ウィーン Vienna 02


(第112回)マリア・テレジア広場、モーツァルト記念碑、ゲーテ記念碑、ウィーン国立歌劇場、ベートーヴェン記念碑、市立公園、ヨハン・シュトラウス記念碑、シェーンブルン宮殿、ホイリゲ、ヴィーナー・シュニッツェル(ウィーン、オーストリア)
Maria-Theresien-Platz, the Mozart Monument, the Goethe Monument, the Wiener Staatsoper, the Beethoven Monument, the Stadtpark, the Johann Strauss Monument, Schönbrunn Palace, Heuriger and Wiener Schnitzel (Vienna, Austria)

  1. Maria-Theresien-Platz
  2. The Mozart Monument
  3. The Goethe Monument
  4. The Wiener Staatsoper
  5. The Beethoven Monument
  6. The Stadtpark
  7. The Johann Strauss Monument
  8. Schönbrunn Palace

Maria-Theresien-Platzマリア・テレジア広場は、ホーフブルク宮殿の南西にあります。マリア・テレジア広場は、1889年にフランツ・ヨーゼフ1世によって建てられました。女帝マリア・テレジアを表した大きな像が、広場の中心に立っています。
Maria-Theresien-Platz is a public square located to the southwest of the Hofburg. The square was built by Franz Joseph I in 1889. A large statue depicting Empress Maria Theresa stands at the centre of the square.

Maria-Theresien-Platz自然史博物館が、マリア・テレジア広場の北側に立っています。自然史博物館は、1871~1891年にフランツ・ヨーゼフ1世によって建てられました。
The Naturhistorisches Museum (the Natural History Museum) stands on the north of Maria-Theresien-Platz. The museum was built by Franz Joseph I from 1871 to 1891.

Maria-Theresien-PlatzMaria-Theresien-Platz美術史美術館が、マリア・テレジア広場の南側に立っています。美術史美術館と自然史博物館は、同じような外見をしていて、マリア・テレジア広場を挟んで対面しています。美術史博物館は、自然史博物館とともに、1871~1891年にフランツ・ヨーゼフ1世によって建てられました。
The Kunsthistorisches Museum (the Museum of Art History) stands on the south of Maria-Theresien-Platz. The museum and the Natural History Museum have similar exteriors and face each other across the square. The museum was built along with the latter museum by Franz Joseph I from 1871 to 1891.

The Mozart MonumentThe Mozart Monumentリングシュトラーゼを南に向かって反時計回りに歩いていきます。リングシュトラーゼは、19世紀後半にフランツ・ヨーゼフ1世の下で建設されたウィーン旧市街を囲む環状の大きなブールバールです。モーツァルト記念碑が、ブルク公園の入口に立っています。モーツァルト記念碑は、1896年に作られ、1953年にブルク公園に設置されました。ウィーン市は、1992年にモーツァルト記念碑の複製を東京へ寄贈しました。
You are walking along the Ringstraße (the Ring Road) towards the south counterclockwise. The road is a circular grand boulevard surrounding the old town of Vienna under Franz Joseph I during the latter half of the 19th century. The Mozart Monument stands at the entrance of the Burggarten. Wolfgang Amadeus Mozart (born in Salzburg in 1756) was a influential composer of the Classical period. The monument was created in 1896 and was placed in the garden in 1953. The city of Vienna donated a copy of the monument to Tokyo in 1992.

The Goethe Monumentゲーテ記念碑が、リングシュトラーゼ沿いのブルク公園の角に立っています。ゲーテ記念碑は、1876年に建てられたシラー記念碑のリングシュトラーゼの反対側に設置され、1900年に除幕されました。
The Goethe Monument stands on the Ringstraße at the corner of the Burggarten. The monument was placed opposite to the Schiller monument (built in 1876) across the ring road and was unveiled in 1900.

