ヨーク York 01


(第106回)ヨークシャー観覧車、聖ウィルフリドのカトリック教会、ヨーク大聖堂、聖ミカエルの鐘楼の教会(ヨーク、イングランド、イギリス)
Yorkshire Wheel, the Catholic Church of St. Wilfrid, York Minster and St. Michael le Belfrey (York, England, the United Kingdom)

  1. Yorkshire Wheel
  2. The Catholic Church of St. Wilfrid
  3. York Minster
  4. St. Michael le Belfrey

ヨークは、イングランド北部のノース・ヨークシャー州にあり、オウス川とフォス川の合流点にある城壁の歴史的な街(人口20万人ぐらい)です。ヨークには、豊かな歴史遺産があり、2千年に渡ってイングランドの政治的な主要な出来事に背景をもたらしてきました。ヨークの名前は、「イチイの木の場所」を意味したローマ時代の都市のラテン語アルファベット表記名に由来しています。
York is a historic walled historic city (around 0.2 million people) at the confluence of the rivers Ouse and Foss in North Yorkshire, England. The city has a rich heritage and has provided the backdrop to major political events in England for 2 millennia. The word York derives from the Latinised name for the city in the Roman times meaning the place of yew trees.

考古学的証拠によると、今のヨークがある地域には、紀元前8000年から7000年の間に、中石器時代の人々が定住していたようです。ローマのブリテン島征服時までには、一帯は、ローマ人にブリガンテスとして知られた種族によって占領されていました。ブリガンテス族の領地は当初はローマの従属国となりましたが、ブリガンテス族は後に敵対的になりました。そのため、第9軍団ヒスパナがブリガンテス族の領地へ送り込まれました。第9軍団ヒスパナは、ブリガンテス族を征服し、フォス川との合流点に近いオウス川の平地に木製の軍事要塞を建設しました。このようにして、紀元71年にヨークの都市が創設されました。要塞の城壁は、第9軍団の次にここを本拠地とした第6軍団によって、石造りで再建されました。要塞は、20ヘクタールの広さで、6000人の軍団の兵士が居住しました。ハドリアヌス、セプティミウス・セヴェルス、コンスタンティウス1世(コンスタンティウス・クロルス)らローマ皇帝は全員、彼らの遠征の最中、ヨークで宮廷を構えました。コンスタンティウス1世はヨーク滞在中の306年に亡くなり、彼の息子コンスタンティヌス1世(大帝)は要塞を本拠とする軍隊によって皇帝に宣せられました。
Archaeological evidence suggests that the region of York was settled by Mesolithic people between 8000 and 7000 BC. The area was occupied by a tribe known to the Romans as the Brigantes by the time of the Roman conquest of Britain. The area of the tribe initially became a Roman client state but later the tribe became hostile. So the Roman Ninth Legion, namely, Legio IX Hispana (Spanish 9th Legion) was sent into the territory of the tribe. The legion conquered the tribe and constructed a wooden military fortress on flat ground above the River Ouse close to its confluence with the River Foss. Thus the city was founded in 71 AD. The walls of the fortress were rebuilt in stone by the VI legion based there subsequent to the IX legion. The fortress covered an area of 20 hectares and was inhabited by 6,000 legionary soldiers. The Emperors Hadrian, Septimius Severus and Constantius I (Constantius Chlorus) all held court in the city during their various campaigns. Constantius I died in 306 AD during his stay in the city and his son Constantine the Great was proclaimed Emperor by the troops based in the fortress.

ヨークは、7世紀にエドウィン王の下でアングロサクソン人のノーサンブリア王国の主要都市になりました。最初の木造の大聖堂教会は、627年にエドウィン王の洗礼のために建てられました。エドウィン王は、この小さな木造の教会を石造りに再建させるように命じましたが、633年に殺されました。石造りの大聖堂の完成は、後継者であるオズワルド王へ引き継がれました。
York became the main city of the Kingdom of Northumbria (the Anglo-Saxons) under King Edwin in the 7th century. The first wooden minster church was built in the city for his baptism in 627. He ordered the small wooden church be rebuilt in stone but was killed in 633. The task of completing the stone minster fell to his successor King Oswald.

