グラストンベリー Glastonbury 01


(第135回)洗礼者ヨハネ教会、グラストンベリー大修道院、聖ベネディクトゥス聖公会教会(グラストンベリー、イングランド、イギリス)
The Church of St. John the Baptist, Glastonbury Abbey and the Anglican Church of St. Benedict (Glastonbury, England, the United Kingdom)

  1. The Church of St. John the Baptist
  2. Glastonbury Abbey
  3. The Anglican Church of St. Benedict

グラストンベリーは、イングランド南西部にある小さな町(人口9000人ぐらい)です。グラストンベリーは、サマセット低地の高い場所にあり、ブリストルの南37キロメートルの位置にあります。
Glastonbury is a small town (around 9 thousand people) in South West England. The town is situated at a dry point (higher point) on the low ground Somerset Levels and is situated 37 kilometres south of Bristol.

紀元前7千年紀の間に、海面が上昇しグラストンベリーを囲む谷や低地に洪水を起こし、中石器時代の人々は高地に季節の宿営地を作りました。新石器時代の人々は、天然資源のため葦の低湿地の開拓を続け、木道の建設を始めました。これらの木道には、スウィートトラックが含まれ、スウィートトラックは、グラストンベリーの西に紀元前3807年または3806年に建設され、知られている最古の工事された道路の一つです。
During the 7th millennium BC the sea level rose and flooded the valleys and low ground surrounding Glastonbury so the Mesolithic people occupied seasonal camps on the higher ground. The Neolithic people continued to exploit the reed swamps for their natural resources and started to construct wooden trackways. These trackways included the Sweet Track. The trackway was built in 3807 or 3806 BC on the west of the town and is one of the oldest engineered roads known.

グラストンベリーは、アリマタヤのヨセフ、聖杯、アーサー王の伝説で知られています。
Glastonbury is notable for myths and legends concerning Joseph of Arimathea, the Holy Grail and King Arthur.

アリマタヤのヨセフの伝説は、13世紀にフランスの詩人ロベール・ド・ボロンにより紹介されました。ロベール・ド・ボロンの作品は、後のアーサー王伝説の流布本サイクルに影響を与えました。伝説によると、アリマタヤのヨセフは、最後の晩餐の杯を用いて十字架に磔にされたキリストの体からの血の最後の一滴を受けました。アリマタヤのヨセフと家族は、聖杯をブリテンに持ち込みました。アリマタヤのヨセフは、氾濫したサマセット低地を越えて船でグラストンベリーに着きました。上陸して、アリマタヤのヨセフは、杖を地面に突き立て、杖は奇跡的なグラストンベリーの荊(聖なる荊)を咲かせました。グラストンベリーの荊は、中世には巡礼の中心でしたが、イングランド内戦の最中に切り倒されました。アリマタヤのヨセフは、聖杯を収めるためにグラストンベリー大修道院を創設しました。
The legend of Joseph of Arimathea was introduced by the French poet Robert de Boron in the 13th century. His work became the inspiration for the later Vulgate Cycle of Arthurian tales. According to the legend, Joseph used the Grail (the Last Supper vessel) to catch the last drops of blood from the body of Christ as he hung on the cross. Joseph and his family brought the Holy Grail to Britain. Joseph arrived in Glastonbury by boat over the flooded Somerset Levels. On disembarking Joseph stuck his staff into the ground and the staff flowered miraculously into the Glastonbury Thorn (or Holy Thorn). The original Holy Thorn was a centre of pilgrimage in the medieval times but was chopped down during the English Civil War. Joseph founded Glastonbury Abbey to house the Holy Grail.

グラストンベリー大修道院の修道僧達は、1191年に大修道院教会の聖母マリア礼拝堂の南にアーサー王とグィネヴィア妃の墓を見つけたと主張しました。それ以来、丘の上に立つグラストンベリー岩塔は、アヴァロンの名前と結び付けられてきました。一方、初期のウェールズの詩人は、アーサーと(グィネヴィア妃を誘拐した)メリアグランスの対決を説明して、アーサーをグラストンベリー岩塔と結びつけています。
Monks at Glastonbury Abbey claimed to have discovered the graves of King Arthur and Queen Guinevere to the south of the Lady Chapel of the Abbey Church in 1191. Glastonbury Tor on the top of a hill has been associated with the name Avalon since then. Meanwhile an early Welsh poem links Arthur to the Tor in an account of a confrontation between Arthur and Maleagant (who had kidnapped Guinevere).

グラストンベリー・フェスティバルが、1970年から近くの村ピルトンで行われています。グラストンベリー・フェスティバルは、5日間の現代音楽フェスティバルです。グラストンベリー・フェスティバルは、世界で最も大きな野外フェスティバルで、今日では17万5千人が参加します。
Glastonbury Festival has taken place in the nearby village of Pilton since 1970. The festival is a 5 day contemporary music festival. The festival is the largest greenfield festival in the world and is now attended by around 175 thousand people.

ロンドンからグラストンベリーまで、鉄道とバス(パディントン駅~ブリストル・テンプル・ミーズ駅~グラストンベリー)で約3時間です。
It takes around 3 hours by rail and bus from London to Glastonbury (from London Paddington station, Bristol Temple Meads railway station to Glastonbury).

The Church of St. John the Baptist洗礼者ヨハネ教会を通り過ぎていきます。この場所の教会は、おそらく10世紀にさかのぼります。現在のゴシック様式の教会は、15世紀に再建され、1856~1857年に修復されました。洗礼者ヨハネ教会は、中庭にグラストンベリーの荊を有しています。グラストンベリーの荊は、オリジナルはイングランド内戦の最中に切り倒されましたが、人々が保存した切穂から育ちました。
You are passing by the Church of St. John the Baptist. The church on the site probably dates from the 10th century. The present Gothic church was rebuilt in the 15th century and was restored from 1856 to 1857. The church has the Glastonbury Thorn in the churchyard. The thorn has been growing from the cuttings which local people kept though the original chopped down during the English Civil War.

