ウィーン Vienna 01


(第111回)シュテファン大聖堂、グラーベン、聖ペーター教会、コールマルクト、聖ミヒャエル教会、ホーフブルク宮殿、フォルクス庭園(ウィーン、オーストリア)
The Stephansdom, the Graben, the Peterskirche, the Kohlmarkt, the Michaelerkirche, the Hofburg and the Volksgarten (Vienna, Austria)

  1. The Stephansdom
  2. The Graben
  3. The Peterskirche
  4. The Kohlmarkt
  5. The Michaelerkirche
  6. The Hofburg
  7. The Volksgarten

ウィーンは、オーストリアの首都であり最大の都市です。ウィーンは、人口187万人ぐらい、その都市圏の人口約260万人です。ウィーンは、欧州連合加盟国の中で7番目に人口が多い都市です。ウィーンの市内中心部には、ドナウ川が流れています。ウィーンは、オーストリアの東部に位置し、チェコ、スロバキア、ハンガリーとの国境近くにあります。ウィーンには、国際連合ウィーン事務局、石油輸出国機構、国際原子力機関などの多くの主要な国際機関があります。ウィーンは、その音楽の遺産から「音楽の都」(あるいは「楽都」)と呼ばれ、また、世界最初の精神分析医であるジークムント・フロイトの故郷であることから「夢の都」とも呼ばれています。ウィーンは、生活の質が高いことで有名で、世界中の都市を対象とした様々な調査において第1位または上位に格付けられています。
Vienna is the capital and largest city of Austria. The city has a population of about 1.87 million and a metropolitan population of around 2.6 million. The city is the 7th largest city by population within city limits in the European Union. The Danube River is flowing through the centre of the city. The city is located in the eastern part of Austria and is close to the borders of the Czech Republic, Slovakia, and Hungary. The city is host to many major international organisations such as the United Nations Office at Vienna (UNOV), Organization of the Petroleum Exporting Countries (OPEC) and the International Atomic Energy Agency (IAEA). The city is called The City of Music because of its musical legacy and also said to be The City of Dreams because the city was home to the first psycho-analyst in the world, Sigmund Freud. The city is known for its high quality of life. The city has been ranked first or high for the quality of life in several surveys of cities around the world.

ドナウ川沿いのウィーンの場所には、紀元前500年頃にケルト人が定住したようです。紀元前15年には、ローマ人が、北のゲルマン民族の部族に対して帝国を防衛するために、ウィンドボナと呼んだ辺境の都市を要塞化しました。
The site of Vienna on the Danube River seemed to be settled by Celts around 500 BC. In 15 BC the Romans fortified the frontier city they called Vindobona to guard the empire against Germanic tribes to the north.

976年に、バーベンベルク家のレオポルト1世は、東方辺境伯になりました。辺境領は、最初はバイエルンの東側辺境のドナウ川を中心とする小さな領域でしたが、後にオーストリア大公領へ成長しました。バーベンベルク家は、ドナウ川に沿って東へ辺境領を拡大し、ついにウィーンを含むようになりました。1145年に、ハインリヒ2世ヤゾミルゴットは、バーベンベルク家の住まいを下オーストリアのクロスターノイブルクからウィーンに移しました。
In 976 Leopold I of Babenberg became count of the Eastern March. The march was initially a small district centring on the Danube on the eastern frontier of Bavaria and later grew into the duchy of Austria. The Babenberg expanded the march east along the Danube and eventually encompassed Vienna. In 1145 Duke Henry II Jasomirgott moved the Babenberg family residence from Klosterneuburg in Lower Austria to the city.

1440年に、ウィーンは、ハプスブルク家の住まう街となりました。ウィーンは、神聖ローマ帝国の事実上の首都になり(1483~1806年)、学芸、音楽、美食の文化的中心になりました。
In 1440 Vienna became the resident city of the Habsburg dynasty. The city eventually grew to become the de facto capital of the Holy Roman Empire (from 1483 to 1806) and a cultural centre for arts and sciences, music and fine cuisine.