866年、ヴァイキングが急襲しヨークを占領しました。ヨークは、主要な河川港になり、北ヨーロッパに渡る広大なヴァイキング交易路の一部になりました。ヴァイキング支配下で、ヨークの名前はヨルヴィークとなりました。その後、最後のヴァイキングの支配者(血斧王エイリーク1世)は、イングランドの再統合を完成させたエドレッド王によって、954年にヨークから駆逐されました。
In 866 the Vikings raided and captured York. The city became a major river port and part of the extensive Viking trading routes throughout northern Europe. The name of the city became Jórvík under Viking rule. Afterwards the last Viking ruler (Eric Bloodaxe) was driven from the city in 954 by King Eadred in his successful attempt to complete the unification of England.

征服王ウィリアム1世は、1066年にノルマン・コンクエストを達成し、その後、北部イングランドを平定するための遠征(1069~1070年)において、1069年にヨークを破壊しました。最初の石造りの大聖堂は火災でひどく損傷し、ノルマン人は新しい場所に新しい大聖堂を建てました。1080年頃、大司教トーマス1世は、大聖堂の建設を始め、これが現在のヨーク大聖堂となりました。ヨークは、12世紀に再び繁栄し始め、主要な羊毛の貿易の中心になりました。
William the Conqueror completed the Norman conquest of England in 1066 and then destroyed York in 1069 during his campaigns (the Harrying of the North) to subjugate northern England (from 1069 to 1070). The first stone minster church was badly damaged by fire and the Normans built a minster on a new site. Around 1080 Thomas I of York (Archbishop of York) started building the cathedral which became the current York Minster. The city started to prosper again in the 12th century and became a major wool trading centre.

ヨークは、テューダー朝の間に下り坂を経験しました。ヘンリー8世のもと、修道院解散で、ヨークの多くの修道院は終わりを迎えました。これは、宗教改革に反対する1536~1537年のヨークシャーとリンカンシャーの北部カトリック教徒の反乱につながりました。
York underwent a period of decline during Tudor times. The Dissolution of the Monasteries under Henry VIII saw the end of the many monastic houses in the city. This led to an uprising of northern Catholics in Yorkshire and Lincolnshire from 1536 to 1537 opposed to religious reform (the Pilgrimage of Grace).

ガイ・フォークスは、ヨークで生まれ教育を受けました。ガイ・フォークスは、1605年に火薬陰謀事件を企てたカトリック復古活動家一味の構成員でした。火薬陰謀事件の狙いは、ジェームズ1世(スコットランド王ジェームズ6世)とプロテスタント全て、カトリック階級のほとんどさえも巻き込んで、彼らが中にいる国会議事堂を吹き飛ばすことによって、プロテスタントの支配を排することでした。火薬陰謀事件は11月5日に失敗し、イギリスではこの日をお祝いします。ガイ・フォークス・デイ(またはガイ・フォークス・ナイトおよびボンファイアナイト)と呼ばれる11月5日、イギリス中で、花火が上がり、ガイ・フォークスの人形を燃やすかがり火が焚かれます。イギリスでは、10月末のハロウィンの祭りよりも、ガイ・フォークス・ナイトの方が、盛り上がります。また、ガイ・フォークスは、20世紀頃にはポストモダン無政府主義のアイコンとなりました。国際インターネットハッキング集団アノニマスのメンバーは、ガイ・フォークスの顔を模した仮面を使用しています。
Guy Fawkes was born and educated in York. Guy Fawkes was a member of a group of Catholic restorationists that planned the Gunpowder Plot in 1605. The aim of the plot was to displace Protestant rule by blowing up the Houses of Parliament while James I (James VI of Scotland), the entire Protestant and even most of the Catholic aristocracy were inside. The plot failed on 5 November and British people annually commemorate the day. There are a lot of firework displays and bonfires burning effigies of Guy Fawkes around the United Kingdom on the day called Guy Fawkes Day (also known as Guy Fawkes Night, Bonfire Night and Firework Night). They do merrymaking for the commemoration more than Halloween at the end of October. Moreover Guy Fawkes became a major icon for postmodern anarchism in the 20th century. Members of Anonymous (a loosely associated international network of activist and hacktivist entities) use masks stylised depiction of Guy Fawkes.

