イムディーナ Mdina 01


(第42回)イムディーナ門、ヴィレーナ邸、聖パウロ大司教区大聖堂、堡塁広場(中世祭り)、聖ロクス礼拝堂(イムディーナ、マルタ)
Mdina Gate, Palazzo Vilhena, the Metropolitan Cathedral of St. Paul, Bastion Square (a festival featuring the medieval period) and St. Roque Chapel (Mdina, Malta)

  1. Mdina Gate
  2. Palazzo Vilhena
  3. The Metropolitan Cathedral of St. Paul
  4. Bastion Square
  5. St. Roque Chapel

イムディーナは、マルタ島中西部にある城塞都市です。イムディーナは、古代から中世までマルタ島の首都でした。都市は、今なお、城壁の内側にあり、人口は300人を下回ります。とは言え、イムディーナはラバト(アラビア語で「郊外」を意味する言葉から名前が取られている)の町に隣接しており、11000人を超える人口になります。
Mdina is a fortified city in the central western part of Malta. The city was the capital city of the island from antiquity to the medieval period. The city is still confined within its walls and has a population of just fewer than 300. And yet the city is contiguous with the town of Rabat (The name of Rabat is derived from the Arabic word for suburb) and they have a population of over 11,000.

イムディーナの元々の都市は、紀元前8世紀頃にフェニキア人の入植者によって創設されました。都市は、紀元前218年に共和制ローマに接収されました。使徒行伝によると、使徒パウロは、西暦60年に難破してマルタに辿り着きました。パウロは、プブリウス(この都市の総督だった)に歓迎され、プブリウスの父の病を癒しました。このようにして、この都市の人々はキリスト教に改宗し、プブリウスはマルタの最初の司教となりました。
The original city of Mdina was founded around the 8th century BC by Phoenician settlers. The city was taken over by the Roman Republic in 218 BC. According to the Acts of the Apostles, Paul the Apostle was shipwrecked on Malta in 60 AD. Paul was greeted by Publius (He was the governor of the city) and Paul cured his sick father. Thus people of the city converted to Christianity and he became the first Bishop of Malta.

イムディーナ以前の都市は、870年にアグラブ朝に包囲され、破壊されました。都市には、1048年あるいは1049年にイスラム教徒の社会とその奴隷達が定住しました。彼らは、この都市を「メディーナ」と呼びました。
The former city of Mdina was besieged by the Aghlabids in 870 and was destroyed. The city was resettled in 1048 or 1049 by a Muslim community and their slaves. They called the city Medina.

ビザンツ帝国は、1053~1054年にメディーナを包囲しましたが、撃退されました。しかし、メディーナは、1091年にシチリア伯ルッジェーロ1世に降伏しました。その後、マルタは、シチリア州、後のシチリア王国に編入されました。メディーナは、1429年のハフス朝の包囲に耐えました。
The Byzantine Empire besieged Medina from1053 to 1054 but was repelled. And yet the city surrendered to Roger I of Sicily in 1091. Subsequently Malta was incorporated into the County and later the Kingdom of Sicily. The city withstood a siege by the Hafsid in 1429.

イムディーナの都市の鍵は、1530年にマルタを得た聖ヨハネ騎士団へ手渡されました。城塞は改良され、1551年のオスマン帝国の短い攻撃に耐えました。イムディーナは、1565年のマルタ大包囲戦の間、聖ヨハネ騎士団の騎兵隊の基地でした。騎兵隊は、侵略して来たオスマン帝国の無防備な野戦病院を1565年8月に首尾よく攻撃しました。その結果、オスマン帝国は、バーグとセングレアの主要な要塞を強襲することを断念し、マルタから退却しました。
The keys of the city of Mdina were handed over to the Order of St. John when the order took over in Malta in 1530. The fortifications were upgraded and withstood a brief attack by the Ottoman Empire in 1551. The city was the base of the cavalry of the order during the Great Siege of Malta in 1565. The cavalry successfully attacked the unprotected field hospital of the invading Ottoman Empire in August 1565. Consequently the empire abandoned a major assault on the main fortifications in Birgu and Senglea. Subsequently the empire retreated from Malta.

イムディーナは、1693年のシチリア地震で深刻な損害を受けました。イムディーナは、修復された際に、バロックの特徴を得ました。
Mdina suffered severe damage during the 1693 Sicily earthquake. The city acquired several Baroque features when the city was restored and renovated.