The Wiener Staatsoperウィーン帝立・王立宮廷歌劇場は、リングシュトラーゼの最初の主要な建築物でした。ウィーン帝立・王立宮廷歌劇場は、1861~1869年にフランツ・ヨーゼフ1世によってルネサンスリバイバル様式で建てられました。ウィーン帝立・王立宮廷歌劇場は、オーストリア第一共和国が建国された後、1920年にウィーン国立歌劇場と改名されました。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の構成員は、ウィーン国立歌劇場管弦楽団から選ばれます。
The Wiener Hofoper (the Vienna Court Opera) was the first major building on the Ringstrasse. The opera house was built in the Renaissance Revival style by Franz Joseph I from 1861 to 1869. The opera house was renamed the Wiener Staatsoper the Vienna State Opera) in 1920 after the First Austrian Republic was created. The members of the Vienna Philharmonic are selected from the orchestra of the opera house.

The Beethoven MonumentThe Beethoven Monumentベートーヴェン記念碑が、市立公園の南にある広場に立っています。ベートーヴェン記念碑は、1880年に除幕されました。
The Beethoven Monument is located in a square to the south of the Stadtpark (the City Park). The monument was unveiled in 1880.

The Stadtpark市立公園は、リングシュトラーゼの東に広がる大きな公園です。市立公園は、65000平方メートルの広さがあります。市立公園は、ウィーンの最初の公共の公園で、1862年に開園しました。絢爛たるクーアサロンは、1865~1867年に市立公園の中に建てられました。このルネサンス様式の音楽堂では、ワルツのコンサートが開かれます。
The Stadtpark (the City Park) is a large municipal park that extends to the east of the Ringstraße. The park has a total surface area of 65 thousand square metres. The park is the first public park in Vienna and was opened in 1862. The opulent Kursalon was built in the park from 1865 to 1867. This Renaissance music hall is the site of waltz concerts.

The Johann Strauss Monumentヨハン・シュトラウス記念碑が、市立公園内、クーアサロンの前に立っています。このヨハン・シュトラウス2世のための記念碑は、ウィーンにおいて最も写真に収められる記念碑の一つです。大理石の台座の上の金ぴかの銅像は、ヴァイオリンを手に立つウィーンのワルツ王(濃い頰ひげはない)です。ヨハン・シュトラウス記念像は、1921年に除幕されました。傷んだ銅像の金色は1935年に取り除かれましたが、元の状態へ1991年に修復されました。
The Johann Strauss Monument stands in front of the Kursalon in the City Park. This monument to the memory of Johann Strauss II is one of the most photographed monuments in Vienna. The gilded bronze statue on a marble pedestal shows the Viennese Waltz King standing (without the dense whiskers) with a violin in his hand. The monument was unveiled in 1921. The damaged gilding of the statue was removed in 1935 and the original condition of the monument was restored in 1991.

The StadtparkThe StadtparkThe Stadtpark市立公園には、ヨハン・シュトラウス2世だけでなく、ヨーゼフ・アントン・ブルックナー、ハンス・マカルト、フランツ・ペーター・シューベルトなどの、多くのウィーンの芸術家の像があります。
The City Park has many statues of famous Viennese artists such as Joseph Anton Bruckner, Hans Makart and Franz Peter Schubert as well as Johann Strauss II.