16世紀と17世紀に、キリスト教の軍は、ウィーンの外側で2度に渡ってオスマン軍を食い止めました(1529年の第1次ウィーン包囲と1683年の第2次ウィーン包囲)。1679年に、ペストの流行が、ウィーンを荒廃させ、その人口の3分の1近くが亡くなりました。
In the 16th and 17th centuries Christian forces stopped Ottoman armies twice outside Vienna (the Siege of Vienna in 1529 and the Battle of Vienna in 1683). In 1679 a plague epidemic ravaged the city and killed nearly a third of its population.

ナポレオン戦争の最中、ウィーンはオーストリア帝国の首都になりました。ウィーンは、1814~1815年のウィーン会議の開催を含むヨーロッパと世界の政治において主要な役割を取り続けました。ウィーンは、1867年のアウスグライヒ(「和協」または「妥協」)に引続き、オーストリア・ハンガリー帝国の首都であり続けました。
Vienna became the capital of the Austrian Empire in 1804 during the Napoleonic Wars. The city continued to play a major role in European and world politics including hosting the Congress of Vienna from 1814 to 1815. Vienna remained the capital of the Austro-Hungarian Empire following the Austro-Hungarian Compromise of 1867.

ウィーンは、19世紀後半に、フランツ・ヨーゼフ1世の下、以前の堡塁や斜堤を旧市街を囲むリングシュトラーゼと呼ばれる新しいブールバールに、発展させました。ウィーンは、19世紀終わりから1938年まで、上位文化とモダニズムの中心であり続けました。ウィーンは、ヨハン・シュトラウス2世、ヨハネス・ブラームス、アントン・ブルックナー、グスタフ・マーラー、リヒャルト・シュトラウスなどの作曲家を歓待する音楽の世界の首都でした。
Vienna developed what had previously been the bastions and glacis into a new boulevard surrounding the old town and called the Ringstraße (the Ring Road) under Franz Joseph I during the latter half of the 19th century. The city remained a centre of high culture and modernism from the late 19th century to 1938. The city was a world capital of music playing host to composers such as Johann Strauss II, Johannes Brahms, Anton Bruckner, Gustav Mahler and Richard Strauss.

ハプスブルク家のオーストリア・ハンガリー帝国は、第1次世界大戦の敗北の結果、崩壊しました。ウィーンは、1918年にドイツ・オーストリア共和国、1919年にオーストリア共和国(第一共和国)の首都になりました。
The Habsburg Austro-Hungarian Empire collapsed as a result of defeat in World War I. Vienna became capital of the Republic of German-Austria in 1918 and then of the First Republic of Austria in 1919.

ウィーンは、オーストリア内の社会主義の中心と見られ、時折「赤いウィーン」と呼ばれました。1913年に、アドルフ・ヒトラー、レフ・トロツキー、ヨシップ・ブロズ・チトー、ヨシフ・スターリンは、皆ウィーン中心部の数マイルの範囲に住んでいました。彼らのうちの数人は同じコーヒーハウスの常連だったそうです。
Vienna was seen as a centre of socialist politics within Austria and was sometimes referred to as Red Vienna. Adolf Hitler, Leon Trotsky, Joseph Tito and Joseph Stalin all lived within a few miles of each other in the centre of the city in 1913. Some of them seemed regulars at the same coffeehouses.

ウィーンは、1938年(アンシュルスと呼ばれるナチス・ドイツへのオーストリア併合の後)から第2次世界大戦の終結まで、首都としての地位を失いました。1938年にオーストリアに凱旋した後、オーストリア生まれのアドルフ・ヒトラーは、ホーフブルク宮殿のバルコニーからオーストリアのドイツ人に語りかけました。ウィーンのユダヤ人達は、略奪され、国を追われ、殺害されました。
Vienna lost its status as a capital from 1938 (after the annexation of Austria into Nazi Germany called the Anschluss) to the end of World War II. Austrian-born Adolf Hitler spoke to the Austrian Germans from the balcony of the Hofburg in 1938 after a triumphant entry into Austria. Viennese Jews were looted, deported and murdered.