今日、イムディーナは、マルタの主要な観光地の一つであり、1年に75万人の観光客を迎えています。イムディーナでは、自動車が禁止されています(限られた地元住民の自家用車、緊急車両、結婚式の車、霊柩車以外)。これは、イムディーナが「静寂の町」の呼び名を得ている理由の一つです。イムディーナでは、ノルマンとバロック建築が混ざり合っており、観光客を魅了しています。
Today Mdina is one of major tourist attractions in Malta and hosts about 0.75 million tourists a year. No cars (other than a limited number of residents, emergency vehicles, wedding cars and hearses) are allowed in the city. It is one of the reasons why the city has earned the nickname the Silent City. The city displays an unusual mix of Norman and Baroque architecture attracting tourist.

Mdinaイムディーナ行きのバスは、バレッタ旧市街の入口にあるバスターミナルから乗ることができます。バレッタからイムディーナまで、バスでおよそ30分かかります。途中、丘の上のイムディーナの雄大な景色を見ることができます。バレッタからのバスは、ラバトのバスターミナルに到着します。バスターミナルから、ハワード公園を通ってイムディーナ門へ歩きます。ハワード公園から雄大なイムディーナの要塞を見渡すことができます。
You can get a bus to Mdina at a bus terminal on the entrance of the Valletta Old Town. It takes approximately 30 minutes from Valletta to Mdina by bus. You can see the grand scenery of Mdina on a hill on your way. Buses from Valletta arrive at a bus terminal of Rabat. You are walking through Howard Gardens to Mdina Gate from the bus terminal. You can overlook the magnificent scenery of the bastions of Mdina from the gardens.

Mdina GateMdina Gateイムディーナ門主門またはヴィレーナ門としても知られる)は、聖ヨハネ騎士団長マノエル・ドゥ・ヴィレーナの任期の間、1724年にバロック建築で再建されました。城塞都市イムディーナに入城します。
Mdina Gate (also known as the Main Gate or the Vilhena Gate) was rebuilt in the Baroque style in 1724 during the magistracy of Grand Master António Manoel de Vilhena. You are going to make an entry into the fortified city Mdina.

Palazzo Vilhenaイムディーナ門を通り、イムディーナに入りました。イムディーナ門の隣には、マルタ国立自然史博物館があります。マルタ国立自然史博物館は、騎士団長マノエル・ドゥ・ヴィレーナによって1726年に再建されたフランスバロックの宮殿であるヴィレーナ邸の建物の中にあります。マルタ国立自然史博物館は、1973年に一般公開されました。
You have got into Mdina through Mdina Gate. The National Museum of Natural History is located next to the gate. The museum is housed in Palazzo Vilhena (a French Baroque palace rebuilt in 1726 by Grand Master Antonio Manoel de Vilhena). The museum opened to the public in 1973.

MdinaMdina両側に建物が並ぶ細い通り(聖パウロ通り)を歩いていきます。
You are walking along a narrow street (St. Paul Street) flanked with buildings on both sides.

St. Paul's SquareSt. Paul's Square大司教の宮殿や大聖堂博物館などが並ぶ小さな広場(司教広場)を通り過ぎ、聖パウロ広場に来ました。中世祭りが行われていて、少年少女が見事に太鼓を鳴らしていました。
You passed by a small square (Bishop Square) flanked with buildings such as the Palace of Archbishop and the Cathedral Museum. Subsequently you have got to St. Paul’s Square. A festival featuring the medieval period took place in Mdina when I visited here. The boys and girls played drums excellently.

The Metropolitan Cathedral of St. Paul聖パウロ大司教区大聖堂(普通は聖パウロ大聖堂またはイムディーナ大聖堂として知られている)は、カトリック教会の大聖堂で、マルタ大司教区の司教座です。聖パウロ大聖堂は、使徒パウロに献堂されています。聖パウロ大聖堂は、12世紀に創設されました。言い伝えによると、聖パウロ大聖堂の場所には、聖プブリウスが難破してマルタに辿り着いた使徒パウロを歓迎した宮殿がありました。元々の大聖堂は、1693年のシチリア地震で損傷しました。聖パウロ大聖堂は、マルタ建築の影響を残したバロック建築として、1696~1705年に再建されました。
The Metropolitan Cathedral of St. Paul (commonly known as St. Paul’s Cathedral or the Mdina Cathedral) is a cathedral of the Catholic Church and the seat of the Archdiocese of Malta. The cathedral is dedicated to St. Paul the Apostle. The cathedral was founded in the 12th century. According to tradition, the site of the cathedral was originally occupied by a palace where St. Publius greeted St. Paul following his shipwreck on Malta. The original cathedral was severely damaged in the 1693 Sicily earthquake. The cathedral was rebuilt in the Baroque style with some influences from Maltese architecture between 1696 and 1705.

