ロンドン London 01


(第1回)トラファルガー広場、バッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院、ビッグ・ベン、ロンドン・アイ、サウスバンク(ロンドン、イギリス)
Trafalgar Square, Buckingham Palace, Westminster Abbey, Big Ben, the London Eye and South Bank (London, the United Kingdom)

  1. Trafalgar Square
  2. Buckingham Palace
  3. Westminster Abbey
  4. Big Ben
  5. The London Eye
  6. South Bank

ロンドンは、イギリスの首都(人口870万人)であり世界有数の大都市、世界で最も多くの来訪者が訪れる世界都市です。移民も増え続けており、数年前にはロンドンの白人のイギリス人の割合が過半数を下回りました。世界中に旧植民地があるので仕方がありません。多様性豊かな世界都市ロンドンは、世界の文化あるいは文明に大きな影響を与えています。
London is the capital city of the United Kingdom (8.7 million people) and one of the greatest cities around the world. Moreover London is the metropolis welcoming the greatest number of tourists around the world. The immigrants are increasing. The population of White British in London became less than half here several years ago. I think it cannot be helped because Great Britain has a lot of former colonies around the world. The metropolitan London has a lot of diversity and is very influential in the culture or civilisation of the world.

ロンドン周辺には、ブリトン人の点在した集落の形跡がありました。そして、ロンディニウムとして知られている最初の大きな居住地が、西暦43年のローマ人のブリテン侵攻の4年後にローマ人によってテムズ川沿いに創建されました。ロンディニウムは、西暦61年にブーディカが率いるイケニ族により焼き討ちされました。次のロンディニウムは、繁栄し、西暦100年にローマ属州ブリタンニアの首都になりました。ローマ人は、西暦180~225年の間のいつかの時点にロンディニウムの陸側の周りに防御のためのロンドン・ウォールを建てました。ロンドン・ウォールは、およそ3キロメートルの長さがありました。ロンドン・ウォールは、中世後期までシティ・オブ・ロンドンの境界でした。ブリタンニアのローマ支配は410年に終焉を迎え、ロンディニウムは5世紀末までに実質的に放棄されました。
There is evidence of scattered settlements of the Britons in the area around London. And then the first major settlement known as Londinium was founded on the River Thames by the Romans about 4 years after the Roman conquest of Britain in AD 43. The settlement was burnt by the Iceni tribe led by Queen Boudica in AD 61. The next incarnation of Londinium prospered and became the capital of the Roman province of Britannia in 100. The Romans built the defensive London Wall around the landward side of the settlement at some time between AD 180 and AD 225. The wall was about 3 kilometres long. The wall defined the boundaries of the City of London until the later medieval times. The Roman occupation of Britannia came to an end in 410 and the settlement was practically abandoned by the end of the 5th century.

ルンデンヴィックとして知られているアングロ・サクソン人の居住地は、500年頃からロンディニウムのわずか西に発展しました。ヴァイキングが9世紀にイングランド中に猛威を振るいましたが、ウェセックス王国のアルフレッド大王が886年にロンドンを再建しました。考古学調査によると、ルンデンヴィックは放棄され古いローマ市壁内の居住が再開されました。ロンドンは、11世紀までにイングランドで最も大きな都市になりました。ウェストミンスター寺院が、1042~1060年にエドワード懺悔王によってロマネスク様式で建てられました。
The Anglo-Saxon settlement known as Lundenwic developed slightly west of Londinium from around 500. Viking rampaged across England in the 9th century but King Alfred the Great of Wessex rebuilt London in 886. Archaeological research shows that this involved abandonment of Lundenwic and a revival of a settlement within the old Roman walls. The city became the largest city in England by the 11th century. Westminster Abbey was built in the Romanesque style by King Edward the Confessor from 1042 to 1060.