ソビエト連邦は、1945年4月にウィーンを保持していたドイツ軍に対してウィーン攻勢を発動しました。ウィーンは、破壊され、11日後に陥落しました。オーストリアはドイツから分離し、ウィーンはソビエト連邦が占領したオーストリア東部の一部となりました。その後、1945年9月に、ウィーンは、ベルリンのように、4か国、すなわち、アメリカ、イギリス、フランス、ソビエト連邦によって分割されました。1955年5月にオーストリア国家条約が調印され、オーストリアは主権を回復しました。ソビエト連邦は、ウィーン内の占領地区を含むオーストリア内の占領地を手放すことに同意し、引き換えに、オーストリアの永世中立を要求しました。
The Soviet Union launched the Vienna Offensive against the Germans holding the city in April 1945. The city was destroyed and fell 11 days later. Austria was separated from Germany and the city became part of eastern Austria occupied by the Soviet Union. And then in September 1945, the city, like Berlin, was divided into sectors by the 4 powers, namely, the United States, the United Kingdom, France and the Soviet Union. The Austrian State Treaty was signed in May 1955 and Austria regained sovereignty. The Soviet Union agreed to relinquish their occupation zones in Austria including their sector in the city and in exchange required the permanent neutrality of Austria.

Vienna通りで、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの立て看板に会いました。彼は、モーツァルトクーゲル(モーツァルト・ボール)をこちらに見せています。モーツァルトクーゲルは、ダークチョコレートでおおわれたピスタチオのマジパンとヌガーでできた小さな丸い砂糖菓子です。モーツァルトクーゲルは、元々は、ザルツブルクの菓子職人パウル・フュルストによって1890年に制作され、モーツァルト(ザルツブルク出身)にちなんで名付けられました。多数の模倣品が存在し、概ね工業的に生産されていますが、手作りのオリジナルのザルツブルク・モーツァルトクーゲルは、フュルストの子孫によって今日まで作られています。
You have met a standing signboard of Wolfgang Amadeus Mozart on a street. He shows you a Mozartkugel (Mozart ball). A Mozartkugel is a small and round sugar confection made of pistachio marzipan and nougat that is covered with dark chocolate. The confection was originally created in 1890 by Salzburg confectioner Paul Fürst and named after Mozart (born in Salzburg). Hand-made Original Salzburger Mozartkugeln are manufactured by the descendants of Fürst up to today while similar products have been developed and are generally industrially produced by numerous confectioners.

The StephansdomThe StephansdomThe Stephansdomシュテファン大聖堂は、ウィーンのカトリック教会の大司教区の教会で、ウィーン司教座です。最初の教会は1137年に創設され、部分的に建設されたロマネスク様式の教会は1147年に聖シュテファンに献堂されました。最初の構造物は1160年に完成しましたが、大火が1258年に元々の建物の多くを破壊しました。2番目のより大きな教会は、再びロマネスク様式で古い教会の跡の上に建設され、1263年に奉献されました。シュテファン大聖堂の現在のロマネスク様式とゴシック様式の姿は、1359年にオーストリア公ルドルフ4世によって着手されました。
The Stephansdom (St. Stephen’s Cathedral) is the Roman Catholic Archdiocese of Vienna and the seat of the Archbishop of Vienna. The first church was founded in 1137 and the partially constructed Romanesque church was dedicated to St. Stephen in 1147. The first structure was completed in 1160 and a great fire destroyed much of the original building in 1258. The second larger church was constructed over the ruins of the old church in the Romanesque style as well and was consecrated in 1263. The current Romanesque and Gothic form of the cathedral was largely begun by Duke Rudolf IV in 1359.

The Stephansdomシュテファン大聖堂に入りました。主祭壇が大きな身廊の上座に置かれています。主祭壇は、バロック様式でのシュテファン大聖堂の最初の改装の一部として、1641~1647年に建てられました。
You have got into St. Stephen’s Cathedral. The High Altar is placed at the head of the large nave. The altar was built from 1641 to 1647 as part of the first refurbishment of the cathedral in the Baroque style.

