ロンドン London 06


(第155回)ブラックフライアーズ橋、テート・モダン、サザーク橋、ザ・シャード、ロンドン橋、ベルファスト号、シティ・ホール、サザーク大聖堂、ゴールデン・ハインド号、バラ・マーケット(ロンドン、イギリス)
Blackfriars Bridge, Tate Modern, Southwark Bridge, the Shard, London Bridge, HMS Belfast, City Hall, Southwark Cathedral, Golden Hind and Borough Market (London, the United Kingdom)

  1. Blackfriars Bridge
  2. Tate Modern
  3. Southwark Bridge
  4. The Shard
  5. London Bridge
  6. HMS Belfast
  7. City Hall
  8. Southwark Cathedral
  9. Golden Hind
  10. Borough Market

ダイジェストとしてLondon 01London 02もご覧ください。
You can also see London 01 and London 02 for a digest.

水上バスに乗り、テムズ川をサウスバンクから東へ向かいます。テムズ川の水上バスは、ロンドンからグリニッジまでを結ぶ定期便だけではなく、複数の会社が運航している観光用クルーズがあります。
You have got on a waterbus on the River Thames at South Bank towards the east. There are many sightseeing tours in tourist boats as well as regular riverboats between London and Greenwich.

Blackfriars Bridgeブラックフライアーズ橋は、サウスバンクとサザークの境界になっています。最初の橋は1769年に開通し、現在の橋は1869年に開通しました。
Blackfriars Bridge forms the boundary between South Bank and Southwark. The first bridge opened in 1769 and the current bridge opened in 1869.

Tate Modernテート・モダンは、世界で最も大きな現代美術の美術館の一つです。テート・モダンは、以前のバンクサイド発電所の建物にあります。バンクサイド発電所は、1947年から1963年の間に2段階に分けられて建設されました。その後、バンクサイド発電所は、1981年に閉鎖されました。建物は、閉鎖後長い間、開発業者によって解体される危機にありました。多くの人々が、建物を保存し可能な新しい用途のための運動を行いました。建物は、2000年に美術館に変わりました。
Tate Modern is one of the largest museums of modern and contemporary art in the world. The museum is housed in the former Bankside Power Station. The power station was built in 2 stages between 1947 and 1963. Afterwards the power station closed in 1981. The building was at risk of being demolished by developers for many years after closure. Many people campaigned for the building to be saved and put forward suggestions for possible new uses. The building was transformed into the museum in 2000.

Southwark Bridgeサザーク橋は、元々1819年に開通し、現在の橋は1921年に開通しました。ザ・シャードと呼ばれる高層建築物が、サザーク橋の奥に立っています。
Southwark Bridge originally opened in 1819 and the current bridge opened in 1921. The skyscraper called the Shard stands at the back of the bridge.

The Shardザ・シャードは、シャード・ロンドン・ブリッジとも呼ばれ、かつてはロンドン・ブリッジ・タワーとも呼ばれていました。ザ・シャードは、309.7メートルの高さがあり、欧州連合で最も高い高層建築物です。ザ・シャードは、2008~2012年に建てられました。
The Shard is also also referred to as Shard London Bridge and formerly London Bridge Tower. The skyscraper is 309.7 metres and is the tallest building in the European Union. The skyscraper is was built from 2009 to 2012.

London Bridgeロンドン橋と名付けられた多数の橋が、シティ・オブ・ロンドンとサザークの間に架けられてきました。ロンドン橋は、1729年までキングストン・アポン・テムズの下流の唯一のテムズ川を渡る道路でした。
Several bridges named London Bridge have spanned the River Thames between the City of London and Southwark. The bridge was the only crossing road over the river on the downstream of Kingston upon Thames until 1729.

テムズ川に架かる最初の恒久的な木造の橋は、西暦55年頃にローマ人によって建てられました。
The first permanent wooden bridge over the river was built by the Romans around 55 AD. The bridge was rebuilt several times during the medieval times.

