メイキング・オブ・ハリー・ポッター The Making of Harry Potter 02


(第97回)ホグワーツ特急、バタービール、夜の騎士バス、プリベット通り、ポッターの家、ホグワーツの橋、空飛ぶフォード・アングリア、魔法のチェスの駒、魔法生物、ダイアゴン横丁、ホグワーツ城(メイキング・オブ・ハリー・ポッター、ロンドン、イギリス)
The Hogwarts Express, Butter beer, the Knight Bus, Privet Drive, the Potter Cottage, Hogwarts bridge, the Flying Ford Anglia, the wizard chess pieces, magical creatures, Diagon Alley and Hogwarts Castle (The Making of Harry Potter, London, the United Kingdom)

  1. Warner Bros. Studios Tour London – The Making of Harry Potter

The Making of Harry Potterホグワーツ特急は、キングス・クロス駅の9と4分の3番線から出発します。9と4分の3番線は、隠されていて、9番線と10番線の間の柵を歩いて通ってたどり着くことができます。著者ローリングは、本が出版された後、彼女がキングス・クロス駅とユーストン駅のレイアウトを勘違いしていたこと、キングス・クロス駅の9番線と10番線では彼女の魔法のプラットホームが成り立たないことに気付きました。したがって、映画制作者達は、4番線と5番線を代わりに使いました。
The Hogwarts Express departs from King’s Cross railway station platform 9 and 3 quarters. The platform is hidden from view and can be reached by walking through the barrier between platforms 9 and 10. The author J. K. Rowling discovered after the books were published that she had confused the layout of King’s Cross with that of Euston station and that platforms 9 and 10 at King’s Cross did not allow her magical platform. Therefore the filmmakers substituted platforms 4 and 5.

King's Cross railway stationこれは、実在のロンドンのキングス・クロス駅の9と4分の3番線です。想定される場所を示すプラットホームの看板と壁に半分入った荷物カートが、9~11番線がある建物の壁に設置されています。
This is the platform 9 and 3 quarters at actual King’s Cross railway station in London. A platform sign and a luggage trolley stuck halfway through the wall depicting the supposed location is placed on the wall in the building containing platforms 9 to 11.

The Making of Harry PotterThe Making of Harry Potterホグワーツ特急は、キングス・クロス駅とホグズミード駅の間を、年におよそ6回運行しています。ホグワーツ特急は、学期の始めにホグワーツ魔法魔術学校へ、学期の終わりにホグワーツから、生徒達を運びます。ホグワーツ特急は、9月1日の午前11時に9と4分の3番線を発車し、夜にホグズミード駅に到着します。生徒達は、クリスマス休暇やイースター休暇に家に帰るために、キングス・クロス駅に戻るホグワーツ特急に乗ります(ホグワーツに留まる生徒もいる)。ホグワーツ特急は、6月の学期の終わりにもロンドンに戻ります。
The Hogwarts Express run between King’s Cross railway station and Hogsmeade station at about 6 times a year. The train carries students to and from Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry at the start and end of every term. The train leaves the platform 9 and 3 quarters on 1 September at 11 o’clock in the morning and arrives at Hogsmeade station in the early evening. Some students take the train back to King’s Cross station to go home for the Christmas and Easter holidays (other students may stay at Hogwarts). The train also makes the run back again to London at the end of term in June.

The Making of Harry Potter客車は、廊下で区切られているコンパートメント式になっています。ホグワーツへの長い旅の間、生徒達は、ワゴン販売の魔女からパンプキンパイや蛙チョコレートを楽しみます。
The passenger carriages hold compartments set off a corridor. Students can enjoy treats such as Pumpkin Pasties and Chocolate Frogs from a witch with a trolley during the long journey to Hogwarts.

The Making of Harry PotterThe Making of Harry Potterバタービールは、バタースコッチを薄めた味に少し似ているとされる魔法界で人気の飲みものです。魔法界の多くの場所、ホグズミードの三本の箒、ホッグズ・ヘッド、ダイアゴン横丁の漏れ鍋などのパブなどで、提供されています。ホグワーツの生徒達は、ホグズミード行った時、しばしばバタービールを買います。冷えたバタービールはボトルで出され、温かいものは泡立った大ジョッキで出されます。バタービールは、バター、砂糖、水を原材料に使っています。また、バタービールは、ごくわずかにアルコールを含んでいます(ここのバタービールはノンアルコール)。
Butter beer is a popular wizarding beverage described as tasting a little bit like less-sickly butterscotch. The beverage is served at numerous locations in the wizarding world such as pubs including the Three Broomsticks and the Hog’s Head in Hogsmeade and the Leaky Cauldron in Diagon Alley. Students of Hogwarts often buy the beverage when visiting Hogsmeade. The beverage is served cold in bottles and hot in foaming tankards. The beverage is made out of butter, sugar and water. Moreover the beverage has a very slight alcoholic content (here had no alcohol).

The Making of Harry Potter夜の騎士バスは、公共交通機関を通して魔法界の立ち往生した個人を援助する紫色の3階建てのバスです。夜の騎士バスは、猛スピードで動き、障害物は進行方向から飛び降ります。
The Knight Bus is a purple triple-decker that assists stranded individuals of the wizarding community through public transportation. The bus operates at a very fast speed and obstacles will jump out of its way.

