グラスゴー Glasgow 01


(第113回)聖ジョージのトロン教会、市議会議事堂、現代美術館、グラスゴー大聖堂、聖ムンゴ宗教博物館、プロバンド領主館、バロニー会館、公会堂尖塔(グラスゴー、スコットランド、イギリス)
The St. George’s Tron Church, the City Chambers, the Gallery of Modern Art, Glasgow Cathedral, the St. Mungo Museum of Religious Life and Art, the Provand’s Lordship of Glasgow, Barony Hall and the Tolbooth Steeple (Glasgow, Scotland, the United Kingdom)

  1. The St. George’s Tron Church
  2. The City Chambers
  3. The Gallery of Modern Art
  4. Glasgow Cathedral
  5. The St. Mungo Museum of Religious Life and Art
  6. The Provand’s Lordship of Glasgow
  7. Barony Hall
  8. The Tolbooth Steeple

グラスゴーは、スコットランドで最も人口が多い都市であり(人口61万人ぐらい)、イギリスでは第3位の人口の都市です。グラスゴーは、クライド川沿い、スコットランドの低地地方の西中央部にあります。グラスゴーは、イギリスでは4番目に観光客に人気があります。
Glasgow is the most populous city (0.61 million people) in Scotland and the 3rd most populous in the United Kingdom. The city is situated on the River Clyde and in the West Central Lowlands of Scotland. The city is the 4th most popular with tourists in the United Kingdom.

クライド川沿いのグラスゴーの地域には、これまで集落が形成されてきました。ローマ人は、この地に前哨拠点を設置し、ローマ支配下のブリタンニアとケルト人やピクト人の住むカレドニアの間にアントニヌスの長城を建設しました。
The area around Glasgow on the River Clyde has hosted communities. The Romans later built outposts in the area. The Romans built the Antonine Wall to keep Roman Britannia separate from the Celtic and Pictish Caledonia.

グラスゴーは、6世紀にキリスト教の伝道師の聖ムンゴによって創設されたと言われています。聖ムンゴは現在のグラスゴー大聖堂の場所に教会を設立し、グラスゴーは数年で信仰の中心地になりました。グラスゴーは、その後数世紀にかけて発展しました。グラスゴー大学が1451年に創設され、グラスゴー大司教区が1492年に設立されました。グラスゴーの初期の交易は、農業、醸造業、漁業でした。塩漬けのサケやニシンがヨーロッパと地中海に輸出されました。
It is said that Glasgow was founded by the Christian missionary St. Mungo in the 6th century. He established a church on the site of the present Glasgow Cathedral and the city became a religious centre in the following years. The city grew over the following centuries. The University of Glasgow was founded in 1451 and the Archdiocese of Glasgow was established in 1492. The early trade of the city was in agriculture, brewing and fishing. Cured salmon and herring were exported to Europe and the Mediterranean.

グラスゴーは、国際貿易、製造、発明によって繁栄しました。グラスゴーは、17世紀に始まった大西洋三角貿易(奴隷貿易)の砂糖、タバコ、綿、リネンなどの製品からの実に多くの富を得ました。その後、1707年の合同法の後、スコットランドは、大英帝国の莫大な市場への更なるアクセスを獲得したので、グラスゴーは、南北アメリカの国際貿易の中枢として傑出しました。グラスゴーは、18世紀にスコットランドの啓蒙活動の中心になりました。グラスゴーの人口と経済は、産業革命の間、急速に拡大しました。グラスゴーは、人口が100万人に到達したヨーロッパの最初の都市の一つです。造船と海洋工学が、グラスゴーの主要産業になりました。グラスゴーは、ヴィクトリア時代とエドワード7世時代のほとんどの期間、大英帝国第二の都市と呼ばれる都市の一つでした。
Glasgow prospered from international trade, manufacturing and invention. The city got substantial fortunes from products of the Atlantic triangular slave trade starting in the 17th century such as sugar, tobacco, cotton and linen. And then the city became prominent as a hub of international trade to and from the Americas because Scotland gained further access to the vast markets of the British Empire after the Acts of Union in 1707. The city became a major centre of the Scottish Enlightenment in the 18th century. The population and economy of the city expanded rapidly during the Industrial Revolution. The city became one of the first cities in Europe to reach a population of one million. Shipbuilding and marine engineering became the major industries of the city. The city was one of the cities known as the Second City of the British Empire respectively for much of the Victorian era and the Edwardian era.

20世紀は、グラスゴーの衰退と再生を目撃しました。グラスゴーは、第1次世界大戦後の不景気と後の大恐慌の影響に苦しみました。グラスゴーは、第2次世界大戦の勃発で回復、戦後特需で成長しましたが、その後の他の国の産業の成長が、グラスゴーの産業を弱体化せしめました。その後、グラスゴーでは、包括的な都市再生計画が行われました。
The 20th century witnessed both decline and renewal in Glasgow. The city suffered from the impact of the Post World War I recession and from the later Great Depression. The city had recovered by the outbreak of World War II and grew through the post-war boom. And yet growth of industry in other following countries weakened many industries of the city. Afterwards comprehensive urban renewal projects were conducted in the city.

