パリ Paris 01


(第15回)エトワール凱旋門、シャンゼリゼ通り、コンコルド広場、ガルニエ宮、カルーゼル凱旋門、ルーヴル美術館(パリ、フランス)
The Arc de Triomphe de l’Étoile, the Avenue des Champs-Élysées, the Place de la Concorde, the Palais Garnier, the Arc de Triomphe du Carrousel and the Louvre Museum (Paris, France)

  1. The Arc de Triomphe de l’Étoile
  2. The Avenue des Champs-Élysées
  3. The Place de la Concorde
  4. The Palais Garnier
  5. The Arc de Triomphe du Carrousel
  6. The Louvre Museum

パリは、フランスの首都(人口220万人)であり、その都市圏は欧州連合加盟国の中で最も人口が多いです(人口1200万人くらい)。市内中心部にはセーヌ川が流れています。その中州であるシテ島がパリの発祥の地です。パリは、紀元前3世紀にケルト人によって建設され、中世ヨーロッパにおいて最大の都市の一つでした(フランク王国およびフランス王国の首都)。その後、18世紀にはフランス革命が起こりました。そして、パリは現在も世界で有数の都市の一つです。
Paris is the capital city of France (2.2 million people) and the metropolitan area is the most populous in the European Union (about 12 million people). The Seine River is flowing through the centre of the city. The Île de la Cité is a natural island in the river and was birthplace of the city. The city was founded in the 3rd century BC by a Celtic people and was one of the largest cities in the medieval Europe (the capital of the Kingdom of the Franks and the Kingdom of France). And then the French Revolution broke out in the city in the 18th century. And now the city is still one of the greatest cities in the world.

パリは、啓蒙時代をリードしたその役割から、もう一つは文字通り19世紀にガス灯を取入れたヨーロッパ最初の都市の一つであったことから、しばしば「光の都」と称されます。また、パリは、数世紀に渡って世界中の芸術家を魅了し「芸術の都」とも呼ばれています。また、パリはファッションの街としても知られています。パリは世界で最も多くの観光客の訪問先の一つです(2014年には2200万人がパリを訪れました)。そして、ここでパリ症候群などというものの話をする必要はないでしょう。有名税のようなものです。
Paris is often referred to as the City of Light because of its leading role during the Age of Enlightenment and more literally one of the first European cities to adopt gas street lighting. And also the city has attracted artists from around the world for centuries and is called the City of Art. The city is also known for its fashion. The city is one of the top tourist destinations around the world (22 million people visited the city in 2014). Anyway I do not really have to talk about Paris syndrome. I think it is a sort of the price of fame.

The Arc de Triomphe de l'ÉtoileThe Arc de Triomphe de l'ÉtoileThe Arc de Triomphe de l'ÉtoileThe Arc de Triomphe de l'Étoileエトワール凱旋門(星の凱旋門)は、パリで最も有名なモニュメントの一つです。エトワール凱旋門は、シャンゼリゼ通りの西端のシャルル・ド・ゴール広場(旧名はエトワール広場)の中心に立っています。エトワール凱旋門は、皇帝ナポレオン・ボナパルトによるアウステルリッツの三帝会戦(世界史の中で最もカッコイイ語句の一つ)の戦勝を称えるため1806~1836年に建てられました。エトワール凱旋門は、日本人にとって最もおなじみの凱旋門で、日本人にとって凱旋門と言えばエトワール凱旋門のことを言います。
The Arc de Triomphe de l’Étoile (the Triumphal Arch of the Star) is one of the most famous monuments in Paris. The triumphal arch stands in the centre of the Place Charles de Gaulle (originally named Place de l’Étoile) at the western end of the Champs-Élysées. The triumphal arch was built from 1806 to 1836 to honour the victory in the Battle of Austerlitz (also known as the Battle of the Three Emperors) by Emperor Napoleon Bonaparte. The triumphal arch is the most familiar triumphal arch for Japanese so they call the triumphal arch just the Triumphal Arch.