イングランド内戦中、1644年に、ヨークは、円頂党(議会派)によって包囲され占領されました(ヨーク包囲戦)。その後、1660年にイングランド王政復古、1688年にヨークから駐屯地が取り除かれ、ヨークはジェントリ階級や商人によって支配されるようになりました(聖職者もまたいまだ重要ではあったが)。ちなみに、アメリカの植民地ニューヨークは、1664年に、イングランドの支配下になり、ヨーク公(後のジェームズ2世(スコットランド王ジェームズ7世))にちなんで改名されています。
York was sieged and was captured by Roundheads (Parliamentarians) in 1644 (the Siege of York) during the English Civil War. And then the city was dominated by the gentry and merchants (though the clergy were still important) following he Restoration of the English monarchy in 1660 and the removal of the garrison from the city in 1688. Incidentally the American colony of New York came under English control and was renamed after the Duke of York (later James II (James VII of Scotland)) in 1664.

19世紀後半までには、ヨークは主要な鉄道の中心地になりました。さらに、鉄道はチョコレートなどの製品の拡大の手段となりました。1900年までには、鉄道とお菓子が、ヨークの2大主要産業になりました。
York became a major railway centre by the late 19th century. Furthermore the railway was instrumental in the expansion of products such as chocolate. The railways and confectionery had become the 2 major industries of the city by 1900.

ロンドンからヨークまで、鉄道(キングス・クロス駅~ヨーク鉄道駅)で約2~2.5時間ほどです。
It takes around 2 or 2.5 hours by rail from London to York (from King’s Cross railway station to York railway station).

Yorkヨーク鉄道駅の外に出ました。ヨーク鉄道駅は、ヨーク市壁の外側にあります。これから、北東に向かって、歩いていきます。
You have got out of York railway station. The station is located outside of the York city walls. You are going to walk to towards the northeast.

Yorkshire Wheel ヨークシャー観覧車は、最初は国立鉄道博物館に設置され、2006年4月~2008年11月まで運営されました。その後、2番目の観覧車が、ロイヤル・ヨーク・ホテルに設置され、2011年12月~2013年9月まで運営されました。その後、観覧車は撤去されました。観覧車は、ヨーク観覧車としても知られました。
Yorkshire Wheel was first installed at the National Railway Museum and operated from April 2006 until November 2008. And then the second wheel was installed at the Royal York Hotel and operated from December 2011 until September 2013. Afterwards the wheel was dismantled. The wheel was also known as the Wheel of York or York Wheel.

YorkYork北東に向かって歩き続け、オウス川を渡っていきます。
You are continuously walking towards the northeast and now crossing the River Ouse.

York Minster北東に向かって歩き続けます。ヨーク大聖堂が、通りの先に立っています
You are continuously walking towards the northeast. York Minster stands at the end of the street.

The Catholic Church of St. Wilfrid聖ウィルフリドのカトリック教会が、ヨーク大聖堂に続く通りに立っています。聖ウィルフリド(669年にヨーク大司教になった)に献堂された教会は、中世以来ヨークに立っており、カトリック教徒によって「ヨークの街の母教会」と呼ばれています。聖ウィルフリド教会の元々の場所は、現在の教会は、1862~1864年にゴシック・リヴァイヴァル様式で建てられました。聖ウィルフリド教会は、彫刻、絵画、ステンドグラスが豊かで、イングランドで最も完成されたカトリックの教会の一つと考えられました。
The Catholic Church of St. Wilfrid stands on the street leading to York Minster. A church dedicated to St. Wilfrid (he ascended to the See of York in 669) has stood in York since medieval times and is called the Mother Church of the city of York by Catholics. The original site of the church was on the land now occupied by the Judges Lodgings in Lendal and part of the Assembly Rooms. The present church was built in the Gothic Revival style from 1862 to 1864. The church was considered to be one of the most perfectly finished Catholic Churches in England (rich in sculptures, paintings and stained glass).