征服王ウィリアム1世は、ヘイスティングズの戦いの勝利に続き、1066年のクリスマスの日にウェストミンスター寺院でイングランド王に戴冠しました。征服王ウィリアム1世は、1078年にロンドン塔をロンドンの南東に建設しました。ロンドン塔は、石造りで建てられたイングランドの数多くのノルマンの城の最初のものでした。ウィリアム2世は、1097年にウェストミンスター・ホールを建てました。ウェストミンスター・ホールは、ウェストミンスター宮殿の基礎となりました。それまで国中を移動していた宮廷に同伴していた中央政府の各機関は、12世紀に次第に一箇所に固定化しました。ウェストミンスターは、政府がある首都として発展しました。一方、シティ・オブ・ロンドンは、イングランド第一の商業の中心であり続けました。
William the Conqueror was crowned King of England in Westminster Abbey on Christmas Day 1066 following winning the Battle of Hastings. He constructed the Tower of London in the southeastern corner of the city in 1078. The tower was the first of the many Norman castles in England to be rebuilt in stone. William II built Westminster Hall in 1097. The hall became the basis of the Palace of Westminster. The institutions of central government which had accompanied the royal English court moving around the country became increasingly fixed in one place in the 12th century. The City of Westminster developed into a true capital in governmental terms. Meanwhile he City of London remained principal commercial centre in England.

重商主義が16世紀に進展し、イギリス東インド会社のような勅許会社が設立されました。ロンドンは北海における第一の港になりました。
Mercantilism grew in the 16th century and monopoly trading companies such as the East India Company were established. London became the principal North Sea port.

不衛生で人口過剰のロンドンは、数世紀に渡り何度もペストの流行に苦しみました。14世紀の黒死病は、世界中と同様にロンドンの多くの人々を死に至らせました。ロンドンのペスト大流行が、1665~1666年に起こり、イングランドにおける最後のペストの大流行になりました。
The unsanitary and overcrowded city of London suffered from outbreaks of the plague many times over the centuries. The Black Death in the 14th century killed many people in the city as well as all over the world. The Great Plague of London occurred from 1665 to 1666 and was the last major outbreak in England.

ロンドン大火が、1666年に起こりました。火事は、古いローマ市壁内の中世のシティ・オブ・ロンドンを破壊しました。火事は、貴族の住むウェストミンスターを脅かしましたが届きませんでした。また、ロンドンは、第1次世界大戦と第2次世界大戦の間、ドイツによる空爆を受けました。最も激しい空爆は、1940~1941年のザ・ブリッツ(ドイツ語で「稲妻」)でした。1940年12月の空襲は、第2次ロンドン大火と知られています。ロンドンは、深刻な損傷と大量の死傷者を被りました。
The Great Fire of London broke out in 1666. The fire gutted the medieval City of London inside the old Roman walls. The fire threatened but did not reach the aristocratic district of Westminster. And also the city was bombed by the Germans during World War I and during World War II. The heaviest bombing took place during the Blitz (lightning in German) from 1940 to 1941. One raid in December 1940 was known as the Second Great Fire of London. The city suffered severe damage and heavy casualties.

ロンドンは、1831年頃~1925年には世界で最も大きな都市でした。1836年に開通した最初の鉄道に続き、世界で最初の都市鉄道網が作られました。ロンドン地下鉄の最初の区間は、1863年に開通しました。
London was the largest city in the world from about 1831 to 1925. The first local urban railway network in the world was created following the first railway in the city which opened in 1836. The first line of the London Underground opened in 1863.

ロンドンは、1908年、1948年、2012年に、夏のオリンピックを開催しました。ロンドンは、近代オリンピックを3回開催した最初の都市になりました。
London hosted the Summer Olympics in 1908, in 1948 and in 2012. The city became the first city to host the modern Olympics 3 times.

LondonLondonSt Paul's CathedralLondonヨーロッパは地震が少なく、石造りやレンガ造りの建物が多いです。ロンドンの場合は、1666年のロンドン大火の後に家屋の木造建築が禁止された経緯もあります。白を基調としたロンドンのクラシックな街並みは、とても魅力的です。
Most of buildings are made of stone and bricks in Europe because there are few earthquakes. Particularly in London wood buildings were forbidden after the Great Fire of London in 1666. The classical townscape of London based around the colour white is very attractive.

ロンドンの気候は、やはり寒いですが、高緯度の割には穏やかです。ロンドンは雨が多いと言われますが、実は降水量はそれほど多いわけではありません。天気が変わりやすいので、雨はよく降るし、すぐに止みます。どんより曇り空は多いです。
The climate in London is actually cold but is relatively mild even though the city is in high latitudes. A lot of people believe it rains so much but actually it does not rain so much. The weather is very changeable so it rains frequently and stops immediately. And yet it is often dull and cloudy honestly.

