グリニッジ Greenwich 02


(第144回)カティーサーク、聖アルフィージ教会、グリニッジ市場、国立海事博物館、クイーンズ・ハウス、旧王立海軍大学、王立天文台(グリニッジ、ロンドン、イギリス)
Cutty Sark, St. Alfege Church, Greenwich Market, the National Maritime Museum, Queen’s House, the Old Royal Naval College and the Royal Observatory (Greenwich, London, the United Kingdom)

  1. Cutty Sark
  2. St. Alfege Church
  3. Greenwich Market
  4. The National Maritime Museum
  5. Queen’s House
  6. The Old Royal Naval College
  7. The Royal Observatory

Cutty Sarkカティーサークは、イギリスの高速帆船です。カティーサークは、1869年に建造され、最後のティークリッパーの一つです。カティーサークは、中国からロンドンへ地球を回る激しい競争であった紅茶貿易のために造られました。その年の最初の紅茶を運んだ船に支払われる特別報酬は1866年の大紅茶競争の後になくなりましたが、速い船は他の船よりも高い運送料を通常獲得することができました。
Cutty Sark is a British clipper ship. She was built in 1869 and was one of the last tea clippers. She was destined for the tea trade which was an intensely competitive race across the globe from China to London. Faster ships could usually obtain a higher freight (the price paid to transport the cargo) than others though the bonus paid to the ship that arrived with the first tea of the year was abandoned after The Great Tea Race of 1866.

Cutty Sarkカティーサークの就航は、1869年のスエズ運河の開通とかち合いました。カティーサークの最初の旅は、蒸気船との競争でした。スエズ運河を通って極東からロンドン(および多くの他のヨーロッパの港)への航路は、喜望峰を回る航路に比べて、約3300海里(6100キロメートル)短いものでした。アフリカを回る航路は、14000海里(26000キロメートル)を超えます。しかし、スエズ運河の通行は高価なタグボートを必要とする帆船にとって難しく、ティークリッパーはなおアフリカ回りの航海をしなければなりませんでした。蒸気船に与えられた中国からロンドンへの運送料は、帆船へのほぼ2倍でした。さらに、蒸気船の積荷の紅茶への保険料は、帆船よりも非常に少ないものでした。その結果、毎年中国へ航海するティークリッパーの数は、徐々に減少しました。
The launch of Cutty Sark coincided with the opening of the Suez Canal in 1869. Her first trip encountered significant competition with steamships. The route from the Far East to London (and many other European ports) through the Suez Canal was shorter by about 3,300 nautical miles (6,100 kilometres), compared to sailing round the Cape of Good Hope. The route round Africa is in excess of 14,000 nautical miles (26,000 km). However clippers still had to sail around Africa because going through the canal was difficult for a sailing ship needed an expensive tugboat. The rate of freight from China to London that was given to steamships was nearly twice that paid to the sailing ships. Additionally, the insurance premium for a cargo of tea in a steamship was substantially less than for a sailing ship. Consequently the numbers of tea clippers sailing to China each year steadily reduced.

Cutty Sarkカティーサークは、紅茶貿易にはほんの数年だけ用いられ、オーストラリアからの羊毛貿易に転向しました。カティーサークは、オーストラリアからブリテンまでの最速記録を10年間保持しました。発展した蒸気機関の技術によって蒸気船がこのような長い航路をも制するようになったため、カティーサークは1895年に売却され他の航路に用いられました。カティーサークは、1922年に再び売却され、訓練船になりました。その後、カティーサークは、1954年に一般展示されるためグリニッジのドライドックに恒久的に移転されました。カティーサークは、保全工事中、2007年に火事で損傷しました。カティーサークは、修復され、2012年に再び一般公開されました。
Cutty Sark spent only a few years on the tea trade before turning to the trade in wool from Australia. She held the record time from Australia to Britain for ten years. She was sold in 1895 and was used for other routes because steamships also came to dominate even such long sailing routes by improved steam technology. She was sold again in 1922 and became a training ship. Afterwards she was transferred to permanent dry dock at Greenwich for public display in 1954. She was damaged by fire in 2007 while undergoing conservation. She was restored and was reopened to the public in 2012.