The 2nd Boer War Memorial聖ウィルフリドのカトリック教会の反対側の広場には、1899~1902年の第2次ボーア戦争で亡くなった全てのヨークシャー人のための記念碑が立っています。
The memorial commemorating all Yorkshiremen who fell in the 2nd Boer War from 1899 to 1902 stands in a square opposite to the Catholic Church of St. Wilfrid.

York Minsterヨークの聖ペトロ首府主教座聖堂(一般的には、ヨーク・ミンスターヨーク大聖堂として知られている)は、ヨーク大主教の主教座で、イングランド国教会で2番目の高位の教会です。ミンスターの称号は、アングロ・サクソン時代に伝道の教会として設立された教会に帰するもので、現在では敬称の称号を付与するものです。
The Cathedral and Metropolitical Church of Saint Peter in York (commonly known as York Minster) is the seat of the Archbishop of York and the 2nd highest office of the Church of England. The title minster is attributed to churches established in the Anglo-Saxon period as missionary teaching churches and serves now as an honorific title.

York Minsterヨーク大聖堂の西正面の広場に、ヨーク大聖堂の模型が置かれています。
A model of York Minster is paced in a space on the west front of the minster.

York Minsterヨーク大聖堂は、アーリー・イングリッシュから垂直様式に渡るイングランドのゴシック様式の発展を、はっきりと示しています。現在の建物は、1230年頃に建設が始まり、1472年に完成しました。ヨーク大聖堂は、北の翼廊に付属するチャプターハウス(参事会会議場あるいは僧会堂)、中央の塔、西正面の2つの塔がある十字型です。ヨーク大聖堂は約160メートルの長さがあり、中央の塔は72メートルの高さがあります。
York Minster clearly charts the development of English Gothic architecture from the Early English through to the Perpendicular Period. The present building was begun in about 1230 and was completed in 1472. The minster has a cruciform plan with an octagonal chapter house attached to the north transept, a central tower and 2 towers at the west front. The minster is about 160 metres long and the central tower 72 metres high.

York Minster西正面から、ヨーク大聖堂の中に入ります。
You are getting into York Minster through the west front.

York Minster身廊は、1291年に建設が始まり1350年頃に完成しました。身廊は、華飾式のゴシック様式で建てられ、イングランドで最も幅の広いゴシック様式の身廊です。
The nave was begun in 1291 and was completed around 1350. The nave was built in the Decorated Gothic style and is the widest Gothic nave in England.

York Minster西端の大西窓は、1338年に作られ、後期華飾式ゴシック様式時代の流麗なはざま飾りが特徴です。大西窓は「ヨークシャーのハート」として知られています。
The Great West Window at the west end was constructed in 1338 and features flowing tracery of the later decorated Gothic period. The window is known as the Heart of Yorkshire.

York Minster北翼廊と南翼廊は、新しく建てられた教会の最初の部分で、アーリー・イングリッシュのゴシック様式で建てられました。南翼廊には、1500年頃にさかのぼりヨーク家とランカスター家の融和を記念したバラ窓があります。
The north and south transepts were the first parts of the new church and were built in the Early English style. The south transept has a rose window whose glass dates from about 1500 and commemorates the union of the royal houses of York and Lancaster.

York Minster北翼廊には、五人姉妹と呼ばれ高さ16メートルのランセット窓があります。
The north transept has the lancet windows which are called the Five Sisters and are 16 metres tall.

York Minster北翼廊には、1955年に設置された天文時計があります。天文時計は、第二次世界大戦で亡くなったヨークシャー、ダラム、ノーサンバーランドの基地の飛行士達を記念しています。
The north transept has the astronomical clock installed in 1955. The astronomical clock is a memorial to the airmen operating from bases in Yorkshire, County Durham and Northumberland who were killed in action during World War II.

