インヴァネス Inverness 02


(第118回)ジョージ要塞(インヴァネス、スコットランド、イギリス)
Fort George (Inverness, Scotland, the United Kingdom)

  1. Fort George

Fort Georgeジョージ要塞は、インヴァネスの北東、アーダージャー近く、ジョージ2世によって、18世紀に建てられた大きな要塞です。ジョージ要塞は、1745年のジャコバイト反乱の直後にハイランド地方を鎮圧するために建てられ、1715年のジャコバイト反乱の後に建てられたジョージ要塞に置き換えられました。実際には、現在のジョージ要塞は、一度も攻撃されることはありませんでした。ジョージ要塞は、実質的に元のままで、今なお陸軍の兵舎として用いられていますが、異なる時期におけるジョージ要塞の使用を示す展示により、現在一般公開されています。
Fort George is a large fortress built by George II in the 18th century near Ardersier to the north east of Inverness. The fortress was built to pacify the Scottish Highlands in the aftermath of the 1745 Jacobite rising and replaced a Fort George constructed after the 1715 Jacobite rising. Actually, the current fortress has never been attacked. The fortress remains virtually unaltered and nowadays is open to the public with exhibits showing the use of the fortress at different periods while still serving as army barracks.

最初のジョージ要塞は、1727年にインヴァネスに建てられました。最初のジョージ要塞は、ネス川のそばの丘の上で中世の城があった場所にある400の部隊を収容できる大きな要塞でした。最初のジョージ要塞は、1745年のジャコバイト反乱の最中にジャコバイトに占領されました。ジャコバイトは、ハノーヴァー朝に基地として用いられないようにするため、1746年にジョージ要塞を爆破しました。
The first Fort George was built in Inverness in 1727. The fortress was a large fortress capable of housing 400 troops on a hill beside the River Ness and on the site of the medieval castle. The fortress was seized by the Jacobites during the 1745 Jacobite rising. The Jacobite blew up the fortress in 1746 to prevent the Hanoverians from using the fortress as a base.

ジョージ要塞を新しい場所に再建することが、1747年に決定されました。選ばれた場所は、アーダージャーの平坦な岬の土地で、インヴァネスの約18キロメートル北東でした。要塞の場所は、マレー湾に突き出た岬であり、インヴァネスへの海上接近を管理する地点です。ジョージ要塞は、1748~1769年に建設されました。
It was decided to rebuild Fort George at a new location in 1747. The site chosen is a level spit of land at Ardersier and is about 18 kilometres northeast of Inverness. The site forms a promontory jutting into the Moray Firth and controls the sea approach to Inverness. The fortress was constructed from 1748 to 1769.

Fort George砲弾を全て吸収し要塞を視界から隠すように設計された傾斜のある草に覆われた土手を貫通する細い通路を通って、ジョージ要塞に近づいていきます。
You are approaching Fort George through a narrow passageway piercing sloping grassy banks designed to absorb artillery shells all but hide the fortress from view.

Fort GeorgeFort GeorgeFort GeorgeFort Georgeジョージ要塞の正門を防御するラヴリンの入口に着きました。
You have got to the entrance of the ravelin which defends the main entrance to Fort George.

Fort Georgeジョージ要塞は、星型の設計に基づいています。
Fort George is based on a star design.

Fort GeorgeFort GeorgeFort GeorgeFort GeorgeFort GeorgeFort Georgeラヴリンを歩きました。ラヴリンは、営倉を組み入れていて要塞主要部からは火砲に対して完全に露出している自立の防御構造です。
You have walked around the ravelin. The ravelin is a free standing defensive structure incorporating a guardhouse and completely exposed to fire from the main fortress.

Fort GeorgeFort Georgeジョージ要塞の正門へ続く木製の跳ね橋に来ました。ジョージ要塞は、重厚に守られた稜堡の間に設置された幅広い堀を渡す跳ね橋によって、守られています。堀は、これらの防壁からの砲火に完全に晒されます。
You have come to the wooden drawbridge leading to the main entrance of Fort George. The fortress is protected by the drawbridge across a wide ditch set between heavily defended bastions. The ditch forms a wide killing ground openly exposed to gunfire from these walls.

Fort GeorgeFort Georgeジョージ要塞の防御建築は、縦深防御の実例です。主たる防壁は、全ての防壁の面が他の防壁の上に置かれた大砲からの砲撃によってカバーされるように、稜堡を突き出して小面をもつ角度が付けられています。
The fortifications of Fort George form an example of defence in depth. The main walls are faceted and angled with projecting bastions so that every wall face is covered by fire from guns sited on top of other walls.

Fort GeorgeFort GeorgeFort GeorgeFort George跳ね橋と正門を通って、ジョージ要塞の中に入りました。パレードが、正門から参謀の建物まで広がっています。
You have got into the inside of Fort George through the drawbridge and the main entrance. The parade extends from the entrance to the staff buildings.

Fort Georgeジョージ要塞の前面の稜堡を、歩いていきます。
You are walking around the bastions on the front side of Fort George.

Fort George張出櫓が、縦深防御として堀を防御します。
A bartizan turret guards the ditch for defence in depth.

Fort GeorgeFort George防壁は、数ヤードの幅があり、草に覆われ、大砲の砲撃から駐屯部隊を守るために設計された地下のバンカー(壕)を形成する半円筒天井の耐爆構造物の上にあります。
The walls are many yards wide and grassed over on top of barrel vaulted casemates which form underground bunkers designed to protect the garrison from artillery fire.

Fort GeorgeFort George稜堡には、大きな臼砲があります。おそらく、この臼砲は、13インチ(330ミリメートル)の口径で、9ポンド(4.1キログラム)の黒色火薬を用いて200ポンド(91キログラム)の重さの砲弾を2900ヤード(2700メートル)まで発射することができました。
The bastions have mortars. I think this mortar has a caliber of 36 inches (330 millimetres) and could fire a shell weighing 200 pounds (91 kilograms) up to 2,900 yards (2,700 metres) using 9 pounds (4.1 kilograms) of black powder.

Fort GeorgeFort GeorgeFort George稜堡には、他の大砲もあります。おそらく、この大砲は、19世紀に製造された大砲で、6.3インチ(160ミリメートル)の口径で、64ポンド(29キログラム)の重さの砲弾を5000ヤード(4600メートル)まで発射することができました。
The bastions have also other guns. I think this gun is a RML 64 pounder 64 cwt gun manufactured in the 19th century. I think the gun has a caliber of 6.3 inches (160 millimetres) and could fire a shell weighing 64 pounds (29 kilograms) up to 5,000 yards (4,600 metres).

次回も続いて、インヴァネスを歩きます。それではまた!
You are going to walk around Inverness continuously next time. See you later.