Schönbrunn Palaceウィーン中心部を離れ、地下鉄(U4線)に乗り、シェーンブルン宮殿へ。シェーンブルン宮殿は、かつてのハプスブルク家の夏の離宮です。1569年に、神聖ローマ帝国皇帝マクシミリアン2世が、1548年に建てられたカッターブルクと呼ばれる館が立つウィーン川の土地を、購入し、娯楽の狩猟場を作りました。シェーンブルン(「美しい泉」の意)の名前は、掘抜きの井戸に由来しています。エレオノーラ・ゴンザーガは、1638~1643年に館に宮殿を加えました。シェーンブルン宮殿の現在の形は、18世紀中頃に建築および改装されました。女帝マリア・テレジアは、結婚の贈物としてシェーンブルン宮殿を受け取りました。神聖ローマ帝国皇帝フランツ1世は、シェーンブルン宮殿が今日見せている姿にように新古典主義様式で再装飾するように命じました。ウィーン会議が、フランス革命戦争とナポレオン戦争の後、1814~1815年にシェーンブルン宮殿で行われました。ウィーン会議は、もっぱら複数の首都の間での書簡のやり取りに基づくということの代わりに、条約規定するために、大陸規模で、各国の代表が集まった、歴史上最初の機会でした。フランツ・ヨーゼフ1世は、シェーンブルン宮殿で生まれ、シェーンブルン宮殿で人生の多くを過ごしました。彼は、1916年にシェーンブルン宮殿で亡くなりました。シェーンブルン宮殿は、1918年のハプスブルク家の没落の後、新しく建国されたオーストリア共和国の所有となり、博物館として保存されました。
You left the centre of Vienna and took the U4 underground line to Schönbrunn Palace. The palace is a former imperial summer residence of the Habsburg. In 1569 Maximilian II of the Holy Roman Empire purchased a large land of the Wien river where a mansion called Katterburg had built in 1548 and then made a recreational hunting ground. The name Schönbrunn (meaning beautiful spring) derives from an artesian well. Eleonora Gonzaga added a palace to the mansion from 1638 to 1643. The present form of the palace was built and remodelled in the middle of the 18th century. Empress Maria Theresa received the estate as a wedding gift and Francis I of the Holy Roman Empire commissioned the redecoration of the palace exterior in the Neoclassical style as it appears today. The Congress of Vienna was held at the palace from 1814 to 1815 following the French Revolutionary Wars and the Napoleonic Wars. The congress was the first occasion in history where national representatives on a continental scale came together to formulate treaties instead of relying mostly on messages among the several capitals. Franz Joseph I was born at the palace and spent a great deal of his life at the palace. He died at the palace in 1916. The palace became the property of the newly founded Austrian Republic and was preserved as a museum following the downfall of the Habsburg in 1918.

HeurigerHeurigerHeurigerHeurigerウィーン郊外のホイリゲに来ました。ホイリゲは、地元のワイン生産者がワインの新酒を出すオーストリア東部の酒場です。ホイリゲは「今年のワインの新酒」を意味する言葉の略語です。ホイリゲの始まりは、18世紀にさかのぼります。神聖ローマ帝国皇帝ヨーゼフ2世は、1784年に自家製のワインやジュースの販売と提供を許可する制令を出しました。最初は、レストランとの競合を避けるため、食べ物の提供はできませんでした。人々は、食べ物を持参し、ワインを飲みました。今日では、ホイリゲは、食べ物と飲み物の両方を提供しています。
You have come to a Heuriger in a suburb of Vienna. Heuriger is the name given to a tavern in Eastern Austria serving new wine by a local winemaker. The name is the abbreviation of the words meaning the wine of this year. The beginning dates from the 18th century. In 1784 Joseph II of the Holy Roman Empire issued a decree that permitted all residents to open to sell and serve wine and juices produced by themselves. No food could be sold in order to prevent competition with restaurants at first. People would bring along food and drink the new wine. Nowadays the taverns offer both food and drinks.

ViennaViennaVienna普通のレストランにも行きました。
I went to an ordinary restaurant too.

Wiener Schnitzelヴィーナー・シュニッツェルは、オーストリアの国民食の一つです。ヴィーナー・シュニッツェルは、薄切りの子牛のカツレツで、伝統的に薄切りレモン、ポテトサラダかジャガイモ、パセリとバターを付け合せます。比較的あっさりしており、日本人の口にも自然に合うと思います。ヨーゼフ・ラデツキー元帥が1857年に北イタリアからウィーンにレシピを持ち帰ったと言われています(2007年に言語学者がこの話は創作であると指摘していますが)。
Wiener Schnitzel is one of the national dishes of Austria. It is deep-fried breaded veal cutlets and is traditionally garnished with a slice of lemon and either potato salad or potatoes with parsley and butter. It is relatively light and I think Japanese may like it naturally. It is said field marshal Joseph Radetzky von Radetz brought the recipe from Italy to Vienna in 1857 (and yet in 2007 a linguist pointed out that this story had been invented).

さて、以上でウィーンのツアーは終了です。それではまた!
Now I would like to conclude our tour in Vienna. See you later.