ヘルシンキ Helsinki 01


(第54回)エロッタヤ消防署、オールドマーケットホール、マーケット広場、ウスペンスキー大聖堂、ヘルシンキ元老院広場、ヘルシンキ大聖堂、かもめ食堂(ヘルシンキ、フィンランド)
Erottaja fire station, the Old Market Hall, the Market Square, Uspenski Cathedral, the Senate Square, Helsinki Cathedral and Ravintola Kamome (Helsinki, Finland)

  1. Erottaja fire station
  2. The Old Market Hall
  3. The Market Square
  4. Uspenski Cathedral
  5. The Senate Square
  6. Helsinki Cathedral
  7. Ravintola Kamome

ヘルシンキは、フィンランドの首都であり最大の都市です。ヘルシンキは、人口63万人ぐらい、その都市圏の人口140万人以上です。ヘルシンキ都市圏は、世界で最北の100万人以上が住む都市圏、ヘルシンキの都市は、最北の欧州連合加盟国の首都です。ヘルシンキは、エストニアの首都であるタリンの北に80キロメートル、スウェーデンの首都であるストックホルムの東に400キロメートル、ロシアの旧首都であったサンクトペテルブルクの西に300キロメートルの位置にあります。ヘルシンキは、これらの3都市と密接な歴史的なつながりがあります。
Helsinki is the capital and largest city of Finland. The city has a population of about 0.63 million and a metropolitan population of over 1.4 million. The metropolitan area of the city is the northernmost metro area of over 1 million people around the world. Moreover the city is the northernmost capital of a member state of the European Union. The city is located about 80 kilometres north of Tallinn (the capital of Estonia), about 400 km east of Stockholm (the capital of Sweden) and about 300 km west of Saint Petersburg (the former capital of Russia). The city has close historical connections with these 3 cities.

ヘルシンキは、1550年に交易の街としてスウェーデン王グスタフ1世によりハンザ同盟都市であったレヴァル(今日のタリン)のライバルとなるべく創建されました。しかし、ヘルシンキは、貧困、戦争、災害のため、小さいな街のままでした。18世紀のスオメンリンナの要塞の建設は、ヘルシンキの状況の改善の一助となりました。しかし、ロシア帝国が、フィンランド戦争(第二次ロシア・スウェーデン戦争)でスウェーデン王国を破り、フィンランドを併合し、フィンランド大公国が成立した1809年まで、十分な都市の開発は行われませんでした。
Helsinki was established as a trading town by King Gustav I of Sweden in 1550 to be a rival to the Hanseatic city of Reval (today known as Tallinn). And yet the city remained a tiny town because of poverty, wars and diseases. The construction of the naval fortress Suomenlinna in the 18th century helped improve the status of the city. And yet it was not until the Russian Empire defeated the Kingdom of Sweden in the Finnish War and annexed Finland as the autonomous Grand Duchy of Finland in 1809 that the city began to develop into a substantial city.

ロシア皇帝アレクサンドル1世は、フィンランドでのスウェーデンの影響を減らすこと、サンクトペテルブルクに近いことから、1812年にフィンランドの首都をトゥルクからヘルシンキに移しました。その後、ヘルシンキの市街の中心部は、サンクトペテルブルクに似た新古典主義の街並みに再建されました。
Czar Alexander I of Russia moved the Finnish capital from Turku to Helsinki in 1812 to reduce Swedish influence in Finland and to bring the capital closer to St. Petersburg. And then the centre of the city was rebuilt in neoclassical style to resemble St. Petersburg.

1917年ロシア革命に続いて、フィンランドは独立を宣言しました。その後も、フィンランドは、ソヴィエト連邦と戦い続け(冬戦争、第二次世界大戦中の継続戦争)、独立を保ちました。
Finland declared independence following the 1917 Russian Revolution. Finland fought against the Soviet Union a lot (the Winter War and the Continuation War (during World War II)) and has retained independence.

Helsinkiヘルシンキを訪れたのは8月の終わりでしたので、雪はありませんでしたが、コートは必要でした。
I visited Helsinki at the end of August. Therefore there was no snow. However actually I needed a coat.

Helsinkiこの赤煉瓦の建物は、エロッタヤ消防署です。エロッタヤ消防署は、1891年に建てられ、ヘルシンキにおいて現在も活動している最も古い消防署です。塔の高さは、42メートルです。
This building made of red bricks is Erottaja fire station. The fire station was built in 1891 and is the oldest active fire station in Helsinki. The tower is 42 metres high.