York MinsterYork MinsterYork Minsterチャプターハウスは、北翼廊とつながっています。チャプターハウスは、翼廊が完成した後に華飾式のゴシック様式で建てられました。チャプターハウスには、多くの素晴らしいゴシック彫刻があります。
The chapter house links to the north transept. The chapter house as built in the Decorated Gothic style after the transept was completed. The chapter house has many fine Gothic sculptures.

York Minster壮大な内陣仕切りには、赤を背景とした金色の天蓋付きの石造りの征服王ウィリアム1世からヘンリー6世のイングランドの国王達の彫刻があります。
The magnificent choir screen contains sculptures of the kings of England from William the Conqueror to Henry VI with stone and gilded canopies set against a red background.

York MinsterYork MinsterYork Minster垂直様式のゴシック様式の聖歌隊席に入りました。聖歌隊席の内装は、約31メートルの高さがあります。さらに、主祭壇の背後に、東奥の聖母マリア礼拝堂の大東窓が、そそり立っています。
You have got into the Perpendicular Gothic choir. The interior of the choir is about 31 metres. Furthermore behind the high altar the Great East Window in the Lady Chapel at the east end is dominant.

York Minster聖歌隊席を振り返りました。内陣仕切りの上にあるオルガンは、1832年にさかのぼります。
You have looked back at the choir. The organ placed above the choir screen dates from 1832.

York Minster聖歌隊席や東奥などの東側の部分は、1361~1405年に垂直様式のゴシック様式で建てられました。
The eastern part such as the choir and the east end was built from 1361 to 1405 in the Perpendicular Gothic style.

York Minster東奥の聖母マリア礼拝堂の大東窓は、1408年に完成しました。大東窓は、中世のステンドグラス窓としては世界最大級です。ただし、私が訪れた時は、大東窓は、大規模な保全プロジェクトの最中でした。
The Great East Window in the Lady Chapel at the east end was completed in 1408. The window is the largest expanse of medieval stained glass in the world. And yet the window was undergoing a massive conservation project when I visited here.

York Minster中央の塔に登りましょう。中央の塔は、1407~1472年に垂直様式のゴシック様式で建てられました。中央の塔は72メートルの高さがあります。
You must go up to the central tower. The central tower was built from 1407 to 1472 in the Perpendicular style. The central tower 72 metres high.

York Minster西の塔は、1433~1472年に、再び垂直様式のゴシック様式で建てられました。
The western towers were built from 1433 to 1472 again in the Perpendicular style.

York MinsterYork MinsterYork MinsterYork Minster中央の塔の上まで登りました。ヨークの息をのむような街並みを一望することができます。
You have ascended to the top of the central tower. You can overlook the breathtaking townscape of York.

St. Michael le Belfreyヨーク大聖堂の中央の塔を降りて、ヨーク大聖堂を後にします。聖ミカエルの鐘楼の教会が、ヨーク大聖堂の隣に立っています。聖ミカエルの鐘楼の教会は、イングランド国教会の教会です。現在の聖ミカエルの鐘楼の教会の建物は、少なくとも1294年にさかのぼる教会を置き換えて、1525~1537年に建てられました。聖ミカエルの鐘楼の教会は、ガイ・フォークスが1570年に洗礼を受けた場所として有名です。ガイ・フォークスは、後にカトリックになり、1605年の火薬陰謀事件に失敗しました。
You descended from the central tower of York Minster and are leaving the minster. St. Michael le Belfrey stands next to the minster. The church belongs to the Church of England. The present church building replaced a church that dated back to at least 1294 and was built from 1525 to 1537. The church is famous for being the place where Guy Fawkes was baptised in 1570. He later became a Roman Catholic and failed in the Gunpowder Plot in 1605.

次回も続いて、ヨークを歩きます。それではまた!
You are going to walk around York continuously next time. See you later.