ロンドン London 04


(第153回)セント・ジェームズ・パーク、ウェストミンスター寺院、ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)、ホースガーズ(ロンドン、イギリス)
St. James’s Park, Westminster Abbey, the Houses of Parliament (the Palace of Westminster) and Horse Guards (London, the United Kingdom)

  1. St. James’s Park
  2. Westminster Abbey
  3. The Houses of Parliament
  4. Horse Guards

ダイジェストとしてLondon 01London 02もご覧ください。
You can also see London 01 and London 02 for a digest.

St. James’s Parkセント・ジェームズ・パークは、西にバッキンガム宮殿、北にザ・マル、東にホースガーズに、境を接しています。セント・ジェームズ・パークは、セント・ジェームズ地域(聖ヤコブ(アルファイの子のヤコブ)に捧げられたハンセン病の病院にちなんで名付けられた)の南端に広がっています。セント・ジェームズ・パークは、西へグリーンパーク、ハイド・パーク、ケンジントン・ガーデンズと続く一連の公園群の最も東にあります。
St. James’s Park is bounded by Buckingham Palace to the west, the Mall to the north, Horse Guards to the east. The park lies at the southernmost tip of the St. James’s area (which was named after a leper hospital dedicated to St. James the Less). The park is the most easterly of a continuous chain of parks that also includes (moving westward) Green Park, Hyde Park and Kensington Gardens.

St. James’s ParkSt. James’s ParkSt. James’s Parkセント・ジェームズ・パークには、2つの島があるセント・ジェームズ湖と呼ばれる小さな湖があります。1664年にロシアの大使からチャールズ2世にペリカンが贈られて以来、ペリカンの群生地がセント・ジェームズ・パークの特色になっています。セント・ジェームズ・パークは、自然にあふれています。
St. James’s Park has a small lake called St. James’s Park Lake with 2 islands. A resident colony of pelicans has been a feature of the park since pelicans were donated by a Russian ambassador to Charles II in 1664. The park is full of nature.

Westminster Abbeyウェストミンスター寺院(ウェストミンスターの聖ペトロの参事会教会)は、イングランド国教会に属し、イギリスで最も重要な教会の一つです。ウェストミンスター寺院は、イングランドと後にイギリスの君主の戴冠と埋葬の伝統的な場でもあります。なお、近くにあるウェストミンスター大聖堂は、イングランド国教会ではなくカトリック教会です。
Westminster Abbey (the Collegiate Church of St. Peter at Westminster) belongs to the Church of England and is one of the most notable churches in the United Kingdom. The abbey has been the traditional place of coronation and burial site for English and later British monarchs. for English and British monarchs. For your information, Westminster Cathedral (located near here) does not belong to the Church of England but the Catholic Church.

Westminster AbbeyWestminster Abbeyウェストミンスター寺院の記録に残る起源は、ベネディクト会修道士の集まりが置かれた960年頃にさかのぼります。エドワード懺悔王は、1042~1060年にロマネスク様式でウェストミンスター寺院を建て直しました。征服王ウィリアム1世は、ヘイスティングズの戦いの勝利に続き、1066年のクリスマスの日にウェストミンスター寺院でイングランド王に戴冠しました。現在のゴシック様式の教会の建設は、1245年にヘンリー3世によって始められ、1517年に完了しました。ウェストミンスター寺院の西側の2つの塔は、1772~1745年にゴシック・リヴァイヴァル様式で建てられました。さらに、再建と修復が、19世紀に行われました。
The recorded origin of Westminster Abbey dates to around 960 when a community of Benedictine monks was installed on the site. King Edward the Confessor rebuilt the abbey in the Romanesque style from 1042 to 1060. William the Conqueror was crowned King of England in the abbey on Christmas Day 1066 following winning the Battle of Hastings. The construction of the present Gothic church was begun by Henry III in 1245 and was finished in 1517. The 2 western towers of the abbey were built from 1722 to 1745 in the Gothic Revival style. Further rebuilding and restoration occurred in the 19th century.

Westminster Abbeyウェストミンスター寺院の内部見学のための長蛇の列が、連日(平日さえも)できています。
There is a very long queue to see the inside of Westminster Abbey everyday (even on weekdays).

Westminster Abbey撮影が禁止されているウェストミンスター寺院の内部の後、回廊に出ました。
You have come to the cloister following the inside of Westminster Abbey where photography is prohibited.

