which shares its name and the facade faces Piazza Santa Maria Novella. The basilica is the first great basilica in Florence chronologically and is the principal Dominican church of Florence. The basilica was called Novella (New) because the basilica was built on the site of an oratory of Santa Maria delle Vigne built in the 9th century. The Dominican Order started to build a new church (and an adjoining cloister) around 1246. The construction was finished around 1360 with the completion of the Romanesque-Gothic bell tower and sacristy. The basilica was consecrated in 1420.

The Basilica of Santa Maria Novellaサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂のビジター用の入口は、ファサードの横にありますが、開いていなかったので、もう一つの入口へ聖堂を回ります。
The visitor entrance of the Basilica of Santa Maria Novella is placed on the side of the facade but the entrance was not opened when I visited there. You are walking round the basilica for another entrance.

The Basilica of Santa Maria NovellaThe Basilica of Santa Maria NovellaThe Basilica of Santa Maria NovellaThe Basilica of Santa Maria Novellaサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂の北側の入口に続く死者の回廊を歩いていきます。死者の回廊は、かつての共同墓地です。死者の回廊は、1270年頃に建てられ、1337~1350年に現在の大きさに建て直されました。
You are walking through the Cloister of the Dead following the northern entrance of the Basilica of Santa Maria Novella. The cloister is a former cemetery. The cloister was built around 1270 and remodelled to its present size from 1337 to 1350.

The Basilica of Santa Maria NovellaThe Basilica of Santa Maria Novella死者の回廊に続く緑の回廊に出ました。緑の回廊は、1350年以降に「緑の大地」という名前のフレスコ画とともに建てられました。緑の回廊の名前は、このフレスコ画に由来しています。
You have come to the Green Cloister following the Cloister of the Dead. The cloister was built after 1350 with frescoes called Green Earth. The name of the cloister is derived from the frescoes.

The Basilica of Santa Maria Novellaサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂の鐘楼は、1332~1333年に建てられました。このロマネスク様式の塔は、68メートル以上の高さです。
The bell tower of the Basilica of Santa Maria Novella was built from 1332 to 1333. This Romanesque tower is over 68 meters high.

The Basilica of Santa Maria Novellaサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂の中に入りました。広大な身廊は、100メートルの長さがあり、質素な印象を与えます。身廊の中央には、ジョットの「キリスト磔刑像」が吊るされています。空中のキリスト磔刑像は、とても荘厳です。このキリスト磔刑像は、1288~1289年に製作されたジョットの初期の作品です。
You have got into the Basilica of Santa Maria Novella. The large nave is 100 metres long and gives an impression of austerity. The Crucifix by Giotto hangs in the centre of the nave. The crucifix in the air is so majestic. The crucifix is an early work for Giotto produced from 1288 to 1289.

The Basilica of Santa Maria Novellaサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂の身廊の壁には、マサッチオによる「聖三位一体」があります。「聖三位一体」は、遠近法の熟達を示した最初の絵画の一つで、1425年頃に描かれました。聖母マリアは、他の多くの絵画のように若い女性ではなく、明らかに母として描かれています。聖堂全体は、最初はフレスコ画が描かれていましたが、1568年頃にコジモ1世がジョルジョ・ヴァザーリに広範囲に渡る改装を命じ、それらのほとんどは上書きされました。しかし、ヴァザーリは、この傑作を破壊したくなかったので、このフレスコ画を残すことにしました。彼は、このフレスコ画の前に新しい祭壇と仕切りを作製し、小さな隙間を残しました。その結果、このフレスコ画は、効果的に隠され保護されました。その後、1860年頃の改装の際に、このフレスコ画は再発見されました。実に興味深い物語です。
The Holy Trinity by Masaccio is placed on the wall of the nave of the Basilica of Santa Maria Novella. The fresco is one of the earliest paintings to demonstrate mastery of perspective and was painted around 1425. The Virgin Mary is not portrayed as a young girl as in so many other paintings but clearly a mother. The entire basilica was initially covered in frescoes but most of them were painted over as Cosimo I de’ Medici commissioned Giorgio Vasari to undertake extensive renovation work around 1568. However Vasari did not want to destroy this masterpiece and he decided to leave this fresco intact. He constructed a new altar and screen in front of the fresco and left a small gap. Consequently the fresco was effectively concealed and protected. Subsequently the fresco was rediscovered during renovations around 1860. It is a very interesting story indeed.

The Basilica of Santa Maria NovellaThe Basilica of Santa Maria Novellaトルナブオーニ礼拝堂は、サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂の主礼拝堂です。トルナブオーニ礼拝堂は、1485~1490年に描かれた広大なフレスコ画群で有名です。フレスコ画群は、聖母マリア伝、洗礼者ヨハネ(フィレンツェの守護聖人)伝を描いています。さらに、アーチ型天井には、4人の福音書記者(福音書記者ヨハネ、マタイ、ルカ、マルコ)が描かれています。一方、トルナブオーニ礼拝堂には、フレスコ画だけではなく、素晴らしい祭壇もあります。祭壇は、元々は小さいものでしたが、19世紀にゴシック・リヴァイヴァルの大きなものになりました。
The Tornabuoni Chapel is the main chapel of the Basilica of Santa Maria Novella. The chapel is famous for the extensive fresco cycle painted from 1485 to1490. The fresco cycle depicts the life of the Virgin Mary and the life of St. John the Baptist (the patron saint of Florence) on the walls. Moreover the Four Evangelists (St. John the Evangelist, St. Matthew, St. Luke and St. Mark) are depicted on the vault. Meanwhile the chapel has a fine altar as well as the frescoes. The altar originally used to be smaller but was enlarged in the Gothic Revival in the 19th century.