The Avenue des Champs-Élyséesシャンゼリゼ通りは、長さ約2キロメートル、幅70メートルの大通りで、東はルクソール・オベリスクのあるコンコルド広場から、西はエトワール凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場まで続きます。シャンゼリゼ通りは、「パリの歴史軸」の一部です。シャンゼリゼ通りの名前は、フランス語でギリシャ神話において有徳の人が死後に住む極楽浄土を意味するエリュシオンを意味し、フランス人は「世界で最も美しい通り」と呼んでいます。さすがはフランス人。シャンゼリゼ通りは、ご存知のように、現在は、劇場、カフェおよび高級ショップなどで知られています。
The Avenue des Champs-Élysées is a boulevard which is 2 kilometres long and 70 metres wide and runs from the Place de la Concorde (the Luxor Obelisk is placed) in the east to the Place Charles de Gaulle (the Triumphal Arch of the Star is located) in the west. The avenue forms part of the Axe historique. The name which is French for the Elysian Fields means the paradise for dead heroes in Greek mythology. The French nickname is La plus belle avenue du monde (The most beautiful avenue in the world). That is French all over. The avenue is now famous for its theatres, cafes and luxury shops as you know.

The Grand Palaisシャンゼリゼ通りを歩いて行くと、シャンゼリゼ公園の中を通ります。公園の中にあるグランパレは、1900年のパリ万博万国博覧会のために建てられた大規模な展覧会場および美術館です。
You are walking along the Avenue des Champs-Élysées through the Jardin des Champs-Élysées. The Grand Palais (Great Palace) in the park is a large historic exhibition hall and museum complex built for the Universal Exposition of 1900.

The Place de la ConcordeThe Place de la Concordeシャンゼリゼ通りの東端にあるコンコルド広場に着きました。コンコルド広場は、1755年に設計され、当初は時の王を称えるために「ルイ15世広場」と名付けられました。また、ルイ15世の騎馬像が設置されました。その後、フランス革命の間に、騎馬像は取り払われ、名前も「革命広場」に改められました。革命政府は広場にギロチンを設置し、ルイ16世やマリー・アントワネットを処刑しました。革命広場は1795年に「コンコルド広場」、1814年に「ルイ15世広場」、1826年に「ルイ16世広場」、最終的に1830年に「コンコルド広場」に改名されました。ルクソール・オベリスク(高さ23メートル)が、エジプトのルクソール神殿の入口から1836年に運ばれ、広場の中心部に置かれています。このオベリスクを含む19世紀にロンドンおよびパリそしてニューヨークに移設された3つの古代エジプトのオベリスクのことを、通称「クレオパトラの針」と言います。しかし、クレオパトラ7世とは何の関係もなく、彼女よりも1000年以上前に作られたものです。
You have got to the Place de la Concorde at the eastern end of the Champs-Élysées. The square was designed in 1755 and was named Place Louis XV to honour the king at that time. Moreover an equestrian statue of the king was placed here. During the French Revolution the statue was torn down and the square was renamed Place de la Révolution. The new revolutionary government installed the guillotine in the square and executed King Louis XVI and Queen Marie Antoinette. Subsequently the square was renamed Place de la Concorde in 1795, Place Louis XV in 1814, Place Louis XVI in 1826 and finally Place de la Concorde in 1830. The Luxor Obelisk (23 metres high) was brought from the entrance of Luxor Temple in Egypt and was placed at the centre of the square in 1836. The 3 Ancient Egyptian obelisks placed in London, New York City and Paris (consequently including this obelisk) during the 19 century are commonly called Cleopatra’s Needles. And yet these obelisks have no connection with Queen Cleopatra VII of Egypt and were already over a thousand years old in her lifetime.

Parisコンコルド広場から西に振り返ると、エッフェル塔が見えます。
You have looked back to the west at the Place de la Concorde and you can see the Eiffel Tower.

シャンゼリゼ通りからそのまま進むとテュイルリー公園そしてルーヴル美術館に至りますが、ここで一旦北に向かい、ガルニエ宮に行きます。
The direction you have come here along the Champs-Élysées leads you to the Tuileries Garden and the Louvre Museum but you shall go towards the north and to the Palais Garnier in advance of the garden and the museum.