ロンドンからグラスゴーまで、急行列車(ユーストン鉄道駅~グラスゴー中央駅)で約4.5時間、または、エディンバラからグラスゴーまで、鉄道(エディンバラ・ウェイヴァリー鉄道駅~グラスゴー・クイーン・ストリート鉄道駅)で約50分ほどです。
It takes around 4.5 hours by express from London to Glasgow (from Euston railway station to Glasgow Central station) or takes around 50 minutes by rail from Edinburgh to Glasgow (from Edinburgh Waverley railway station to Glasgow Queen Street railway station).

The St. George's Tron Church聖ジョージ(聖ゲオルギオス)のトロン教会が、グラスゴー・クイーン・ストリート鉄道駅の前を走るウェスト・ジョージ・ストリートの西の端に立っています。聖ジョージのトロン教会は、1808年に開館しました。
The St. George’s Tron Church stands at the western end of West George Street in front of Glasgow Queen Street railway station. The church opened in 1808.

The City Chambersウェスト・ジョージ・ストリートから、ジョージ・スクエア、ジョージ・ストリートに向かって、通りを歩いていきます。ジョージ・スクエアは、ジョージ3世にちなんで名付けられており、1781年に建てられました。市議会議事堂が、ジョージ・スクエアの東側に立っています。
You are walking along a succession of streets from West George Street through George Square towards George Street. George Square is named after George III and was built in 1781. The City Chambers stands on the east side of the square.

The City ChambersThe City ChambersThe City Chambers市議会議事堂の周りを回っていきます。市議会議事堂は、1882~1888年にボザール様式で建てられました。
You are walking round the periphery of the City Chambers. The building was built in the Beaux arts style from 1882 to 1888.

The Gallery of Modern ArtThe Gallery of Modern Art現代美術館が、王立取引所広場に立っています。1996年に開館した現代美術館は、新古典主義の建物にあります。建物は、元々は、三角貿易(奴隷貿易)を通して富を築いたある裕福なグラスゴーのタバコ卿のタウンハウスとして、1778年に建てられました。その後、建物は、1817年にスコットランド王立銀行によって購入されました。建物は、王立取引所になり、1827~1832年に改築され、ファサードのコリント式の柱、上部のクーポラ、過去の家屋の背面の大ホールなど多くのものが加えられました。
The Gallery of Modern Art (GoMA) stands in Royal Exchange Square. The gallery opened in 1996 is housed in a Neoclassical building. The building was originally built in 1778 as a townhouse of a wealthy Glasgow Tobacco Lord who made his fortune through the triangular slave trade. And then the building was bought by the Royal Bank of Scotland in 1817. The building became the Royal Exchange and was reconstructed from 1827 to 1832 with many additions such as the Corinthian pillars to the facade, the cupola above and the large hall to the rear of the old house.

Glasgow CathedralGlasgow CathedralGlasgow Cathedralグラスゴー大聖堂は、グラスゴー高教会または聖ムンゴ大聖堂としても知られ、グラスゴーにおけるスコットランド国教会の信仰の第一の場所です。スコットランド国教会は、宗教改革以後の歴史のほとんどの間、司教、司教区、または大聖堂を置いておらず、「大聖堂」(司教座のある聖堂)という名称の使用には、今日では実質的な意味合いがありません(ただし高教会という名称は大聖堂という名称よりも古い)。グラスゴー大聖堂は、グラスゴーの街の東部にあります。
Glasgow Cathedral known as the High Kirk of Glasgow or St. Mungo’s Cathedral is the principal place of worship of the Church of Scotland in Glasgow. The Church of Scotland has not had bishops, dioceses or cathedrals for most of its history since the Reformation. Therefore, today the use of the term cathedral (which is a principal church of a diocese which contains a throne of a bishop) carries no practical meaning (And yet the High Kirk title is actually older than the Cathedral). The cathedral is located in the eastern part of Glasgow.

Glasgow Cathedralグラスゴー大聖堂は、12世紀に建てられました。グラスゴー大聖堂は、スコットランドのゴシック建築のすばらしい実例であり、宗教改革を生き残った数少ないスコットランドの中世の教会の一つです(スコットランド本土の大聖堂では唯一)。
Glasgow Cathedral was built in the 12th century. The cathedral is a superb example of Scottish Gothic architecture and is also one of the few Scottish medieval churches (and the only medieval cathedral on the Scottish mainland) to have survived the Reformation.

Glasgow Cathedralグラスゴー大聖堂に入りました。
You have got into Glasgow Cathedral.

Glasgow Cathedralグラスゴー大聖堂の中を歩いていきます。
You are walking around the inside of Glasgow Cathedral.