The Stephansdom北身廊の上座にあるウィーナー・ノイシュタット祭壇は、1447年に神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ3世の命によって作られました。ウィーナー・ノイシュタット祭壇は、元々、クラーゲンフルトのシトー会寺院のために作られましたが、寺院は1786年に閉鎖しました。それから、ウィーナー・ノイシュタット祭壇は、ウィーナー・ノイシュタットの街のクレルヴォーのベルナルドゥスのシトー会修道院(フリードリヒ3世が創設した)に送られ、最終的には、修道院が閉鎖した時、1885年にシュテファン大聖堂に売却されました。
The Wiener Neustädter Altar at the head of the north nave was ordered by Frederick III of the Holy Roman Empire in 1447. The altar was originally ordered for the Cistercian Viktring Abbey (near Klagenfurt) and the abbey was closed in 1786. The altar was then sent to the Cistercian monastery of St. Bernard of Clairvaux (founded by Frederick III) in the city of Wiener Neustadt and finally was sold in 1885 to St. Stephen’s Cathedral when the monastery was closed.

The Stephansdomシュテファン大聖堂の南塔の上まで、343段の階段を登りました。南塔は、136メートルの高さがあり、シュテファン大聖堂の最高地点です。南塔は、1368~1433年に建てられました。南塔は、1529年の第1次ウィーン包囲の間、再び1683年の第2次ウィーン包囲の間、ウィーンの防御のための主たる観測所と指令所でした。さらに、南塔には、1955年まで、夜に南塔に配置され火事を見つけたら鐘を鳴らす夜警のための部屋がありました。
You have ascended to the top of the south tower of St. Stephen’s Cathedral by a staircase of 343 steps. The south tower is 136 metres high and is the highest point of the cathedral. The south tower was built from 1368 to 1433. The south tower served as the main observation and command post for the defence of Vienna during the Siege of Vienna in 1529 and again during the Battle of Vienna in 1683. Furthermore, the south tower even contains an apartment for the watchmen manned the south tower at night and rang the bells if a fire was spotted in the city until 1955,

Viennaウィーンの息をのむような街並みを一望することができます。南西に目を向けると、ウィーン国立歌劇場、ホーフブルク宮殿、聖ミヒャエル教会が見えます。
You can overlook the breathtaking townscape of Vienna. You can see the Vienna State Opera, the Hofburg (the former imperial palace) and the Michaelerkirche (St. Michael’s Church) towards the southwest.

Vienna西に目を向けると、聖ペーター教会が見えます。
You can see the Peterskirche (St. Peter’s Church) towards the west.

The Stephansdom北に目を向けると、シュテファン大聖堂の図案入りの屋根と北塔が見えます。図案入りの屋根は、111メートルの長さで、23万枚の光沢入りのタイルでおおわれています。北塔は、元々は南塔の鏡となるように意図されていましたが、この設計は野心的過ぎました。ゴシック様式の大聖堂の時代は終わりつつあり、建設は1511年に休止されました。北塔には、1578年にルネサンス様式の頭が増補されました。北塔は、現在68メートルの高さで、南塔のおよそ半分です。
You can see the ornately patterned roof and the north tower of St. Stephen’s Cathedral towards the north. The ornately patterned roof is 111 metres long and covered by 230 thousand glazed tiles. The north tower was originally intended to mirror the south tower but the design proved too ambitious. The era of Gothic cathedrals was nearing its end and the construction was halted in 1511. The north tower was augmented with a Renaissance cap in 1578. The north tower now stands at 68 metres tall and is roughly half of the south tower.

Vienna東に目を向けると、市立公園が見えます。
You can see the Stadtpark (the City Park) towards the east.

The Grabenシュテファン大聖堂からホーフブルク宮殿へ向かって、グラーベンと呼ばれる通りに沿って歩いていきます。グラーベンは、ウィーン中心部で最も有名な通りの一つです。グラーベンの名前は、ローマ人の居住地ウィンドボナの城壁の前の堀に由来しています。
You are walking along a street called the Graben from St. Stephen’s Cathedral towards the Hofburg. The street is one of the most famous streets in the centre of Vienna. The name of the street derives from the trench which stood in front of the walls of the Roman settlement of Vindobona.