Helsinki「エロマンガ」という名前のパン屋さんがありました。
You are passing by a bakery.

The Old Market Hall港の隣にあるオールドマーケットホールに来ました。オールドマーケットホールは、1889年に建てられました。
You have got to the Old Market Hall next to the port. The hall was built in 1889.

The Old Market HallThe Old Market Hallオールドマーケットホールの中には、たくさんの店が並んでいます。
A lot of shops line up inside the Old Market Hall.

The Old Market HallThe Old Market Hall has everything from cheese, fish, shellfish, vegetable, fruit and cakes to spices, coffee and tea. I was particularly attracted by tinned reindeer and cinnamon roll.
オールドマーケットホールには、チーズ、お魚、貝、野菜、果物から、香辛料、コーヒー、お茶まで、あらゆる物があります。とくに、トナカイの缶詰とシナモンロールに心惹かれました。

Helsinki Cathedral通りと建物の向こうに、ヘルシンキ大聖堂が見えます。
You can see Helsinki Cathedral behind streets and buildings.

The Market SquareThe Market SquareThe Market Squareオールドマーケットホールに続いて、港に隣接するマーケット広場をぶらつきました。マーケット広場は、春から秋の間、新鮮なフィンランドの料理や土産物を売る露店で賑わいます。
You have strolled around the Market Square next to the port following the Old Market Hall. The square is bustling with stalls selling fresh Finnish food and souvenirs from spring to autumn.

Finnish cuisineマーケット広場の屋台で、フィンランド料理をいただきました。ゴージャスには見えないかもしれませんが、美味しかったです。
I had a Finnish dish at a stall at the Market Square. It was delicious though it may not look gorgeous.

Uspenski Cathedralマーケット広場からウスペンスキー大聖堂が見えます。手前には、ピンクの変な生き物がいます。
You can see Uspenski Cathedral from the Market Square. And also you can see a pink strange creature in the foreground.

Uspenski CathedralUspenski Cathedralウスペンスキー大聖堂が、ヘルシンキ市街を一望できる丘の上に立っています。ウスペンスキー大聖堂は、正教会の大聖堂で、西ヨーロッパでは最も大きな正教の教会と言われています。ウスペンスキー大聖堂は、1862~1868年に建てられました。キリストと十二使徒を表す13個の黄金のタマネギドームがあります。黄金のタマネギドームをいただくこの大聖堂は、フィンランドの歴史へのロシアの影響の最も明らかな象徴の一つです。
Uspenski Cathedral stands on a hill overlooking the city of Helsinki. The cathedral is a cathedral of the Orthodox Church and is claimed to be the largest Orthodox church in Western Europe. The cathedral was built from 1862 to 1868. There are 13 golden onion domes representing Christ and the Twelve Apostles. This cathedral crowned with the golden onion domes is one of the clearest symbols of the Russian impact on Finnish history.

Uspenski CathedralUspenski CathedralUspenski CathedralUspenski CathedralUspenski Cathedralウスペンスキー大聖堂は、至聖生神女の就寝に献堂されています。ウスペンスキー大聖堂には、たくさんの荘厳なイコンがあります(そのうちの一つは、奇跡を起こすと信じられています)。正教の雰囲気は、やっぱり濃ゆいです。
Uspenski Cathedral is dedicated to the Dormition of the Theotokos (the Virgin Mary). The cathedral has a lot of majestic icons (One of the icons is believed to work miracles). I think honestly the Orthodox Church really has a stiff atmosphere.

Helsinki Cathedralウスペンスキー大聖堂から、ヘルシンキ大聖堂が見えます。
You can see Helsinki Cathedral from Uspenski Cathedral.

Helsinki Cathedralヘルシンキ大聖堂の前に広がるヘルシンキ元老院広場に来ました。広場の中央には、ロシア皇帝アレクサンドル2世の像が置かれています。この像は、ロシアからのフィンランドの自治権が増すことになった彼の改革を記念して、1894年に建てられました。この像は、法、文化、小作農を表す像に囲まれた台座の上に立っています。1899年からのロシア化政策の間、この像は静かな抵抗の象徴になりました。ロシア皇帝ニコライ2世の布告に異議がある人々は、彼の祖父の像の足下に花を置いたのでした。
You have got to the Senate Square in front of Helsinki Cathedral. This area is the oldest part of central Helsinki. A statue of Alexander II of Russia is placed in the centre of the square. The statue was built in 1894 to commemorate his reforms that increased autonomy of Finland from Russia. The statue stands on a pedestal surrounded by figures representing law, culture, and peasants. The statue became a symbol of quiet resistance during the policy of Russification of Finland from 1899. People protesting against the decrees of Nicholas II of Russia left flowers at the foot of the statue of his grandfather.

