セビリア Seville 01


(第72回)セビリア大聖堂(セビリア、スペイン)
The Catedral de Santa María de la Sede (Seville Cathedral) (Seville, Spain)

  1. The Catedral de Santa María de la Sede (Seville Cathedral)

セビリアは、スペインのアンダルシア自治州の都市(人口70万人ぐらい)です。セビリアは、スペイン南部の文化、政治および経済の中心です。
Seville is the city (around 700 thousand people) of the autonomous community of Andalusia. The city is a cultural, political and economic centre in the south part of Spain.

セビリアの神話的な創建者は、ヘーラクレースです。彼は、フェニキア人の神メルカルトと同じと考えられています。彼は、ジブラルタル海峡を大西洋に航海し、セビリアが現在ある場所に交易所を創建しました。セビリアは、古代ローマ時代からはヒスパリスと呼ばれました。5~6世紀には、ヴァンダル族、スエビ族、西ゴート族によるローマの州の継続的な征服がありました。
The mythological founder of Seville is Hercules (Heracles). He is commonly identified with the Phoenician god Melqart. He sailed through the Strait of Gibraltar to the Atlantic and founded trading posts at the current sites of the city. The city was known from Roman times as Hispalis. There were successive conquests of the Roman province by the Vandals, the Suebi and the Visigoths during the 5th and 6th centuries.

セビリアは、712年にウマイヤ朝によって征服されました。引き続き、ウマイヤ朝および後ウマイヤ朝は、788年までにイベリア半島の広範囲を征服しました。この中世のイスラム教徒の領土と文化的領域を、アル・アンダルスと呼びます。1212年にムワッヒド朝がキリスト教諸国連合軍に大敗し、アル・アンダルスは衰退しました。セビリアは、1248年にカスティーリャ王フェルナンド3世によって陥落しました。
Seville was conquered by the Umayyad Caliphate in 712. Subsequently the caliphate and the succeeding emirate conquered large parts of the Iberian Peninsula until 788. This medieval Muslim territory and cultural domain is called al-Andalus. The Almohad Caliphate was defeated by an alliance of Christian kingdoms in 1212 and the Muslim domain declined. The city was captured by King Ferdinand III of Castile in 1248.

セビリアは、1492年のクリストファー・コロンブスの新大陸への拡大に続いて、スペイン帝国の経済の中心の一つになりました。独占されたセビリアの貿易港が生み出す巨万の富は、芸術と文学の黄金時代を作りました。フェルディナンド・マゼランは、世界一周の航海に1519年にセビリアを出発しました。セビリアは、独占が崩れ、1649年の大ペストが起きたため、衰退しましたが、ヨーロッパ史のバロック時代において最も華々しく繁栄した都市の一つです。
Seville became one of the economic centres of the Spanish Empire following the 1492 Christopher Columbus expedition to the New World. The enormous wealth accumulated by the monopolised trade port of the city made a Golden Age of arts and literature. Ferdinand Magellan departed from the city for the first circumnavigation of the Earth in 1519. The city was one of the most brilliant flowering cities in the Baroque period of European history though the city declined because the monopoly was broken and the 1649 Great Plague occurred.

セビリアは、ベートーヴェン「フィデリオ」、モーツァルト「フィガロの結婚」および「ドン・ジョヴァンニ」、ロッシーニ「セビリアの理髪師」、ビゼー「カルメン」などの多くの作曲家による多くのオペラの舞台になっています。
Seville is a stage for many operas by many composers such as Beethoven (Fidelio), Mozart (The Marriage of Figaro and Don Giovanni), Rossini (The Barber of Seville) and Bizet (Carmen).

Seville Cathedral大司教管区の聖マリア大聖堂の東正面に面した広場にやって来ました。大司教管区の聖マリア大聖堂は、一般にはセビリア大聖堂として知られ、カトリック教会の大聖堂です。セビリア大聖堂は、世界で最も大きな大聖堂、世界で3番目に大きな教会です(より大きな2つの教会(アパレシーダの聖母聖堂とサン・ピエトロ聖堂)は司教座ではない)。セビリア大聖堂は、1401~1506年に、セビリアの富を示すために建設されました。セビリア大聖堂は、世界最大の大聖堂として、アヤソフィアに取って代わりました(アヤソフィアはほぼ1000年間世界最大でした)。セビリア大聖堂の鐘楼は、ヒラルダの塔と呼ばれ、105メートルの高さがあります。
You have come to a cathedral square on the east front of the Catedral de Santa María de la Sede (the Cathedral of Saint Mary of the See). The cathedral is also commonly known as Seville Cathedral. The cathedral is a Catholic cathedral. The cathedral is the largest cathedral and the 3rd largest church in the world (as the 2 larger churches (the Basilica of the National Shrine of Our Lady of Aparecida and St. Peter’s Basilica) are not the seats of bishops). The cathedral was built to demonstrate the wealth of Seville from 1401 to 1506. The cathedral supplanted Hagia Sophia as the largest cathedral in the world (Hagia Sophia was the largest for nearly 1,000 years). The bell tower of the cathedral is called the Giralda. The bell tower is 105 metres high.