The Making of Harry Potterプリベット通りは、サリー州(ロンドンの近く、イングランド南東部)、リトルウィンジングの郊外にある通りです。ダーズリー家が、プリベット通り4番地に住んでいます。
Privet Drive is a suburban street in Little Whinging in the county of Surrey (near London and in the southeast of England). The Dursleys lived on this street in Number 4.

The Making of Harry Potterポッターの家は、ゴドリックの谷の村にある小さな家でした。ポッター一家が、第一次魔法戦争の最後の数か月まで住んでいました。ヴォルデモートが一家を殺害するために現れ(しかしハリー・ポッターにかけた死の呪いが跳ね返され撃退された)、ポッターの家の大部分は破壊されました。
The Potter Cottage was a little cottage located in the village of Godric’s Hollow. The Potter family lived in the cottage until the final months of the First Wizarding War. Voldemort showed up to murder the family (but was defeated when his Killing Curse meant for Harry Potter rebounded on him) and a large portion of the cottage was destroyed.

The Making of Harry Potterホグワーツ橋は、ホグワーツ城に続く木製の橋です。ここに展示されているホグワーツ橋の上は、歩いて通ることができます。
Hogwarts bridge is a wooden bridge leading to Hogwarts Castle. You can walk on and through the bridge displayed here.

The Making of Harry PotterThe Making of Harry Potter空飛ぶフォード・アングリアは、アーサー・ウィーズリーによって改造され、空を飛ぶことができます(透明になることもできる)。空飛ぶフォード・アングリアは「ハリー・ポッターと秘密の部屋」でハリー・ポッターを助けます。
The Flying Ford Anglia was modified by Arthur Weasley and can fly (the car can become invisible as well). The car helps Harry Potter in Harry Potter and the Chamber of Secrets.

The Making of Harry Potter魔法のチェスの駒が並んでいます。魔法のチェスは「ハリー・ポッターと賢者の石」で重要な役割を果たします。
The wizard chess pieces line up. The wizard chess features in Harry Potter and the Philosopher’s Stone.

The Making of Harry PotterThe Making of Harry PotterThe Making of Harry Potterドラゴンなどの様々な魔法生物が展示されています。魔法生物の多くは、伝承に由来しています。踊るマンドレイクがとても可愛かったです。
Various magical creatures such as dragons are displayed. Many of the creatures are derived from folklore. A dancing mandrake was so cute.

The Making of Harry PotterThe Making of Harry PotterThe Making of Harry PotterThe Making of Harry Potterダイアゴン横丁は、ロンドンの漏れ鍋というパブ(チャリング・クロス・ロードにある)の裏にある魔法界の石畳の路地、買い物通りです。横丁の中には、レストラン、店(ウィーズリー・ウィザード・ウィーズなど)、観光スポットが立ち並んでいます。概ね、魔法使いや魔女が必要とする物は、ダイアゴン横丁で見つかります(ホグワーツで必要な学用品は全て買うことができます)。ダイアゴン横丁は、境界線のすぐ外に広がるマグルの世界からは、完全に隠されています。ダイアゴン横丁は、かなり巨大でロンドン魔法界の中心地です。
Diagon Alley is a cobblestoned wizarding alley and shopping area located behind a pub called the Leaky Cauldron (on Charing Cross Road) in London. Inside the alley is an assortment of restaurants, shops (including Weasleys’ Wizard Wheezes) and other sights. Generally something a wizard or witch needs can be found at the alley (all items on the Hogwarts supply list can be bought). The alley is completely hidden from the Muggle world which is right outside of its boundaries. The alley is very large and essentially the centre of wizarding London.

The Making of Harry Potterホグワーツ魔法魔術学校は、11~18歳の生徒が通う架空のイギリスの魔法の学校で、「ハリー・ポッター」シリーズの主要な舞台です。
Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry is a fictional British school of magic for students aged 11 to 18 and is the primary setting for the Harry Potter series.

The Making of Harry PotterThe Making of Harry PotterThe Making of Harry PotterThe Making of Harry PotterThe Making of Harry PotterThe Making of Harry Potter巨大で精巧なホグワーツ城の模型が展示されています。模型は、詳細に、現実感のある光景を作り出すデジタル効果とともに、撮影されました。ホグワーツの景色は、スコットランドのハイランド地方に着想を得たものです。ほとんどの屋外のシーンはアニック・カースルで撮影されましたが、ホグワーツ城の外観はダラム大聖堂を基本としています(さらにダラム大聖堂ではホグワーツ屋内のシーンも撮影された)。
The enormous and elaborate model of Hogwarts Castle is displayed. The model was filmed and enhanced with digital effects to create realistic views in detail. The Hogwarts landscape is inspired by the Highlands of Scotland. Most exterior scenes were shot on location at Alnwick Castle but the exterior of Hogwarts Castle was based on Durham Cathedral (Furthermore the cathedral also served as a set for Hogwarts interiors).

さて、以上でメイキング・オブ・ハリー・ポッターのツアーは終了です。それではまた!
Now I would like to conclude our tour in the Making of Harry Potter. See you later.