イスタンブル Istanbul 01


(第25回)コンスタンティノープル競馬場、スルタン・アフメト・モスク、アヤソフィア(イスタンブル、トルコ)
The Hippodrome of Constantinople, the Sultan Ahmed Mosque and Hagia Sophia (Istanbul, Turkey)

  1. The Hippodrome of Constantinople
  2. The Sultan Ahmed Mosque
  3. Hagia Sophia

イスタンブルは、トルコの最大の都市であり(首都はアンカラ)、市自体の人口として世界第7位であり、最も大きなヨーロッパの都市です(人口1400万人ぐらい)。イスタンブルは、ヨーロッパとアジアの大陸の境界(の一部)であるボスポラス海峡にまたがっています。商業と歴史の中心はヨーロッパ側にあります。
Istanbul is the most populous city in Turkey (the capital city is Ankara). The city is the 7th largest city proper in the world and the largest European city (14 million people). The city straddles the Bosphorus strait on a part of the continental boundary between Europe and Asia. Its commercial and historical centre lies on the European side.

The Hippodrome of Constantinopleスルタン・アフメト地区に来ました。ここは、かつてコンスタンティノープル競馬場(ヒッポドローム)と呼ばれた野外大円形競技場(古代世界でよく親しまれた競馬や戦車競争が行われた)で、ビザンツ帝国の首都コンスタンティノープルの社会の中心でした。コンスタンティノス7世のオベリスク(写真)、トトメス3世のオベリスクや蛇の柱などが、残っています。コンスタンティノス7世のオベリスクは、第4回十字軍によって奪い去られた金メッキの青銅のプレートで、元々は覆われていました。一方、トトメス3世のオベリスクは、ほぼ3500年間、とても良好な状態で残っています。
You have got to the Sultan Ahmet district. This square used to be a circus (where horse racing and chariot racing being popular in the ancient world took place) called the Hippodrome of Constantinople. The square was the social centre of Constantinople (the capital of the Byzantine Empire). Some monuments such as the Walled Obelisk (the above photograph), the Obelisk of Thutmose and the Serpent Column have survived. The Walled Obelisk was originally covered with gilded bronze plaques sacked by Latin troops in the 4th Crusade. Meanwhile the Obelisk of Thutmose has survived nearly 3,500 years in astonishingly good condition.

The Sultan Ahmed Mosqueコンスタンティノープル競馬場からスルタン・アフメト・モスクに入ります。スルタン・アフメト・モスクは、オスマン帝国第14代スルタン(皇帝)であったアフメト1世によって1609~1616年に建てられました。スルタン・アフメト・モスクは、内部の壁を彩る青い装飾タイルから、ブルーモスクの名でも知られています。
You are going to get into the Sultan Ahmed Mosque from the Hippodrome of Constantinople. The mosque was built from 1609 to 1616 by Ahmed I (the 14th Sultan of the Ottoman Empire). The mosque is popularly known as the Blue Mosque for the blue tiles adorning the walls of its interior.

The Sultan Ahmed MosqueThe Sultan Ahmed MosqueThe Sultan Ahmed MosqueThe Sultan Ahmed Mosqueスルタン・アフメト・モスクの中庭に入りました。残念ながら、礼拝中につき内部には入れませんでした。ヨーロッパの教会と比べるとイスラム教のモスクを訪れることは簡単ではないことを学びました。壮大なドームとミナレットが、中庭から間近に見えます。
You have got into the courtyard of the Sultan Ahmed Mosque. Unfortunately I was not able to get into the inside of the mosque because of worshipping. I learnt it is not easy to visit Islamic mosques compared to European churches. You can look up the nearby magnificent domes and minarets from the courtyard.

The Sultan Ahmed MosqueThe Sultan Ahmed MosqueThe Sultan Ahmed MosqueThe Sultan Ahmed MosqueThe Sultan Ahmed Mosqueスルタン・アフメト広場から、スルタン・アフメト・モスクの雄大な姿を望むことができます。スルタン・アフメト・モスクは、6本のミナレット、5つの主ドーム、8つの副ドームをもっています。6本のミナレットはとても特徴的で、ほとんどのモスクのミナレットは、4本、2本または1本のみです。
You can see the majestic figure of the Sultan Ahmed Mosque from Sultan Ahmet Square. The mosque has 6 minarets, 5 main domes and 8 secondary domes. The 6 minarets are very unique as most mosques have 4 or 2 minarets or just 1 minaret.

Hagia SophiaHagia Sophiaスルタン・アフメト広場をアヤソフィアへ歩きます。
You are walking to Hagia Sophia through Sultan Ahmet Square.

Hagia SophiaHagia SophiaHagia Sophiaアヤソフィアは、驚くべき歴史的建築物です。アヤソフィアは、建設された537年から1453年まで、1204年から1261年までラテン帝国支配下においてカトリックの大聖堂とされていた期間を除き、正教会の大聖堂およびコンスタンティノープルの総主教座でした。その後、1453~1931年はモスクとして使用されました。ついには、アヤソフィアは、世俗化され、1935年に博物館として開館しました。巨大なドームは、ビザンティン建築の典型です。モスクに改造された後には、4本のミナレットが建てられました。このビザンツとオスマンの混合は、非常に面白いです。
Hagia Sophia is an extraordinary historic building. The building was an Orthodox cathedral and seat of the Patriarch of Constantinople from the date of its construction in 537 until 1453 except between 1204 and 1261 when the building was converted to a Catholic cathedral under the Latin Empire. And then the building was an imperial mosque from 1453 to 1931. After all the building was secularised and opened as a museum in 1935. The massive dome is the epitome of Byzantine architecture. 4 minarets were built after the building was converted to a mosque. The mix of Byzantine and Ottoman is very interesting.

スルタン・アフメト広場には、多くの観光客が訪れます。そして、観光客に話しかけてくるトルコ人もたくさんいます。多くは、トルコ名物、トルコ絨毯売りです。彼らは何ヶ国語も操ります。日本語も話せます。今は中国語を習得中でしょう。
A lot of tourists visit Sultan Ahmet Square. And also a lot of Turks speak to tourists. Many of them are Turkish carpet sellers who are a feature of Turkey. They can speak several languages. They can speak Japanese. I think they are learning Chinese now.

とは言え、さすがに流暢な日本語を話すトルコ絨毯売りは多くはありません。実際に私に話しかけてきたトルコ絨毯売りの多くは、片言の日本語だったので、私の片言の英語とミックスで会話をしました。とても流暢な日本語を話すトルコ絨毯売りもいましたが、彼は日本に住んでいたことがあると言っていました。トルコ絨毯売りは、最初から絨毯の話をするわけではありません。「日本、トルコ、トモダチ」と親しげに接近、観光のアドバイスもしてくれます。その後、「トルコ人に着いて行ったらダメ」というアドバイスもしたにもかかわらず、「実はワタシの店、近くにある」と言い出します。トルコ絨毯売りには気をつけましょう。
And yet many Turkish carpet sellers cannot speak fluent Japanese as expected. Actually many of them spoke to me with broken Japanese. We had conversations with a mix of their broken Japanese and my broken English. And yet actually I met a Turkish carpet seller spoke fluent Japanese and he said he used to live in Japan. They never talk about their products at first. They approach you friendly saying that you and Turkey are friends. They give you even tips about a Turkish tour. And then they say that actually their carpet shops are nearby even though they said that you should not follow strange Turks. Beware of Turkish carpet sellers.

次回も続いて、イスタンブルを歩きます。それではまた!
You are going to walk around Istanbul continuously next time. See you later.