The Palais GarnierThe Palais GarnierThe Palais Garnierガルニエ宮は、世界で最も有名なオペラハウスの一つであり、1861年~1875年にかけて建てられました。ガルニエ宮は、1910年のガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」(および1925年のロン・チェイニー主演映画や1986年のアンドルー・ロイド・ウェバーによるミュージカルなどの翻案)の舞台としても有名です。ここには今も「音楽の天使」がいるのでしょう。
The Palais Garnier is one of the most famous opera houses in the world and was built from 1861 to 1875. The opera house is also famous for the setting for the 1910 novel by Gaston Leroux The Phantom of the Opera (and the subsequent adaptations such as the 1925 film depiction featuring Lon Chaney and the 1986 musical by Andrew Lloyd Webber). I believe the Angel of Music is still here.

The Arc de Triomphe du CarrouselThe Arc de Triomphe du Carrouselコンコルド広場に戻り、テュイルリー公園を通り、カルーゼル広場まで来ました。テュイルリー公園とカルーゼル広場の場所には、1564~1871年までテュイルリー宮殿がありました。カルーゼル広場にあるカルーゼル凱旋門は、1806~1808年にかけて皇帝ナポレオン・ボナパルトの戦勝を称えるために建設されました。
You came back to the Place de la Concorde and then you have got to the Place du Carrousel through the Tuileries Garden eventually. The Tuileries Palace occupied the site of the square and the garden from 1564 until 1871. The Arc de Triomphe du Carrousel in the square was built from 1806 to 1808 to honour the victory by Emperor Napoleon Bonaparte.

The Louvre Museumカルーゼル凱旋門を通り抜け、ルーヴル美術館に近づいていきます。
You walked through the Arc de Triomphe du Carrousel and are approaching the Louvre Museum.

The Louvre MuseumThe Louvre Museumルーヴルまたはルーヴル美術館は、世界で最も大きな美術館(博物館)の一つです。ルーヴル美術館は、フランス王フィリップ尊厳王が12世紀に元々要塞として建設したルーヴル城(ルーヴル宮殿)に収まっています。美術館として正式に開館したのは1793年です。皇帝ナポレオン・ボナパルトが、諸国から美術品を収奪したことにより所蔵品は増大していき、美術館は「ナポレオン美術館」に改名したこともありました(ナポレオン失脚後にナポレオン軍が収奪した美術品の多くは返還されている)。フランス大統領フランソワ・ミッテランは、1983年に「パリ大改造計画」の一環として建物を改築する「大ルーヴル計画」を提案しました。広場に設けられた新たなエントランスの上のルーヴルピラミッドは、より多くの入場者を受け入れるために1988年に建築されました。2002年以降のルーヴル美術館入場者数は、この大ルーヴル計画以前に比べて約2倍に増加しています。
The Louvre (or the Louvre Museum) is one of the largest museums in the world. The museum is housed in the Louvre Palace (originally built as a fortress in the 12th century under Philip Augustus). The museum opened in 1793. The collection was increased under Emperor Napoleon Bonaparte and the museum renamed the Musée Napoléon (but after the abdication of Napoleon many works seized by his armies were returned to their original owners). French President François Mitterrand proposed (as one of his Grands Projets) the Grand Louvre plan to renovate the building in 1983. The Louvre Pyramid over a new entrance in the main court was built to receive more visitors in 1988. Visitors had doubled since completion as of 2002.

The Mona LisaThe Mona Lisaレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」は、ルーヴルで最も来場者に人気があります。
The Mona Lisa by Leonardo da Vinci is the most popular attraction in the Louvre.

The Louvre MuseumThe Louvre MuseumThe Louvre MuseumThe Louvre MuseumThe Louvre MuseumThe Louvre Museumルーヴルには、先史時代から21世紀までの様々な美術品35000点近くが、総面積60600平方メートルの展示場所で公開されています。ルーヴルは、世界で最も入場者数の多い美術館です(2014年には926万人)。
Nearly 35,000 objects from prehistory to the 21st century are exhibited over an area of 60,600 square metres in the Louvre. The museum is the most visited in the world (received more than 9.26 million visitors in 2014).

The Venus de MiloThe Venus de Miloミロのヴィーナスも、ルーヴルで最も来場者に人気がある美術品の一つです。
Aphrodite of Milos (better known as the Venus de Milo) is one of the most popular attractions in the Louvre.

次回も続いて、パリを歩きます。それではまた!
You are going to walk around Paris continuously next time. See you later.