The Grabenグラーベンには、それぞれ1455年と1561年にさかのぼる2つの噴水があります。噴水は、神聖ローマ帝国皇帝レオポルト1世によって建て直され、それぞれナザレのヨセフとレオポルト1世の彫刻によって飾られました。
The Graben has 2 fountains dating from 1455 and 1561 respectively. The 2 fountains were rebuilt by Leopold I of the Holy Roman Empire in the 17th century and were adorned with sculptures of St. Joseph and Leopold I respectively.

The GrabenThe Grabenグラーベンには、また、ペスト記念柱または聖三位一体柱があります。ペスト記念柱または聖三位一体柱は、1679年のペスト大流行の後、神聖ローマ帝国皇帝レオポルト1世によって立てられ、1693年に落成しました。このバロック様式の記念碑は、ウィーンの最も卓越した彫刻作品の一つです。
The Graben has also the Plague Column (Pestsäule) or Trinity Column (Dreifaltigkeitssäule). The column was erected by Leopold I of the Holy Roman Empire after the Great Plague epidemic in 1679 and was inaugurated in 1693. This Baroque memorial is one of the most prominent sculptural pieces of art in Vienna.

The Peterskirche聖ペーター教会はカトリックの教区教会です。現在の教会は、1733年にバロック様式で完成しました。
The Peterskirche (St. Peter’s Church) is a Roman Catholic parish church. The current church was completed in 1733 in the Baroque style.

The Kohlmarktグラーベンに続いてホーフブルク宮殿へ、コールマルクトと呼ばれる通りに沿って歩いていきます。コールマルクトもまた、ウィーン中心部で最も有名な通りの一つです。コールマルクトの起源は、ローマ人の居住地ウィンドボナの門にさかのぼります。コールマルクトの名前は、1314年と1352年に木炭市場として最初に述べられました。コールマルクトには、多くの高級店やデメルのようなかつての皇室御用達の店が並んでいます。デメルは、1786年に設立された洋菓子店で、ザッハトルテ(1832年にオーストリア人のフランツ・ザッハーが考案したチョコレートケーキまたはタルト)で有名です。
You are walking along a street called the Kohlmarkt following the Graben to the Hofburg. The street is also one of the most famous streets in the centre of Vienna. The origin of the street dates from the gate of the Roman settlement of Vindobona. The street was mentioned as a coal market for the first time in 1314 and 1352. Many exclusive shops and former Imperial and Royal Warrant of Appointment shops such as Demel are lined up along the street. Demel is a famous pastry shop and chocolaterie established in 1786 and is famous for its sachertorte (a specific type of chocolate cake or torte invented by Austrian Franz Sacher in 1832).

The Michaelerkirche聖ミヒャエル教会が、ミヒャエル広場をはさんでホーフブルク宮殿の聖ミヒャエル門の反対側に立っています。聖ミヒャエル教会は、ウィーンにおける最も古い教会の一つであり、ウィーンにおける数少ない現存するロマネスク様式の建物の一つです。聖ミヒャエル教会は、かつては宮中を管轄する教区教会であり、「いと高きミヒャエル教会」と呼ばれました。聖ミヒャエル教会は、1220~1240年頃にさかのぼる後期ロマネスク様式および初期ゴシック様式の教会です。ファサードは、1792年に新古典主義様式で建てられました。
The Michaelerkirche (St. Michael’s Church) stands at Michaelerplatz across from St. Michael’s Gate at the Hofburg. The church is one of the oldest churches in Vienna and is also one of a few remaining Romanesque buildings in the city. The church used to be the parish church of the Imperial Court and was called Zum heiligen Michael. The church is a late Romanesque and early Gothic building dating from about between 1220 and1240. The present facade was built in the Neoclassical style in 1792.