ロンドンの見所は大変多く、とても1日では足りませんが、この記事では一筆書きに回っていきます。
There are a lot of sights to be seen in London so that you must stay several days here. And yet in this post I would like to take you to a tour with a single stroke.

Trafalgar Square「ロンドンのへそ」トラガルファー広場です。ロンドンの郵便番号は、東、西、南、北および中央などを表す文字で構成されていますが、その中心がトラファルガー広場です。トラファルガー広場は、トラファルガー海戦(フランスおよびスペインを相手にしたナポレオン戦争におけるホレーショ・ネルソン提督による1805年のイギリス海軍の勝利)の戦勝記念広場です。トラファルガー広場は、1844年に一般公開されました。ナショナルギャラリーが、広場の奥に立っています。ナショナルギャラリーは、1832~1838年に建てられました。
Trafalgar Square is the very centre of London (the navel of London in Japanese style expression). The postcodes in London are figured with combination of numbers and such letters as E, W, S, N and C standing for directions or areas. The centre of the postcode configuration is set at the square. The name of the square commemorates the Battle of Trafalgar (a British naval victory of the Napoleonic Wars over France and Spain in 1805 by Admiral Horatio Nelson). The square was opened to the public in 1844. The National Gallery stands at the back of the square. The gallery was built from 1832 to 1838.

Nelson's Columnネルソン記念柱が、トラガルファー広場に立っています。ホレーショ・ネルソン提督は、世界三大提督に数えられています。ネルソン提督は、トラガルファー海戦で戦死しました。ネルソン記念柱は、1840~1843年に建てられました。ネルソン記念柱は52メートルの高さがあり、天辺の像は5.5メートルの高さがあります。
Nelson’s Column stands in Trafalgar Square. Admiral Horatio Nelson has been regarded as one of the 3 greatest admirals in the world. He fell in the Battle of Trafalgar. The column was constructed from 1840 to 1843. The column is 52 metres tall and the statue at the top is 5.5 meters tall.

Admiralty ArchThe Mallトラファルガー広場から西へ、海軍門を抜けて、セント・ジェームズ・パークを左手に、ザ・マルというバッキンガム宮殿へ続く一直線の道を歩きます。ザ・マルは、バッキンガム宮殿へのレッドカーペットです。ザ・マルは、ロンドン・オリンピックのマラソンをはじめとするロードレースのスタートおよびゴール地点になりました。
You have passed through Admiralty Arch and are walking towards the west along a straight road leading to Buckingham Palace called the Mall while seeing St. James’s Park on the left side. The surface of the street is coloured red as a giant red carpet leading up to the palace. The street was used to be a starting and finish line of road races such as marathon races at the 2012 London Olympic Games.

Victoria Memorialヴィクトリア記念碑が、ザ・マルの終端およびバッキンガム宮殿正面にあります。ヴィクトリア女王は、1837~1901年まで大英帝国の女王でした。ヴィクトリア記念碑は、1911年に除幕されました。ローマの女神ウィクトーリアあるいはヴィクトリア(ギリシア神話の女神ニーケーに相当)を表す金色の銅像が、中央の塔の上に立っています。王位についたヴィクトリア女王(ザ・マルを向いている)、母性(バッキンガム宮殿を向いている)、正義、真実の大理石の像が、女神ウィクトーリアの下にあります。ヴィクトリア記念碑は、25メートルの高さです。
The Victoria Memorial is placed at the end of the Mall and in front of Buckingham Palace. Queen Victoria was Queen of the British Empire from 1837 until 1901. The memorial was unveiled in 1911. A gilded bronze representing the Roman goddess Victoria (equivalent of the Greek goddess Nike) stands on the top of the central pylon. Marble statues of an enthroned Queen Victoria (facing The Mall), Motherhood (facing Buckingham Palace), Justice and Truth sit below the goddess. The monument is nearly 25 metres.

Buckingham Palaceバッキンガム宮殿は、イギリス君主のロンドンの住まいであり第一の執務の場です。バッキンガム宮殿は、質実剛健です。華やかさがないので、世界三大ガッカリ観光地に数えられることもあります。
Buckingham Palace is the London residence and principal workplace of the monarch of the United Kingdom. The palace is simple and sturdy. Someone says the palace is one of the 3 most disappointing sightseeing spots in the world since the palace is not splendid.