Glasgow CathedralGlasgow CathedralGlasgow Cathedral聖ムンゴの墓がある地下墓地を歩いています。聖ムンゴは、グラスゴーの街の創設者であり守護聖人です。
You are walking around the crypt which has the tomb of St. Mungo. He was the founder and patron saint of the city of Glasgow.

Glasgow CathedralGlasgow Cathedral内陣仕切りは、スコットランドの教会においては大変めずらしく現存しているものです。
The choir screen is a very rare survivor in Scottish churches.

Glasgow Cathedral主祭壇では、1502年にスコットランド王ジェームズ4世とイングランド王ヘンリー7世によって平和条約が署名されました。
At the high altar the Treaty of Perpetual Peace was signed by James IV of Scotland and Henry VII of England in 1502.

The St. Mungo Museum of Religious Life and Art聖ムンゴ宗教博物館が、大聖堂広場にあります。
The St. Mungo Museum of Religious Life and Art is located in Cathedral Square.

The St. Mungo Museum of Religious Life and Art聖ムンゴ宗教博物館は、1993年に開館し、世界中の全ての主な宗教に関係する展示を行なっています。
The St. Mungo Museum of Religious Life and Art opened in 1993 and houses exhibits relating to all the major religions around the world.

The St. Mungo Museum of Religious Life and ArtThe St. Mungo Museum of Religious Life and Art聖ムンゴ宗教博物館には、また、枯山水の庭もあります。
The St. Mungo Museum of Religious Life and Art also has a Zen garden (a Japanese rock garden).

The Provand's Lordship of Glasgowプロバンド領主館が、聖ムンゴ宗教博物館の向かいに立っています。プロバンド領主館は、元々は、グラスゴーの司教による聖ニコラスの養育院の一部として、1471年に建てられました。プロバンド領主館とグラスゴー大聖堂は、グラスゴーにおいて中世から現存する数少ない建物です。グラスゴー大聖堂が最も古い建物ですが、プロバンド領主館は最も古い家屋です。
The Provand’s Lordship of Glasgow stands opposite to the St. Mungo Museum of Religious Life and Art. The building was originally built in 1471 as part of St. Nicholas’s Hospital by a Bishop of Glasgow. The building and Glasgow Cathedral are some of the very few surviving buildings from the medieval period in Glasgow. The building is the oldest remaining house while the cathedral is the oldest building in Glasgow.

The Provand's Lordship of GlasgowThe Provand's Lordship of GlasgowThe Provand's Lordship of GlasgowThe Provand's Lordship of Glasgow今日では、プロバンド領主館は、17世紀にさかのぼるスコットランドの家具のコレクションが備え付けられています。
Today the Provand’s Lordship of Glasgow is furnished with a collection of Scottish furniture dating from the 17th century.

The Provand's Lordship of GlasgowThe Provand's Lordship of Glasgowプロバンド領主館には、また、イギリス庭園もあります。
The Provand’s Lordship of Glasgow has also an English garden.

Barony Hallバロニー会館(またはバロニー教会)が、プロバンド領主館の隣に立っています。バロニー教会は、少なくとも1595年から1985年まで存在しました。バロニー教会は、1798年と1889年に再建されました。この赤い砂岩のゴシック・リヴァイヴァル様式の教会は、1986年に大学に取得され、1989年までに修繕されました。バロニー会館は、現在では、大学の用途だけではなく式場としても利用されています。
Barony Hall (also known as Barony Church) stands next to the Provand’s Lordship of Glasgow. The church was in existence from at least 1595 until 1985. The church was rebuilt in 1798 and in 1889. This red sandstone Gothic Revival church was acquired by a university in 1986 and was restored by 1989. The building is now utilised as a ceremonial hall as well as serving other university purposes.

The Tolbooth Steepleグラスゴー大聖堂から南に向かって歩いてきました。公会堂尖塔が、グラスゴー十字と呼ばれる交差点の真ん中の島の上に立っています。公会堂尖塔は、約38メートルの高さがあります。公会堂尖塔は、1625~1626年に建てられ、1921年に撤去された古い公会堂の建物の残された部分です。公会堂は、1814年までグラスゴー議会議事堂でした。
You have walked from Glasgow Cathedral towards the south. The Tolbooth Steeple stands on an island in the middle of the junction called Glasgow Cross. The steeple is about 38 metres tall. The steeple was built from 1625 to 1626 and is remains of the old Tolbooth buildings which were demolished in 1921. The building housed the Glasgow Council Chambers until 1814.

さて、以上でグラスゴーのツアーは終了です。次回は、グラスゴーの東、リンリスゴーに行きます。グラスゴー・クイーン・ストリート鉄道駅からリンリスゴー鉄道駅まで35分ほどかかります。それではまた!
Now I would like to conclude our tour in Glasgow. You are going to go to Linlithgow to the east of Glasgow next time. It takes about 35 minutes from Glasgow Queen Street railway station to Linlithgow railway station by train. See you later.