The Hofburgホーフブルク宮殿は、かつての王宮です。ホーフブルク宮殿の場所には、1279年以来、政府の所在地です。ホーフブルク宮殿は、13世紀にオーストリア公の座として最初に建てられ、数世紀に渡って拡大しました。ホーフブルク宮殿は、1438~1583年、1612~1806年、ハプスブルク家の王であり神聖ローマ帝国の皇帝の座、その後は、1918年までオーストリア帝国皇帝の座でした。今日では、オーストリア大統領の公邸および官邸です。
The Hofburg is the former imperial palace. The area of the palace has been the seat of government since 1279. The palace was initially built as the seat of the Dukes of Austria in the 13th century and expanded over the centuries. The palace was the seat of the Habsburg kings and emperors of the Holy Roman Empire from 1438 to 1583 and from 1612 to 1806. Thereafter the palace was the seat of the Emperor of Austria until 1918. Today the palace is the official residence and workplace of the President of Austria.

The HofburgThe HofburgThe Hofburgミヒャエル宮殿に入りました。ミヒャエル宮殿は、1889~1893年に建てられ、対面にある聖ミヒャエル教会を参照し名づけられました。
You have got into St. Michael’s Wing (Michaelertrakt). The wing was built from 1889 to 1893 and was named in reference to St. Michael’s Church on the opposite side.

The HofburgThe Hofburg宮殿中庭は、帝国宰相府、アマリア宮殿、レオポルト1世宮殿、スイス宮殿に囲まれています。庭園の中央には、神聖ローマ帝国皇帝フランツ1世の像が置かれています。帝国宰相府には、銀器コレクション、シシィ博物館、皇帝の居室があります。スイス宮殿は、13世紀に起源をもつ最古の部分で、ゴシック様式の礼拝堂があります。
The Internal Castle Square is surrounded with, the Imperial Chancellery Wing (Reichskanzleitrakt), the Amalienburg, the Leopoldine Wing and the Swiss Wing (Schweizerhof). A statue of Francis I of the Holy Roman Empire stands at the centre of the square. The Imperial Chancellery Wing houses the Silver Collection, the Sisi Museum and the Imperial Apartments. The Swiss Wing is the oldest part originating from the 13th century and houses a gothic chapel (Burgkapelle).

The HofburgThe Hofburg英雄たちの広場は、1809年にナポレオン戦争で破壊された要塞の上に建造されました。新王宮は、英雄たちの広場の東側に1881~1913年に建てられました。英雄たちの広場には、最も重要な2人のオーストリアの陸軍元帥の騎馬像があります。新王宮の前には、オイゲン・フォン・ザヴォイエン公子の騎馬像が立っています。
The Heroes Square (Heldenplatz) was built over the fortifications that were destroyed by Napoleon in 1809. The New Castle (Neue Burg) was built from 1881 to 1913 to the east of the square. The square has equestrian statues of the 2 most important Austrian field marshals. The equestrian statue of Prince Eugene of Savoy stands in front of the new castle.

The Hofburgもう一つの騎馬像は、カール大公の騎馬像です。
Another equestrian statue is the statue of Archduke Charles.

The Volksgartenフォルクス庭園は、英雄たちの広場とともに、1809年にナポレオン戦争で破壊された要塞の上に建造されました。フォルクス庭園は、1821年に完成し、1823年に一般に開放されました。フォルクス庭園の北の端のエリーザベト皇后碑は、1907年に完成しました。エリーザベト皇后は、フランツ・ヨーゼフ1世のお后で、オーストリア皇后兼ハンガリー女王です。「シシィ」の愛称で知られています。
The Volksgarten (the People’s Garden) was built over the fortifications that were destroyed by Napoleon in 1809 along with the Heroes Square. The garden was laid out in 1821 and was opened to the public in 1823. The Empress Elizabeth Monument at the northern end of the garden was completed in 1907. She was Empress of Austria and Queen of Hungary by marriage to Franz Joseph I of Austria. She is also known as Sisi.

次回も続いて、ウィーンを歩きます。それではまた!
You are going to walk around Vienna continuously next time. See you later.