Buckingham Palaceバッキンガム宮殿の建築の中核を構成する邸宅は、1703年にバッキンガム公のために建てられ、バッキンガム・ハウスとして知られました。バッキンガム・ハウスは、1761年にジョージ3世に売却されました。バッキンガム・ハウスは、元々は王妃の私邸として意図され、したがってクイーンズ・ハウスとして知られました。ジョージ4世は、1826年にクイーンズ・ハウスを新古典主義様式の宮殿に改修することを決め、ウィリアム4世が、建設を完了させました。バッキンガム宮殿は、1837年のヴィクトリア女王の即位の際にイギリス君主のロンドンの住まいになりました。
The townhouse which forms the architectural core of Buckingham Palace was built for the Duke of Buckingham in 1703 and was known as Buckingham House. The building was sold to George III in 1761. The building was originally intended as a private residence for his queen and was accordingly known as the Queen’s House. George IV decided to modify the building into a palace in the Neoclassical style in 1826 and William IV completed the construction. The building became the London residence of the monarch of the United Kingdom on the accession of Queen Victoria in 1837.

Buckingham Palaceザ・マルに面するバッキンガム宮殿の大きな東正面は、1847~1850年に建てられ、1913年に現在の形に改修されました。東正面は、今日においてバッキンガム宮殿の一般公衆への顔であり、伝統的に王族が群衆に挨拶をするために集まるバルコニーがあります。
The large east front of Buckingham Palace facing the Mall was built from 1847 to 1850 and was remodelled to its present form in 1913. The east front is today the public face of the palace and contains the balcony on which the royal family traditionally congregates to greet crowds.

The Guard at Buckingham Palace衛兵は、よく訓練されています。ニコリとも笑いません。
The British Royal Guards are trained well. They never smile.

The Changing of the Guard at Buckingham PalaceThe Changing of the Guard at Buckingham Palaceバッキンガム宮殿の衛兵交代式は、4月~7月末までは毎日、残りの日は2日に1度、午前中に行われます。多くの観光客が訪れます。
The Changing of the Guard at Buckingham Palace takes place daily in the morning from April until the end of July and on alternate days for the rest of the year. A lot of tourists visit there to see this ceremony.

Buckingham Palaceバッキンガム宮殿の公式諸間は、1993年以降、夏の間(7月末~9月末)および通年の決められた日に一般公開されています。元々は、入場料で得られるお金は、1992年の火事がウィンザー城の公式諸間の多くを荒廃させた後、ウィンザー城の再建に回されました。バッキンガム宮殿庭園は、普段は一般公開されていませんが、バッキンガム宮殿ツアーの最後の出口となっています。
The state rooms of Buckingham Palace have been open to the public during summer season (from the end of July to the end of September) and on selected dates throughout the year since 1993. Originally the money raised in entry fees was put towards the rebuilding of Windsor Castle after the 1992 fire devastated many of its state rooms. Buckingham Palace Garden is not usually open to the public but forms the exit from the palace at the end of the tour.

Westminster Abbeyウェストミンスター寺院(ウェストミンスターの聖ペトロの参事会教会)は、イングランド国教会に属し、イギリスで最も重要な教会の一つです。ウェストミンスター寺院は、イングランドと後にイギリスの君主の戴冠と埋葬の伝統的な場でもあります。なお、近くにあるウェストミンスター大聖堂は、イングランド国教会ではなくカトリック教会です。
Westminster Abbey (the Collegiate Church of St. Peter at Westminster) belongs to the Church of England and is one of the most notable churches in the United Kingdom. The abbey has been the traditional place of coronation and burial site for English and later British monarchs. for English and British monarchs. For your information, Westminster Cathedral (located near here) does not belong to the Church of England but the Catholic Church.

Westminster Abbeyウェストミンスター寺院の記録に残る起源は、ベネディクト会修道士の集まりが置かれた960年頃にさかのぼります。エドワード懺悔王は、1042~1060年にロマネスク様式でウェストミンスター寺院を建て直しました。征服王ウィリアム1世は、ヘイスティングズの戦いの勝利に続き、1066年のクリスマスの日にウェストミンスター寺院でイングランド王に戴冠しました。現在のゴシック様式の教会の建設は、1245年にヘンリー3世によって始められ、1517年に完了しました。ウェストミンスター寺院の西側の2つの塔は、1772〜1745年にゴシック・リヴァイヴァル様式で建てられました。さらに、再建と修復が、19世紀に行われました。
The recorded origin of Westminster Abbey dates to around 960 when a community of Benedictine monks was installed on the site. King Edward the Confessor rebuilt the abbey in the Romanesque style from 1042 to 1060. William the Conqueror was crowned King of England in the abbey on Christmas Day 1066 following winning the Battle of Hastings. The construction of the present Gothic church was begun by Henry III in 1245 and was finished in 1517. The 2 western towers of the abbey were built from 1722 to 1745 in the Gothic Revival style. Further rebuilding and restoration occurred in the 19th century.