St. Alfege Church聖アルフィージ教会は、イングランド国教会の教会です。聖アルフィージ教会は、1012年に聖アルフィージが殉教した場所に立っています。聖アルフィージは、カンタベリー大主教であり、デーン人の侵略者によって殺害されました。中世の教会が1290年頃に再建され、ヘンリー8世が1491年に洗礼を受けたのがこの建物です。現在の教会は、1712~1714年に再建されました。
St. Alfege Church is a church belonging to the Church of England. The church stands on the site where St. Alfege was martyred in 1012. He was an Archbishop of Canterbury and was killed by Danish raiders. The medieval church was rebuilt in around 1290 and it was in this building that Henry VIII was baptised in 1491. The present church was rebuilt from 1712 to 1714.

Greenwich Market14世紀からグリニッジには市場がありましたが、現在のグリニッジ市場の歴史は市場に勅許が与えられた1700年にさかのぼります。
There has been a market at Greenwich since the 14th century but the history of the present Greenwich Market dates from 1700 when a charter was given to the market.

Greenwich MarketGreenwich MarketGreenwich Marketグリニッジ市場を囲む建物は、1827~1833年に設立されました。市場の屋根は、1902~1908年に加えられました(そして2016年に置き換えられた)。
The buildings surrounding Greenwich Market were established from 1827 to 1833. The market roof was added from 1902 to 1908 (and replaced in 2016).

Greenwich MarketGreenwich Marketグリニッジ市場には、たくさんの興味深い露店があります。
There are many interesting stalls in Greenwich Market.

The National Maritime Museumウィリアム4世の像が、国立海事博物館へ向かう途中のグリニッジ公園沿いの通りの中央に立っています。
A statue of William IV stands at the centre of the street along Greenwich Park on your way to the National Maritime Museum.

The National Maritime Museum大きな瓶に入ったヴィクトリー号(1805年のトラファルガー海戦におけるホレーショ・ネルソン提督の旗艦)の模型が、国立海事博物館の前に展示されています。
A model of HMS Victory (the flagship of Vice Admiral Horatio Nelson at the Battle of Trafalgar in 1805) in a large bottle is displayed at the front of the National Maritime Museum.

The National Maritime MuseumThe National Maritime MuseumThe National Maritime Museum国立海事博物館は、1937年に開館しました。グリニッジは、歴史の最初の頃から海と航海に関係してきました。ローマ人が上陸地点に使い、ヘンリー8世が住み、海軍がルーツを持ち、チャールズ2世が1675年に王立天文台を創設しました。グリニッジは、1884年以来グリニッジ標準時と本初子午線のホームとして天文学の中心であり、世界中の航海者がその時刻に従って時計を合わせています。国立海事博物館には、海事芸術、製図、公式記録を含む手稿、船の模型と図面、科学的な航法の道具、計時と天文学の道具を含む200万点以上で構成される海のイギリスの歴史についての世界で最も重要な所蔵品があります。
The National Maritime Museum was opened in 1937. Greenwich has had associations with the sea and navigation since earliest times. The Romans used the waterfront for a landing place, Henry VIII lived here, the navy has roots on the waterfront and Charles II founded the Royal Observatory in 1675. The town has long been a centre for astronomical study as the home of Greenwich Mean Time and the Prime Meridian since 1884 and navigators across the world have set their clocks according to its time of day. The Museum has the most important holdings in the world on the history of Britain at sea comprising more than 2 million items, including maritime art, cartography, manuscripts including official public records, ship models and plans, scientific and navigational instruments, instruments for time-keeping and astronomy.

The National Maritime MuseumThe National Maritime MuseumThe National Maritime Museum様々な船が、展示されています。
Various ships are displayed.