Helsinki CathedralHelsinki Cathedralヘルシンキ大聖堂は、フィンランド福音ルター派教会の大聖堂です。ヘルシンキ大聖堂は、元々はロシア皇帝ニコライ1世(フィンランド大公でもあった)のために、新古典主義様式として1830~1852年に建てられました。この純白の大聖堂は、緑色のドームを持っています。また、十二使徒の真鍮の像が、屋根の上に立っています。
Helsinki Cathedral is a cathedral of the Evangelical Lutheran Church of Finland. The cathedral was originally built in the neoclassical style from 1830 to 1852 for Nicholas I of Russia (also the Grand Duke of Finland). This snow white cathedral has green domes. Moreover zinc statues of the Twelve Apostles stand on the roof.

Helsinki CathedralHelsinki Cathedralヘルシンキ大聖堂の見取図は、ギリシャ十字(正方形の中心と4つの等辺の腕)で、4つの方角(東西南北)それぞれにおいて対称になっています。ヘルシンキ大聖堂の内装は、思いの外、質素です。
The plan of Helsinki Cathedral is a Greek cross (a square centre and 4 equilateral arms) and is symmetrical in each of the 4 cardinal directions. The interior of the cathedral is unexpectedly simple.

The Senate Squareヘルシンキ大聖堂を後にし、ヘルシンキ元老院広場を見渡します。ヘルシンキ元老院広場の向こうにあるヘルシンキ市博物館は、1757年にさかのぼるヘルシンキ中心部で最も古い建物です。
You are leaving Helsinki Cathedral and you are overlooking the Senate Square. The Helsinki City Museum beyond the square is the oldest building of central Helsinki dating from 1757.

Ravintola Kamome「かもめ食堂」(2006年公開の日本のコメディ映画)が撮影された小さなレストランに来ました。このレストランは、元々は「カハヴィラ・スオミ(フィンランド・カフェ)」という地元の人々のカフェでしたが、2015年に現在のオーナーがレストランを引き継いだ際に、本当に「かもめ食堂」http://kamome.fi/)になりました。実際には私はその前(2014年)に訪れましたが、当時も映画のロゴやポスターが窓に飾られていました。
You have got to a small restaurant where a 2006 Japanese comedy film Kamome Shokudo (Seagull Restaurant in English) was filmed. The restaurant was originally a local cafe named Kahvila Suomi (Finland Cafe in English) but the restaurant really became Ravintola Kamome (Seagull Restaurant) (http://kamome.fi/) when the present owner took over the restaurant in 2015. Actually I visited here in 2014 that but a logo and a poster from the film were already displayed on the window.

Ravintola Kamome映画「かもめ食堂」は、ヘルシンキの小さなレストランで手作りの美味しい日本のソウルフードを作る日本人女性(小林聡美主演)の物語です。彼女は、たくさんの苦労をしながら、お客を呼ぼうと働き、最後には、愛情とフィンランド人と日本人の友人の手助けのおかげで、おもてなしと人情溢れる暖かい場所を作り出すことができたのでした。
The story of the film Kamome Shokudo is about a Japanese woman (played by Satomi Kobayashi) who served handmade and tasty Japanese soul food at her small restaurant in Helsinki. She tried to attract customers to her restaurant with much trouble. She finally succeeded in creating a place which provides much hospitality and humanity thanks to love and some help of Finnish and Japanese friends.

Cookies of the Moomins土産物屋さんで、可愛らしいムーミンのクッキー缶を手に入れました。ご存知のとおり、ムーミンは、フィンランド人のイラストレーターであり作家のトーべ・ヤンソンによって生み出されました。2014 年はトーべ・ヤンソン生誕100周年、2015年はムーミン生誕70周年でした。
I got a lovely can of cookies of the Moomins at a souvenir shop. The Moomins were created by Finnish illustrator and writer Tove Jansson as you know. 2014 was the 100th anniversary of the birth of Tove Jansson and 2015 was the 70th anniversary of the birth of the Moomins.

次回は、マーケット広場に隣接する港から船に乗って、スオメンリンナの要塞に行きます。それではまた!
You are going to go to Suomenlinna from the port next to the Market Square by ship next time. See you later.