Westminster Abbeyウェストミンスター寺院の内部見学のための長蛇の列が、連日(平日さえも)できています。
There is a very long queue to see the inside of Westminster Abbey everyday (even on weekdays).

The Houses of Parliamentウェストミンスター寺院の隣には、国会議事堂があります。国会議事堂は、ウェストミンスター宮殿とも呼ばれます。
The Houses of Parliament is located next to Westminster Abbey. The parliament is also called the Palace of Westminster.

The Houses of Parliamentテムズ川河畔のウェストミンスター宮殿の場所は、中世を通して戦略上の要衝でした。現存するウェストミンスター宮殿の最古の部分は、ウェストミンスター・ホールであり、1097年にウィリアム2世によって建てられました。それまで国中を移動していた宮廷に同伴していた中央政府の各機関は、12世紀に次第に一箇所に固定化しました。ウェストミンスターは、政府がある首都として発展しました。
The site of the Palace of Westminster on the banks of the River Thames was strategically important during the medieval times. The oldest existing part of the palace is Westminster Hall and was built by William II in 1097. The institutions of central government which had accompanied the royal English court moving around the country became increasingly fixed in one place in the 12th century. The City of Westminster developed into a true capital in governmental terms.

ウェストミンスター宮殿の王室の住まいの部分は、1512年に火事で破壊されました。ヘンリー8世は、1530年にトマス・ウルジー枢機卿から権力を剥奪した後、枢機卿からヨーク・プレイスと呼ばれた大邸宅を得ました。ヘンリー8世は、ヨーク・プレイスを主な住まいとしました。このようにして、ウェストミンスター宮殿は、公式には王室の宮殿であり続けましたが、議会の両議院と様々な王立の法廷によって用いられました。
The royal residential part of the Palace of Westminster was destroyed by fire in 1512. Henry VIII acquired a great house called York Place from Cardinal Thomas Wolsey after he removed the cardinal from power in 1530. He used the house as his principal residence. Thus the palace was used by the 2 Houses of Parliament and by the various royal law courts though the palace officially remained a royal palace.

イギリスでは、人々は10月末のハロウィンの祭りにはあまり興味がなく(だってアメリカ文化だから)、11月5日のガイ・フォークス・ナイト(またはガイ・フォークス・デイおよびボンファイアナイト)で盛り上がります。これは、1605年の11月5日に火薬陰謀事件が防がれたことを記念するものです。火薬陰謀事件は、ガイ・フォークスと共犯者達による国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)を爆破してジェームズ1世(スコットランド王ジェームズ6世)を暗殺しようとするものでした。イギリス中で、花火が上がり、ガイ・フォークスの人形を燃やすかがり火が焚かれます。一方、ガイ・フォークスは20世紀頃にはポストモダン無政府主義のアイコンとなり、国際インターネットハッキング集団アノニマスのメンバーはガイ・フォークスの顔を模した仮面を使用しています。
British people do not do merrymaking for Halloween at the end of October so much (because the boisterous Halloween is American) but for Guy Fawkes Night (also known as Guy Fawkes Day, Bonfire Night and Firework Night) on 5 November. This is an annual commemoration for the failure of the Gunpowder Plot on 5 November 1605. That was a plot to attempt to assassinate James I (James VI of Scotland) by exploding the Houses of Parliament (the Palace of Westminster) by Guy Fawkes and accomplices. There are a lot of firework displays and bonfires burning effigies of Guy Fawkes around the United Kingdom. Meanwhile Guy Fawkes became a major icon for postmodern anarchism in the 20th century and then members of Anonymous (a loosely associated international network of activist and hacktivist entities) use masks stylised depiction of Guy Fawkes.