The National Maritime Museum船首像などの船の部品も、展示されています。
Components of ships such as figurehead are displayed as well.

The National Maritime Museumホレーショ・ネルソン提督は、イギリス海軍の海軍将官で、イギリスの最も英雄的な人物の一人です。ネルソン提督は、その心に響く指導力、戦略眼、型破りな戦術が特筆されています。ネルソン提督は、とくにナポレオン戦争の最中、多数の重大なイギリス海軍の勝利を収めました。ネルソン提督は、戦闘で何度も傷を負い、片目、片腕のほとんどを失いました。最後は、1805年のトラファルガー海戦における彼の最後の勝利の最中、銃撃受け戦死しました。イギリスは各員がその義務を尽くすことを期待する。これは、トラファルガーの海戦におけるネルソン提督による有名な信号旗です。これは、現代まで、よく引用され、言い換えられ、参照されてきました。ロンドン、トラファルガー広場のネルソン記念柱(模型がここに展示されている)やエディンバラのネルソン・モニュメントを含む膨大な数の記念碑が建てられ、彼の遺したものは高い影響力を残しています。
Vice Admiral Horatio Nelson, 1st Viscount Nelson was a flag officer in the Royal Navy and one of the most heroic figures in the United Kingdom. He was noted for his inspirational leadership, grasp of strategy and unconventional tactics. He won a number of decisive British naval victories particularly during the Napoleonic Wars. He was wounded several times in combat as he lost the sight in one eye and most of one arm. Eventually he was shot and killed during his final victory at the Battle of Trafalgar in 1805. England expects that every man will do his duty. This is the famous flag signal by him at the battle. It has been regularly quoted, paraphrased and referenced up to the modern day. Numerous monuments including Nelson’s Column in Trafalgar Square, London (a model is displayed here) and the Nelson Monument in Edinburgh have been created in his memory and his legacy remains highly influential.

The National Maritime MuseumThe National Maritime Museum探検と航海についてのたくさんの展示があります。
There are many displays on exploration and navigation.

The National Maritime MuseumThe National Maritime MuseumThe National Maritime Museum大きな世界地図が、床一面に描かれています。
A large world map is painted all over the floor.

Queen's HouseQueen's Houseクイーンズ・ハウスは、1616~1635年に建てられたかつての王室の住居で、現在は国立海事博物館の一部として海事絵画を展示しています。クイーンズ・ハウスは、ジェームズ1世の王妃であるアン・オブ・デンマークのために建てられました。クイーンズ・ハウスは、イギリスで最初に意識的に古典主義で建設された建物として、イギリスの建築史で最も重要な建物の一つです。
Queen’s House is a former royal residence built from 1616 to 1635 and is now part of the National Maritime Museum displaying maritime paintings. The building was built for Anne of Denmark, the Queen of James I. The building is one of the most important buildings in British architectural history as the first consciously classical building to have been constructed in the country.

The Old Royal Naval Collegeテムズ川の方角に旧王立海軍大学の壮大な建物が見えます。ウィリアム王宮廷とメアリー女王宮廷が、並んで立っています。これらの傑出した建物は、元々は分けられる計画ではありませんでしたが、メアリー2世がクイーンズ・ハウスからの川の眺めを確保するために計画を変更させました。
You can see the magnificent buildings of the Old Royal Naval College towards the River Thames. King William Court and Queen Mary Court stand alongside. These prominent buildings were not originally planned to be split but Mary II had the plan changed to keep the riverside view from Queen’s House.

The Royal ObservatoryThe Royal Observatory王立天文台が、グリニッジ公園の丘の上に立っています。王立天文台は、1675年にチャールズ2世によって建てられました。
The Royal Observatory stands on a hill in Greenwich Park. The observatory was built by Charles II in 1675.

次回も続いて、グリニッジを歩きます。それではまた!
You are going to walk around Greenwich continuously next time. See you later.