タリン Tallinn 02


(第28回)トームペア(アレクサンドル・ネフスキー大聖堂、トームペア城、トームキリク、展望台、デンマーク王の庭園など)(タリン、エストニア)
Toompea (the Alexander Nevsky Cathedral, Toompea Castle, Toomkirik, viewing platforms and the Danish King’s Garden) (Tallinn, Estonia)

  1. The Alexander Nevsky Cathedral
  2. Toompea Castle
  3. Toomkirik
  4. Toompea viewing platforms
  5. The Danish King’s Garden

TallinnTallinnTallinnTallinnトームペアに続くリュヒケヤルク通りを登って行きます。
You are walking up to a street (Lühike jalg) leading to Toompea.

The Alexander Nevsky CathedralThe Alexander Nevsky CathedralThe Alexander Nevsky Cathedralトームペアの丘の上にあるアレクサンドル・ネフスキー大聖堂に来ました。アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、ロシア帝国によって1901年に建てられた正教の大聖堂で、1242年の「氷上の決戦(ペイプシ湖上の戦い)」(ペイプシ湖は現在のエストニアの領海内)に勝利した聖アレクサンドル・ネフスキーに献堂されています。アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、エストニア人にとって伝説の地であるトームペアの丘の上にいただいており、また、ロシア化の時代に建てられました。そのため、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、抑圧の象徴として多くのエストニア人に嫌われていました。その後、ソビエト社会主義共和国連邦は公に無宗教でしたので、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は他の教会と同様に衰退したままとなりました。1991年にエストニアがソビエト連邦から独立をした以降、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、注意深く修復されています。
You have got to the Alexander Nevsky Cathedral on the hill of Toompea. The cathedral is a cathedral of the Orthodox Church built in 1901 by the Russian Empire and is dedicated to St. Alexander Nevsky (who won the Battle of the Ice on Lake Peipus (in the territorial waters of current Estonia) in 1242). The cathedral crowns the hill of Toompea which is the legendary place for Estonians and was built during the period of Russification. Therefore the cathedral was so disliked by many Estonians as a symbol of oppression. And then the cathedral as well as other churches was left to decline as the Union of Soviet Socialist Republics was officially nonreligious. Now the cathedral has been carefully restored since Estonia regained independence from the Soviet Union in 1991.

Toompea CastleToompea Castleトームペア城は、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の隣にあります。18世紀にロシア帝国によって建てられたバロックおよび新古典主義の建築が、大聖堂に対面しています。エストニアの伝説によると、トームペアの丘全体は、カレフ王の墓陵であり、妻リンダが彼女自身の両手で無数の石を積み上げて造ったとされています。トームペア城は、1219年にヴァルデマー2世率いるデンマーク十字軍によって接収されました。トームペア城は、1227年にはリヴォニア帯剣騎士団に接収され、城の再建と拡張が行われました。しかし、トームペア城は、ほんの10年後にデンマーク人によって再び接収されました。その後、タリンは1346年にドイツ騎士団に売却され、1561年にスウェーデンの支配下、1710年にロシア帝国に降伏しました。ロシア帝国は、ついにトームペア城を宮殿に変えてしまいました。バロックおよび新古典主義の建築が城の東側に追加されました。
Toompea Castle is located next to the Alexander Nevsky Cathedral. The Baroque and Neoclassical building built in the 18th century by the Russian Empire faces on the cathedral. According to a myth, the whole hill of Toompea is the tumulus mound over the grave of King Kalev built by his grieving wife Linda (who piled up countless boulders with her own hands). The castle was taken over by Danish crusaders led by Valdemar II in 1219. The castle was taken over by the Livonian Brothers of the Sword in 1227 and then was rebuilt and extended. And yet the castle was again taken over the Danes just ten years later. And then Tallinn was sold to the Teutonic Order in 1346. The city became a dominion of Sweden in 1561. And then the city capitulated to the Russian Empire in 1710. The Russian Empire eventually turned the castle into a palace. The new wing in the Baroque and Neoclassical style was added in the eastern part of the castle complex.

Tall Hermann少し丘を下りて、外側からトームペア城の象徴「のっぽのヘルマン」塔を見上げています。こちら側は、中世の姿のままです。のっぽのヘルマンの上には、日の出とともにエストニア国旗が掲げられ、国歌が流れ、日の入りとともに国旗は降ろされます。のっぽのヘルマンは、48メートルのっぽです。
You have walked down to the middle of the hill and then you are looking up a symbol of Toompea Castle called Pikk Hermann (Tall Hermann). This side looks still medieval. The flag of Estonia is hoisted at the top of the tower every day at sunrise to the sound of the national anthem and lowered at sunset. The tower is 48 metres tall.

Tallinnアレクサンドル・ネフスキー大聖堂およびトームペア城の傍には、等身大の中世の騎士が目印の土産物屋がありました。
I found a souvenir shop with a sign of a life size medieval knight near the Alexander Nevsky Cathedral and Toompea Castle.

ToomkirikToomkirikトームキリク(聖マリア大聖堂)に来ました。トームキリクは、タリン最古の教会です。トームキリクは、元々は13世紀にデンマーク人によって設立されたローマカトリックの大聖堂でしたが、1561年にはルター派になりました。現在は、この白いゴシック様式の大聖堂は、エストニア福音ルター派教会(エストニア教会)のタリン司教座聖堂です。
You have got to Toomkirik (the Cathedral of St. Mary the Virgin). The cathedral is the oldest church in Tallinn. The cathedral was originally a Roman Catholic cathedral founded by Danes in the 13th century and then became Lutheran in 1561. Now this white Gothic cathedral belongs to the Estonian Evangelical Lutheran Church (the Church of Estonia) and is the seat of the Archbishop of Tallinn.

ToomkirikToomkirikToomkirikToomkirikトームキリクの内部は、バロック様式で装飾されています。トームキリクには、美しい主祭壇や、多くの17~20世紀の碑文が刻まれた紋章などがあります。また、多くの13~18世紀の墓石があちらこちらに置かれています。
The interior of Toomkirik is decorated in the Baroque style. The cathedral houses a lovely high altar and a lot of coat of arms with epitaphs from the 17th century to the 20th century. And also a lot of gravestones from the 13th century to the 18th century are placed around.

TallinnTallinnTallinnTallinnTallinnトームペアには、数ヶ所の展望台があり、タリン旧市街の素敵な街並みを見渡すことができます。
Toompea has some viewing platforms where you can overlook the stunning Tallinn Old Town.

The Danish King's GardenThe Danish King's GardenThe Danish King's Gardenトームペアを一周して、デンマーク王の庭園に来ました。ここは、古い伝説によると、デンマーク王の庭園は、旗が空から舞い降りてきてデンマーク十字軍にエストニア人に対する勝利をもたらした(1219年)と伝えられている場所です。その旗は、後にデンマークの国旗になりました。
You have walked round Toompea and you have got to the Danish King’s Garden. According to an old legend, the garden is the site where a flag descended from the sky and led the Danish crusaders to a victory over Estonians in 1219. The flag became the national flag of Denmark later.

St. Nicholas' Churchデンマーク王の庭園から聖ニコラス教会が見えます。
You can see St. Nicholas’ Church from the Danish King’s Garden.

次回も続いて、タリンを歩きます。それではまた!
You are going to walk around Tallinn continuously next time. See you later.