The Metropolitan Cathedral of St. PaulThe Metropolitan Cathedral of St. PaulThe Metropolitan Cathedral of St. PaulThe Metropolitan Cathedral of St. Paul聖パウロ大司教区大聖堂の内装は、多数の絵画やフレスコ画で彩られています。天井には聖パウロの人生を描いたフレスコ画、ドームには聖ペトロと聖パウロの栄光を描いたフレスコ画があります。祭壇の絵は、ダマスカスへの途上で改宗する聖パウロ(サウロの回心)を描いています。また、多くのアーティファクトは、1693年のシチリア地震を生き延び、新しい大聖堂を飾るために再び用いられました。これらには、1495年にさかのぼる後期ゴシック初期ルネサンスの洗礼盤、1530年に作られた旧い大聖堂の主扉、多数の絵画があります。大聖堂の内装はとても色鮮やかです。
The interior of the Metropolitan Cathedral of St. Paul is decorated with a lot of paintings and frescoes. The ceiling contains frescoes depicting the life of St. Paul and the dome contains a fresco depicting The Glory of St Peter and St Paul. The altarpiece depicts the Conversion of St Paul on the Road to Damascus. Many artefacts survived the 1693 Sicily earthquake and were reused to decorate the new cathedral. These include the late Gothic and early Renaissance baptismal font dating back to 1495, the main door of the old cathedral made in 1530 and a number of paintings. The interior of the cathedral looks so brilliant.

MdinaThe rural landscape around MdinaThe rural landscape around MdinaThe Parish Church of the Assumption of Our Lady (the Rotunda of Mosta or the Mosta Dome)堡塁通りを過ぎて、イムディーナの城壁の端に位置する堡塁広場に来ました。丘の上に立つイムディーナから見下ろす田園風景は、のどかで美しいです。遠くに、モスタの町の聖母被昇天教会(モスタのロタンダ(円形建築)教会またはモスタ・ドームとしてもよく知られる)の大きなドームが見えます。
You passed by Bastion Street and you have got to Bastion Square at the edge of the citadel walls of Mdina. The rural landscape around the city on a hill you are overlooking is calm and beautiful. You can see a large dome of the Parish Church of the Assumption of Our Lady (commonly known as the Rotunda of Mosta or the Mosta Dome) in Mosta in the distance.

MdinaMdinaMdinaMdina堡塁広場は、中世祭りの露店で賑わっていました。
There were a lot of stalls of the festival featuring the medieval period in Bastion Square.

The Chapel of St. Roque堡塁広場からイムディーナ門へ戻る途中、ヴィルゲニョン通りにある小さな礼拝堂に立ち寄りました。この礼拝堂は、1798年に建てられ、聖ロクスに献堂されています。また、光の聖母を描いた小さな絵があることから、光の聖母の礼拝堂としても知られています。
You dropped in a small chapel on Villegaigon Street on your way back to Mdina Gate from Bastion Square. This chapel was built in 1798 and is dedicated to St. Roque. And also the chapel is known as Our Lady of Light because the chapel has a small picture depicting her.

Mdinaイムディーナ門へ戻る途中、盆栽を発見。なぜ誰がここに盆栽を置いたのか。
I found a bonsai on the way back to Mdina Gate. God knows why and who put it here.

Mdina Gateイムディーナ門に戻ってきました。イムディーナ門の裏側は、マルタの守護聖人である聖プブリウス、聖アガタ、聖パウロのレリーフで飾られています。
You have got to Mdina Gate. The rear of the gate is decorated with reliefs of St. Publius, St. Agatha and St. Paul (the patron saints of Malta).

次回は、イムディーナ郊外(隣)のラバトに(歩いて)行きます。それではまた!
You are going to go to Rabat in a suburb of (next to) Mdina (on foot) next time. See you later.