最初の石造りの橋は、その橋の中心の礼拝堂とともに、ヘンリー2世によって建設が命じられました。橋の上の礼拝堂は、カンタベリー大司教でありヘンリー2世が1170年に不本意に殺害したトマス・ベケットに献堂されました。礼拝堂は、カンタベリーのトマス・ベケットの廟への巡礼の公式な出発地となりました。石造りの橋は、1176~1209年に建てられました。
The first stone bridge was commissioned by Henry II along with a chapel at its centre. The chapel on the bridge was dedicated to Thomas Becket, who was Archbishop of Canterbury and whom the king accidentally killed in 1170. The chapel became the official start of pilgrimage to his shrine in Canterbury. The stone bridge was built from 1176 to 1209.

橋の南側の門楼は、保存のためにタール漬けにされ茹でられ矛に刺された謀反人の首をさらす、ロンドンで最も悪名高い場所の一つとなりました。ウィリアム・ウォレスの首が1305年に門にかけられたのが最初で、この伝統は355年間続きました。
The southern gatehouse of the bridge was the scene of one of the most notorious sights in London as a display of the severed heads of traitors, impaled on pikes and dipped in tar and boiled to preserve them. The head of William Wallace was the first to appear on the gate in 1305 and the tradition was to continue for another 355 years.

橋の上には、多くの建物が、数世紀に渡って建てられ再建されました。その後、橋の上の建物は、1758~1762年に撤去されました。橋は、橋の下の船の航行を改善するために改造されました。
On the bridge many buildings were built and rebuilt over the centuries. Afterwards the buildings on the bridge were demolished from 1758 to 1762. The bridge was modified to help improve navigation under the bridge.

ロンドン橋は、伝統的なイングランドの童歌「ロンドン橋落ちた」で有名です。最も早い英語のこの童歌の記録は17世紀からですが、この童歌は中世後期の童歌遊びにさかのぼるかもしれません。この童歌の意味は確かではありませんが、中世の石橋は完全に落ちたことはないものの、テムズ川に橋を架けることにおいて経験された多大なる困難と関連しているかもしれません。
The bridge is famous for the traditional English nursery rhyme and singing game called London Bridge is falling down. The rhyme may date back to rhymes and games of the late medieval times though the earliest records of the rhyme in English are from the 17th century. The meaning of the rhyme is not certain but may relate to the many difficulties experienced in bridging the River Thames while the medieval stone bridge had been not fallen down completely.

その後、新しい橋が、1824~1831年に元々の場所から30メートル西(上流)に建てられました。現在の橋は、1967~1972年に建てられ、1973年に開通しました。
Afterwards the new bridge was built 30 metres west (upstream) of the original site from 1824 to 1831. The current bridge was built from 1967 to 1972 and was opened in 1973.

HMS BelfastHMS BelfastHMS Belfastロンドン橋を越えた先に、テムズ川に浮かぶイギリス軍艦ベルファスト号(さらに奥にはタワーブリッジ)が見えます。
You have passed under London Bridge. You can see a warship called HMS Belfast floating on the River Thames (and Tower Bridge at the back).

HMS BelfastHMS Belfastイギリス軍艦ベルファスト号は、イギリス海軍のタウン級軽巡洋艦です。ベルファスト号は、1936年から建造されました。ベルファスト号は、北アイルランドの首府ベルファストに因み名付けられ、1936年の聖パトリックの日に進水しました。その後、ベルファスト号は、1939年に就役しました。ベルファスト号は、1939~1945年の第2次世界大戦と1950~1952年の朝鮮戦争を経験しました。ベルファスト号は、1963年に退役しました。ベルファスト号は、1978年に大英帝国戦争博物館の博物艦になりました。
HMS Belfast is a Town-class light cruiser of the Royal Navy. She was built from 1936. She was named after the capital city of Northern Ireland and was launched on St. Patrick’s Day 1938. Subsequently she was commissioned in 1939. She saw World War II from 1939 to 1945 and the Korean War from 1950 to 1952. She entered reserve in 1963. She became a museum ship of the Imperial War Museum in 1978.

City Hall球根のような形をした建物は、シティ・ホールです。シティ・ホールは、大ロンドン庁の本部です。シティ・ホールは、2002年に完成しました。球根の形は、表面積を減らしてエネルギー効率を上げる為と信じられています。しかし、形状の恩恵を圧倒するガラスの専用により、過剰なエネルギー消費が生じています。
The bulbous shape building is City Hall. The hall is the headquarters of the Greater London Authority. The hall was completed in 2002. The bulbous shape was purportedly intended to reduce its surface area and thus improve energy efficiency. However the excess energy consumption caused by the exclusive use of glass overwhelms the benefit of shape.