国会議事堂は、1834年に再び火事によって破壊されました。建物は、1840~1876年にゴシック・リヴァイヴァル様式で再建されました。
The Houses of Parliament was destroyed by fire again in 1834. The buildings were rebuilt in the Gothic Revival style from 1840 to 1876.

Big Ben国会議事堂の北の端にある1859年に完成した時計塔の巨大な鐘は、ビッグ・ベンとしてよく知られています。ビッグ・ベンの名前は、通例、時計と時計塔の両方を指すようになっています。時計塔の正式な名前、元々「時計塔」でしたが、エリザベス2世の60年祝典を記念して2012年にエリザベス・タワーに改名されました。ビッグ・ベンは、イギリスの最も有名な象徴の一つです。ビッグ・ベンは、96.3メートルの高さがあります。ビッグ・ベンはわずかに傾き続けており数千年後に倒壊の恐れがあると、2011年にニュースになりました。
The Great Bell of the clock tower completed in 1859 at the north end of the Houses of Parliament is well known as Big Ben. The nickname is usually extended to refer to both the clock and the clock tower. The official name of the clock tower was originally the Clock Tower but was renamed Elizabeth Tower in 2012 to mark the Diamond Jubilee of Elizabeth II. The clock tower are one of the most prominent symbols of the United Kingdom. The clock tower is 96.3 metres tall. It was reported in 2011 that the clock tower is leaning to one side slightly and may eventually become unstable in thousands of years.

Horse GuardsHorse GuardsHorse Guards国会議事堂広場とトラファルガー広場の間の通りは、ホワイトホールと呼ばれています。ホワイトホールは、イギリスの行政の中心地とされ、国防省や内閣府をはじめとする官公庁が並んでいます。ホワイトホールの名前は、ホワイトホール宮殿から取られました。ホワイトホール宮殿は、1530年(ヘンリー8世が宮殿を取得)~1698年(宮殿が火事で焼失)にかけて、イングランド君主の主たる住まいでした。ホースガーズ(近衛騎兵詰所)が、ホワイトホール宮殿への入口があった場所に立っています。ホースガーズは、1750~1759年に建てられました。
The street between Parliament Square and Trafalgar Square is called Whitehall. The street is recognised as the centre of the government of the United Kingdom and is lined with government offices including the Ministry of Defence and the Cabinet Office. The name of the street was taken from the Palace of Whitehall. The palace was the main residence of the English monarchs from 1530 (when it was acquired by Henry VIII) until 1698 (when it was destroyed by fire). Horse Guards stands on the site of the entrance to the palace. The building was built from 1750 to 1759.

The Changing of the Guard at Horse Guards Paradeホースガーズ観兵場の衛兵交代式は、毎日行われています。バッキンガム宮殿の衛兵交代式よりも見学が容易なので、ロンドン・ツアーの計画に重宝します。何度もお世話になりました。
The Changing of the Guard at Horse Guards Parade takes place daily. It is easier to see the ceremony than that at Buckingham Palace so the ceremony is helpful to plan London tour. Actually the ceremony helped me a lot.

The London Eyeロンドン・アイは、世界有数の大きな観覧車で、テムズ川の南岸に立っています。ロンドン・アイは、135メートルの高さがあり、120メートルの直径があります。ロンドン・アイは、公式には1999年12月31日に開業し、2000年3月に一般向けに開業しました。
The London Eye is one of the greatest Ferris wheels in the world and stands on the south bank of the River Thames. The structure is 135 metres tall and has a diameter of 120 metres. The wheel was formally opened on 31 December 1999 and was opened to the public in March 2000.

The London EyeThe London Eyeロンドン・アイは、夜になると点灯され、まるで宝石指輪のようです。
The London Eye is illuminated at night and looks just like a jeweled ring.

Southbank Centre Christmas Marketロンドン・アイが立つテムズ川の川岸の細長い一帯は、サウスバンクと呼ばれています。サウスバンクは、華やかなクリスマス・マーケットで有名です。サウスバンクのクリスマス・マーケットは、ロンドンの他の常設(毎日または毎週)のマーケットと比べて、より商業的に組織されたマーケットです。
The area where the London Eye stands and which forms a narrow strip of riverside land of the River Thames is called South Bank. The area is famous for the brilliant Christmas Market. The market is organised more commercially than other permanent (daily or weekly) markets in London.

次回も続いて、ロンドンを歩きます。それではまた!
You are going to walk around London continuously next time. See you later.