Westminster Abbey参事会会議場は、1245頃~1253年にヘンリー3世の下で建てられ、1872年に修復されました。入口には、回廊から入ります。
The chapter house was built under Henry III from about 1245 to 1253 and was restored in 1872. The chapter house has an octagonal shape. The entrance is approached from the cloister.

Westminster AbbeyWestminster Abbey参事会会議場は、元々は、13世紀に日々の会合のためにベネディクト会修道士によって用いられ、また、議会が14世紀に招集された場所でした。参事会会議場は、八角形をしています。参事会会議場には、パリのサント・シャペルとほぼ同時代の美しいステンドグラス窓があります。
The chapter house was originally used by Benedictine monks for daily meetings in the 13th century and then was also the place where Parliament met in the 14th century. The chapter house has an octagonal shape. The chapter house has fine stained glass windows which are virtually contemporary with the Sainte-Chapelle in Paris.

Westminster AbbeyWestminster AbbeyWestminster AbbeyWestminster AbbeyWestminster Abbey回廊と寺院庭園を歩いていきます。
You are walking around the cloister and the abbey gardens.

The Houses of Parliamentウェストミンスター寺院の隣には、国会議事堂があります。国会議事堂は、ウェストミンスター宮殿とも呼ばれます。
The Houses of Parliament is located next to Westminster Abbey. The parliament is also called the Palace of Westminster.

The Houses of Parliamentテムズ川河畔のウェストミンスター宮殿の場所は、中世を通して戦略上の要衝でした。現存するウェストミンスター宮殿の最古の部分は、ウェストミンスター・ホールであり、1097年にウィリアム2世によって建てられました。それまで国中を移動していた宮廷に同伴していた中央政府の各機関は、12世紀に次第に一箇所に固定化しました。ウェストミンスターは、政府がある首都として発展しました。
The site of the Palace of Westminster on the banks of the River Thames was strategically important during the medieval times. The oldest existing part of the palace is Westminster Hall and was built by William II in 1097. The institutions of central government which had accompanied the royal English court moving around the country became increasingly fixed in one place in the 12th century. The City of Westminster developed into a true capital in governmental terms.

The Houses of Parliamentウェストミンスター宮殿の王室の住まいの部分は、1512年に火事で破壊されました。ヘンリー8世は、1530年にトマス・ウルジー枢機卿から権力を剥奪した後、枢機卿からヨーク・プレイスと呼ばれた大邸宅を得ました。ヘンリー8世は、ヨーク・プレイスを主な住まいとしました。このようにして、ウェストミンスター宮殿は、公式には王室の宮殿であり続けましたが、議会の両議院と様々な王立の法廷によって用いられました。
The royal residential part of the Palace of Westminster was destroyed by fire in 1512. Henry VIII acquired a great house called York Place from Cardinal Thomas Wolsey after he removed the cardinal from power in 1530. He used the house as his principal residence. Thus the palace was used by the 2 Houses of Parliament and by the various royal law courts though the palace officially remained a royal palace.

Guy Fawkesイギリスでは、人々は10月末のハロウィンの祭りにはあまり興味がなく(だってアメリカ文化だから)、11月5日のガイ・フォークス・ナイト(またはガイ・フォークス・デイおよびボンファイアナイト)で盛り上がります。これは、1605年の11月5日に火薬陰謀事件が防がれたことを記念するものです。火薬陰謀事件は、ガイ・フォークスと共犯者達による国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)を爆破してジェームズ1世(スコットランド王ジェームズ6世)を暗殺しようとするものでした。イギリス中で、花火が上がり、ガイ・フォークスの人形を燃やすかがり火が焚かれます。一方、ガイ・フォークスは20世紀頃にはポストモダン無政府主義のアイコンとなり、国際インターネットハッキング集団アノニマスのメンバーはガイ・フォークスの顔を模した仮面を使用しています。
British people do not do merrymaking for Halloween at the end of October so much (because the boisterous Halloween is American) but for Guy Fawkes Night (also known as Guy Fawkes Day, Bonfire Night and Firework Night) on 5 November. This is an annual commemoration for the failure of the Gunpowder Plot on 5 November 1605. That was a plot to attempt to assassinate James I (James VI of Scotland) by exploding the Houses of Parliament (the Palace of Westminster) by Guy Fawkes and accomplices. There are a lot of firework displays and bonfires burning effigies of Guy Fawkes around the United Kingdom. Meanwhile Guy Fawkes became a major icon for postmodern anarchism in the 20th century and then members of Anonymous (a loosely associated international network of activist and hacktivist entities) use masks stylised depiction of Guy Fawkes.