Southwark Cathedralサザーク大聖堂(救い主と(水を渡った)聖母マリアの大聖堂および参事会教会)が、ロンドン橋の近くのテムズ川南岸に立っています。
Southwark Cathedral (the Cathedral and Collegiate Church of St. Saviour and St. Mary Overie (over the water)) stands on the south bank of the River Thames close to London Bridge.

Southwark CathedralSouthwark CathedralSouthwark Cathedral1106~1538年、サザーク大聖堂の場所の教会は、聖アウグスチノ修道会のサザーク小修道院でした。サザーク小修道院は、聖母マリアに献堂されました。現在の建物は、1220~1420年のゴシック様式の構造物の基本的な形状を残しています。サザーク小修道院は、ヘンリー8世による1536~1541年の修道院解体の最中の1540年に、救い主に献堂され教区教会になりました。その後、教区教会は、イングランド国教会サザーク主教区が作られた1905年に大聖堂に指定されました。
From 1106 to 1538 the church on the site of Southwark Cathedral was an Augustinian priory called Southwark Priory. The priory was dedicated to St. Mary. The present building retains the basic form of the Gothic structure from 1220 to 1420. The present building. The priory became a parish church and was dedicated to St. Saviour in 1540 during the Dissolution of the Monasteries (from 1536 to 1541 by Henry VIII). Afterwards the parish church was designated as a cathedral in 1905 when the Church of England Diocese of Southwark was created.

Southwark CathedralSouthwark Cathedralサザーク大聖堂の周りを歩いていきます。
You are walking round Southwark Cathedral.

SouthwarkSouthwarkSouthwarkテムズ川に面する小さな広場に立ち寄りました。
You have dropped in a small square facing on the River Thames.

Golden Hindゴールデン・ハインド号が、テムズ川の南岸に浮かんでいます。このガレオン船は、オリジナルのピースを含みフルサイズで航海も可能な復元船です。
Golden Hind was floats on the south bank of the River Thames. This galleon is a full-sized and sailable reconstruction containing original pieces.

Golden HindGolden Hindゴールデン・ハインド号は、フランシス・ドレーク船長が1577~1580年に世界周航の私掠船として用いたことで最も知られているイングランドのガレオン船です。ゴールデン・ハインド号は、元々はペリカンとして知られていましたが、紋章が黄金の牝鹿(ゴールデン・ハインド)だった出資者を称えて改名されました。
Golden Hind was an English galleon best known for her privateering circumnavigation of the globe from 1577 to 1580 captained by Sir Francis Drake. She was originally known as Pelican but was renamed in honour of his patron whose crest was a golden hind (a female red deer).

Borough MarketBorough Marketバラ・マーケットは、食品などの卸売、小売市場です。バラ・マーケットは、ロンドンで最も大きく最も古い食品市場の一つです。1276年に最初に叙述されますが、バラ・マーケットは、1014年には存在していた、そしておそらくさらに以前から存在していたと主張しています。現在の建物は、19世紀に建てられました。
Borough Market is a wholesale and retail food market. The market is one of the largest and oldest food markets in London. The market claims to have existed since 1014 and probably much earlier while it was first mentioned in 1276. The present buildings were built in the 19th century.

Borough Market南の柱廊式玄関は、それより以前に撤去されていたかつてコヴェント・ガーデンにあった会館から2004年に移設されました。
The South Portico was brought in 2004 from a hall previously at Covent Garden which had been dismantled before.

Borough MarketBorough MarketBorough MarketBorough Marketバラ・マーケットは、20世紀には、本来は卸売市場で、コヴェント・ガーデンとともに八百屋への主要な供給者でしたが、今日では、主に一般の人々に特選食品を売っています。
Borough Market mainly sells speciality foods to the general public today though it was essentially a wholesale market and the main supplier for greengrocers along with Covent Garden in the 20th century.

次回も続いて、ロンドンを歩きます。それではまた!
You are going to walk around London continuously next time. See you later.