Glastonburyハイストリートにある市場十字を通り過ぎていきます。現在の市場十字は、1846年に再建されました。
You are passing by the Market Cross on High Street. The present market cross was rebuilt in 1846.

Glastonbury Abbeyグラストンベリー大修道院へ入ります。
You are walking into Glastonbury Abbey.

Glastonbury Abbeyビジターセンターには、グラストンベリー大修道院の模型が展示されています。この偉大な大修道院は、14世紀までイングランドで最も裕福で権力を持った修道院の一つでした。
The visitor centre displays a model of Glastonbury Abbey. This great abbey was one of the richest and most powerful monasteries in England by the 14th century.

Glastonbury Abbey中世のキリスト教の伝説では、グラストンベリー大修道院は、1世紀にアリマタヤのヨセフによって創設されました。
According to a medieval Christian legend, Glastonbury Abbey was founded by Joseph of Arimathea in the 1st century.

Glastonbury AbbeyGlastonbury AbbeyGlastonbury AbbeyGlastonbury Abbeyグラストンベリー大修道院は、7世紀に創設され、10世紀に拡張されました。グラストンベリー大修道院は、1184年に大火で破壊されましたが、その後再建されました。
Glastonbury Abbey was founded in the 7th century and enlarged in the 10th century. The abbey was destroyed by a great fire in 1184 but subsequently rebuilt.

Glastonbury Abbeyグラストンベリー大修道院の修道僧達は、1191年に大修道院教会の聖母マリア礼拝堂の南にアーサー王とグィネヴィア妃の墓を見つけたと主張しました。アーサー王の墓の発見は、巡礼の新しい原動力と、1184年にほとんど焼失した大修道院を修復するための資金を生み出しました。
Monks at Glastonbury Abbey claimed to have discovered the tombs of King Arthur and Queen Guinevere to the south of the Lady Chapel of the Abbey Church in 1191. The discovery provided fresh impetus for pilgrim visits and funds to repair the abbey which was mostly burnt in 1184.

Glastonbury Abbey歴史家であるウェールズのジェラルドによると、2体の遺骸を包む大きな空洞のオークの幹が、5メートルの深さで発見されました。覆いの石の下には、「ここにアヴァロンの島の有名なアーサー王の墓あり」という碑文とともに鉛の十字架がありました。アーサー王の遺体の捜索は、ヘンリー2世とエドワード1世に関連していました。両者は、ウェールズと大きな戦いをしていました。ウェールズ人やコーンウォール人を含むブリテンの人々は、多くの物語や伝説が示唆するようにアーサー王がまだ生きているという考えを持ち続けていました。そのため、王権の忠実な支持者でもあったウェールズのジェラルドは、アーサー王の帰還という考えを破壊するために、アーサー王の墓の発見について著述しました。エドワード1世とエリナー・オブ・プロヴァンスは、1278年にアーサー王の遺骸を主祭壇の下に再び埋葬する盛大な儀式に出席しました。
According to Gerald of Wales, who was a historian, a massive hollowed oak trunk containing 2 skeletons was found at the depth of 5 metres. Under the covering stone was a leaden cross with the inscription Here lies interred the famous King Arthur on the Isle of Avalon. The search for the body of Arthur was connected to Henry II and Edward I. Both kings fought major Welsh wars. The British people including Welsh and Cornish maintained that King Arthur was still alive as many tales and many legends suggested. So the historian who was also a constant supporter of royal authority wrote about the discovery to destroy the idea of the possibility of the return King Arthur. Edward I and Eleanor of Provence attended the magnificent service at the reburial of the remains of King Arthur to the foot of the High Altar in 1278.

Glastonbury AbbeyGlastonbury Abbeyグラストンベリー大修道院は、ヘンリー8世の修道院解体によって破壊されました。最後の大修道院長は、1539年にグラストンベリー岩塔で八つ裂きの刑にされました。
Glastonbury Abbey was destroyed by the Dissolution of the Monasteries under Henry VIII. The last abbot was hanged, drawn and quartered as a traitor on Glastonbury Tor in 1539.

Glastonbury AbbeyGlastonbury AbbeyGlastonbury Abbey引き続きグラストンベリー大修道院を歩いていきます。
You are continuously walking around Glastonbury Abbey.

Glastonbury Abbey洗礼者ヨハネ教会と同じくグラストンベリー大修道院にも、グラストンベリーの荊があります。
Glastonbury Abbey as well as the Church of St. John the Baptist has the Glastonbury Thorn.

Glastonbury Abbeyビジターセンターの隣には、シゲリックと少年の像があります。シゲリックは、グラストンベリー大修道院で教育を受け、990~994年にカンタベリー大司教を勤めました。
There is a statue of Sigeric the Serious and a little boy next to the visitor centre. He was educated at Glastonbury Abbey and was the Archbishop of Canterbury from 990 to 994.

Glastonbury Abbey聖ベネディクトゥス聖公会教会は、14世紀に建てられ、塔は、15世紀に加えられました。この地の最初の教会は11世紀に別の聖人に献堂されましたが、17世紀にヌルシアのベネディクトゥスに献堂されました。
The Anglican Church of St. Benedict was built in the 14th century with the tower being added in the 15th century. The first church on the site was dedicated to other saint in the 11th century and the dedication was changed to Benedict of Nursia in the 17th century.

さて、以上でグラストンベリーのツアーは終了です。それではまた!
Now I would like to conclude our tour in Glastonbury. See you later.