The Basilica of Santa Maria Novellaフィリッポ・ストロッツィ礼拝堂は、トルナブオーニ礼拝堂の右側にあります。フィリッポ・ストロッツィ礼拝堂もまた、1487~1502年に描かれた素晴らしいフレスコ画群があります。フレスコ画群は、使徒フィリポ伝、使徒ゼベダイの子のヤコブ(大ヤコブ)伝、福音書記者ヨハネ伝を描いています。さらに、アーチ型天井には、アダム、ノア、アブラハム、ヤコブが描かれています。
The Filippo Strozzi Chapel is situated on the right side of the Tornabuoni Chapel. The chapel also houses a fine fresco cycle painted from 1487 to 1502. The fresco cycle depicts the life of St. John the Evangelist, the life of Philip the Apostle and the life of St. James the Great (Apostle) on the walls. Moreover the Adam, Noah, Abraham and Jacob are depicted on the vault.

The Basilica of Santa Maria Novellaトルナブオーニ礼拝堂の左にあるゴンディ礼拝堂には、1410~1415年に製作されたフィリッポ・ブルネレスキのキリスト磔刑像があります。ブルネレスキは、彼の友人ドナテッロとの競争として、このキリスト磔刑像を完成させました。ブルネレスキは、ドナテッロが製作したサンタ・クローチェ聖堂のバルディ家礼拝堂のキリスト磔刑像を見て、「お前のキリストは十字架の上の農夫のようだ。キリストは、人間だが、ただの特別な人間というだけではない。キリストはどのようにあるべきかお見せしますよ」と言いました。その結果が、このキリスト磔刑像です。実に興味深い物語です。
The Gondi Chapel to the left of the Tornabuoni Chapel contains a wooden Crucifix by Filippo Brunelleschi from 1410 to 1415. Brunelleschi completed this crucifix in competition with his friend Donatello. Brunelleschi saw the crucifix Donatello had created for the Bardi Chapel in the Basilica of the Holy Cross. Brunelleschi said to Donatello that the Christ by Donatello looked like a farmer on a cross and Christ was a man but not just any particular man. Brunelleschi offered to show how Christ would be supposed to be. The result is this Crucifix. It is an interesting story indeed.

The Basilica of Santa Maria Novellaサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂には、他にも多くの美しいフレスコ画に豊かに装飾された礼拝堂があります。
The Basilica of Santa Maria Novella houses many more chapels richly decorated with splendid frescoes.

The Basilica of Santa Maria Novella身廊を通り過ぎ、再び回廊に向かいます。
You are walking through the nave and going to go back to the cloisters.

The Basilica of Santa Maria NovellaThe Basilica of Santa Maria Novellaスペイン人の大礼拝堂は、かつての聖堂参事会会議場です。スペイン人の大礼拝堂は、緑の回廊の北側にあります。スペイン人の大礼拝堂は、元々は1343~1355年に建てられ、後に、コジモ1世の妻であるトレドのエレオノーラと彼女のスペイン人の従者によって使用されたので、この名前で呼ばれるようになりました。スペイン人の大礼拝堂は、見事なフレスコ画によって装飾されています。すなわち、「ドミニコ会の勝利」(右壁)、「キリストと聖ペトロ伝」(入口の壁)、「聖トマスの勝利」(左壁)、キリストの4つのシーン、キリストの復活、小舟、昇天、聖霊降臨(アーチ天井)です。また、スペイン人の大礼拝堂には、より小さな秘跡の礼拝堂があります。
The Spanish Chapel is the former chapter house of the monastery. The chapel is situated at the north side of the Green Cloister. The chapel was originally built from 1343 to 1355 and got called the name later derived from using by Eleonora of Toledo (a wife of Cosimo I de’ Medici) and her Spanish retinue. The chapel is decorated with fine frescoes, namely, the Allegory of the Active and Triumphant Church and of the Dominican order (on the right wall), the lives of Christ and Saint Peter (on the entry wall), The Triumph of Saint Thomas Aquinas and the Allegory of Christian Learning (on the left wall), the Crucifixion with the Way to Calvalry and the Descent into Limbo (on the archway of the altar wall) and 4 scenes of Christ, namely, the Resurrection, the Navicella, the Ascension and Pentecost (on the vault). Furthermore the chapel contains a smaller Chapel of the Most Holy Sacrament.