The periphery of Seville CathedralThe periphery of Seville CathedralThe periphery of Seville CathedralThe periphery of Seville Cathedralセビリア大聖堂の周辺を歩いていきます。
You are walking around the periphery of Seville Cathedral.

Seville Cathedralセビリア大聖堂の周辺を回っていきます。そして、セビリア大聖堂の大きさが分かるでしょう。なお、この巨大な大聖堂のドームは、1511年、1888年に再び崩壊しました。
You are walking round Seville Cathedral. Consequently you may realise the cathedral is so large. Incidentally the dome of this large cathedral collapsed in 1511 and again in 1888.

Seville CathedralSeville Cathedral南側の入口から、セビリア大聖堂に入ります。入口の前には、1568年にヒラルダの塔の天辺に設置されたキリスト教徒の信仰の勝利を表す風見の像の複製が立っています。
You are getting into Seville Cathedral through the entrance on the south side. A replica of a vane statue (the Giraldillo) representing the triumph of the Christian faith installed on the top of the tower in 1568 stands in front of the entrance.

Seville CathedralSeville Cathedralセビリア大聖堂の中に入りました。中央の身廊は、42メートルの高さになり、大量の金メッキで惜しみなく装飾されています。聖歌隊席が、見事な内陣仕切りの向こう側にあります。
You have got into Seville Cathedral. The central nave rises to a height of 42 metres and is lavishly decorated with a large quantity of gilding. The choir is located beyond the fine choir screen.

Seville Cathedral西側の壁は、比較的簡素です。
The western end is relatively simple.

Seville CathedralSeville CathedralSeville CathedralSeville Cathedral箱のような聖歌隊席の周りを歩きます。
You are walking round the boxlike choir.

Seville CathedralSeville Cathedral大きな箱のような聖歌隊席が、大聖堂の中央部分を占めています。
The great boxlike choir occupies the central portion of the cathedral.

Seville CathedralSeville CathedralSeville Cathedral大礼拝堂には、キリストの生涯を表した巨大なゴシック様式の主祭壇があります。非常に圧倒的です。
The Great Chapel has a vast Gothic altarpiece representing the life of Christ. It is absolutely overwhelming.

Seville CathedralSeville Cathedral他の礼拝堂や祭壇も荘厳です。セビリア大聖堂には、80の礼拝堂があります。1896年に伝えられたところによると、これらの礼拝堂で日々500のミサが挙げられていたそうです。
Other chapels and altars are also majestic. There are 80 chapels in Seville Cathedral. It was reported in 1896 that 500 masses were said daily in these chapels.

Seville CathedralSeville CathedralSeville Cathedralこれがクリストファー・コロンブスの墓です。棺を背負うのは、カスティーリャ王国、アラゴン王国、レオン王国、ナバラ王国の王達です。
This is the tomb of Christopher Columbus. They are kings of Castile, Leon, Aragon and Navarre who are shouldering the coffin.

Seville CathedralSeville Cathedral大聖具室は、1528~1547年または1535~1543年に建てられました。大聖具室には、多くの収蔵品が展示されています。
The Great Sacristy was built from 1528 to 1547 or built from 1535 and 1543. The sacristy displays a lot of collections.

Seville CathedralSeville Cathedral控えの間を通って、チャプターハウス(参事会会議場あるいは僧会堂)に来ました。ドーム状の天井が、実に壮大です。
You have come to the Chapter House through the antechamber. The domed ceiling is magnificent indeed.

Seville Cathedral宝物庫にも、多くの収蔵品が展示されています
The treasuries also display a lot of collections.

次回も続いて、セビリアを歩きます。それではまた!
You are going to walk around Seville continuously next time. See you later.