The Houses of Parliament国会議事堂は、1834年に再び火事によって破壊されました。建物は、1840~1876年にゴシック・リヴァイヴァル様式で再建されました。
The Houses of Parliament was destroyed by fire again in 1834. The buildings were rebuilt in the Gothic Revival style from 1840 to 1876.

Big Ben国会議事堂の北の端にある1859年に完成した時計塔の巨大な鐘は、ビッグ・ベンとしてよく知られています。ビッグ・ベンの名前は、通例、時計と時計塔の両方を指すようになっています。時計塔の正式な名前、元々「時計塔」でしたが、エリザベス2世の60年祝典を記念して2012年にエリザベス・タワーに改名されました。ビッグ・ベンは、イギリスの最も有名な象徴の一つです。ビッグ・ベンは、96.3メートルの高さがあります。ビッグ・ベンはわずかに傾き続けており数千年後に倒壊の恐れがあると、2011年にニュースになりました。
The Great Bell of the clock tower completed in 1859 at the north end of the Houses of Parliament is well known as Big Ben. The nickname is usually extended to refer to both the clock and the clock tower. The official name of the clock tower was originally the Clock Tower but was renamed Elizabeth Tower in 2012 to mark the Diamond Jubilee of Elizabeth II. The clock tower is one of the most prominent symbols of the United Kingdom. The clock tower is 96.3 metres tall. It was reported in 2011 that the clock tower is leaning to one side slightly and may eventually become unstable in thousands of years.

The Houses of Parliamentオリバー・クロムウェルの銅像が、国会議事堂の外に立っています。
A bronze statue of Oliver Cromwell stands outside the Houses of Parliament.

The Houses of ParliamentThe Houses of Parliament獅子心王リチャード1世の騎馬像が、国会議事堂の外に立っています。
An equestrian statue of Richard the Lionheart stands outside the Houses of Parliament.

The Houses of ParliamentThe Houses of Parliamentヴィクトリア・タワーが、国会議事堂の南の端に立っています。ヴィクトリア・タワーは、1860年に完成しました。ヴィクトリア・タワーは、98.5メートルの高さで、より有名なエリザベス・タワー(ビッグ・ベン)よりもわずかに高いです。
The Victoria Tower stands at the south end of the the Houses of Parliament. The tower was completed in 1860. The tower is 98.5 metres tall and is slightly taller than the more famous Elizabeth Tower (Big Ben).

Horse GuardsHorse GuardsHorse Guards国会議事堂広場とトラファルガー広場の間の通りは、ホワイトホールと呼ばれています。ホワイトホールは、イギリスの行政の中心地とされ、国防省や内閣府をはじめとする官公庁が並んでいます。ホワイトホールの名前は、ホワイトホール宮殿から取られました。ホワイトホール宮殿は、1530年(ヘンリー8世が宮殿を取得)~1698年(宮殿が火事で焼失)にかけて、イングランド君主の主たる住まいでした。ホースガーズ(近衛騎兵詰所)が、ホワイトホール宮殿への入口があった場所に立っています。ホースガーズは、1750~1759年に建てられました。
The street between Parliament Square and Trafalgar Square is called Whitehall. The street is recognised as the centre of the government of the United Kingdom and is lined with government offices including the Ministry of Defence and the Cabinet Office. The name of the street was taken from the Palace of Whitehall. The palace was the main residence of the English monarchs from 1530 (when it was acquired by Henry VIII) until 1698 (when it was destroyed by fire). Horse Guards stands on the site of the entrance to the palace. The building was built from 1750 to 1759.

The Changing of the Guard at Horse Guards ParadeThe Changing of the Guard at Horse Guards ParadeThe Changing of the Guard at Horse Guards ParadeThe Changing of the Guard at Horse Guards ParadeThe Changing of the Guard at Horse Guards ParadeThe Changing of the Guard at Horse Guards ParadeThe Changing of the Guard at Horse Guards Paradeホースガーズ観兵場の衛兵交代式は、毎日行われています。バッキンガム宮殿の衛兵交代式よりも見学が容易なので、ロンドン・ツアーの計画に重宝します。何度もお世話になりました。
The Changing of the Guard at Horse Guards Parade takes place daily. It is easier to see the ceremony than that at Buckingham Palace so the ceremony is helpful to plan London tour. Actually the ceremony helped me a lot.

次回も続いて、ロンドンを歩きます。それではまた!
You are going to walk around London continuously next time. See you later.