The Basilica of Santa Maria Novellaかつての食堂は、緑の回廊の西側にあり、聖具室付属する貴重な礼拝式の物品を展示しています。
The former refectory is situated at the west side of the Green Cloister and displays precious liturgical objects belonging to the sacristy

The Arno RiverThe Arno Riverサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂を後にしました。南へ向かい、アルノ川を渡ります。南東には、ヴェッキオ橋が見えます。
You left the Basilica of Santa Maria Novella. And then you are walking towards the south and crossing the Arno River. You can see the Ponte Vecchio towards the southeast.

The Church of Santa Maria del Carmineサンタ・マリア・デル・カルミネ教会にたどり着きました。サンタ・マリア・デル・カルミネ教会は、カルメル会の教会で、1268年から建てられました。サンタ・マリア・デル・カルミネ教会は、1771年に火事によって損傷しましたが、1782年に再建されました。ただし、ファサードは、多くのフィレンツェの教会と同じように、仕上げなしで残されました。他の全てを破壊した激しい火の中でブランカッチ礼拝堂とコルシーニ礼拝堂が生き残ったことは、奇跡と考えられています。
You have got to the Church of Santa Maria del Carmine eventually. The church is a church of the Carmelite Order and was built from 1268. The church was damaged by a fire in 1771 and rebuilt in 1782. And yet the facade remained unfinished as many Florentine churches. It is considered a miracle that the Brancacci Chapel and the Corsini Chapel survived the intense fire that destroyed everything else.

The Church of Santa Maria del CarmineThe Church of Santa Maria del Carmineサンタ・マリア・デル・カルミネ教会の中に入りました。サンタ・マリア・デル・カルミネ教会の内部は、1771年の火事の後の再建において、ロココ様式を得ました。
You have got into the Church of Santa Maria del Carmine. The interior of the church acquired the Rococo style during the reconstruction following the 1771 fire.

The Church of Santa Maria del CarmineThe Church of Santa Maria del CarmineThe Church of Santa Maria del Carmineブランカッチ礼拝堂は、1771年の火事を生き残り、その後の教会の修理に際しても、フレスコ画を覆ってしまうことに強固に反対したある貴族の女性の干渉によって、生き残りました。ブランカッチ礼拝堂には、マサッチオとマソリーノによる有名なフレスコ画のホームです。ブランカッチ礼拝堂は、イタリアのルネサンスの最初の傑作と考えられています。ブランカッチ家は、マサッチオの師であるマソリーノに礼拝堂にフレスコ画が描くことを依頼しました。マソリーノは1425年にこのプロジェクトに取り掛かり、間も無くマサッチオが加わりました。マソリーノとマサッチオは、各々、「貢の銭」(マサッチオ)を含む聖ペトロのフレスコ画を描き、また、「原罪」(マソリーノ)、「アダムとエバの楽園追放」(マサッチオ)等を描きました。
The Brancacci Chapel survived the 1771 fire and was also saved by the subsequent restoration by the intervention of a noblewoman who was firmly opposed to the covering of the frescoes. The chapel is home to the famous frescoes by Masaccio and Masolino. The chapel is considered the first masterwork of the Italian Renaissance. The Brancacci family commissioned Masolino (who was the master of Masaccio) to paint frescoes on the chapel. Masolino began the project in 1425 and Masaccio joined in it soon. Masolino and Masaccio painted majestic frescoes depicting the scenes of St. Peter including The Tribute Money (by Masaccio) respectively and also other frescoes such as The Temptation of Adam and Eve (by Masolino) and The Expulsion of Adam and Eve from Paradise (by Masaccio).

The Church of Santa Maria del Carmine修道院には、1771年の火事を含む数々の災害のため作品のほとんどは散り散りになっていますが、「最後の晩餐」などのフレスコ画があります。
The convent houses numerous frescoes such as The Last Supper though most of the works are fragmentary because of some disasters including the 1771 fire.

The Basilica di Santo SpiritoThe Basilica di Santo Spiritoサンタ・マリア・デル・カルミネ教会を後にして、ピッティ宮殿に行く途中、サント・スピリト聖堂を通り過ぎます。サント・スピリト聖堂は、1444~1487年に建てられました。
You left the Church of Santa Maria del Carmine and you are passing by the Basilica di Santo Spirito (the Basilica of the Holy Spirit) on the way to the Palazzo Pitti. The basilica was built from 1444 to 1487.

The Palazzo PittiThe Palazzo Pittiピッティ宮殿は、広大なルネサンス様式の宮殿です。ピッティ宮殿の中枢は、1458年にさかのぼり、元々は、フィレンツェの銀行家、ルカ・ピッティの住まいでした。ピッティ宮殿は、1549年にメディチ家に買収され、トスカーナ大公の住まいになりました。ピッティ宮殿には、収集された絵画や宝飾などの膨大な収蔵品があり、今日では、美術館として一般に開放されています。
The Palazzo Pitti (the Pitti Palace) is a vast Renaissance palace. The core of the palace dates from 1458 and was originally the residence of Luca Pitti (a Florentine banker). The palace was bought by the Medici family in 1549 and became the residence of the Grand Duchy of Tuscany. The palace houses numerous collections such as amassed paintings and jewellery. Today the palace is open to the public as a museum.

以上で、フィレンツェのツアーは終了です。それではまた!
Now I would like to conclude our tour in Florence. See you later.